橘小竜丸劇団お芝居「極楽とんぼ」


2012.11.15夜の部@浅草木馬館
お芝居「極楽とんぼ」

写真・橘鈴丸副座長(11/15舞踊ショーより)




「触れるなと言われた以上、刀に触れるわけにはいかねえ、大事な刀をまたぐわけにもいかねえ、ここに進退極まった!」
おお、新副座長・鈴丸さん、きれいに決めた!
と思ったら。
龍丸座長がハリセンで、べしっ。
「アホか。なに芝居くさいことやってんの」
あら、また崩した。

喜劇「極楽とんぼ」は、若いご姉弟の元気さ・フレッシュさ満載でした。
お芝居の形を、すぱーんとハリセンで叩くように覆す。

この夜が初鑑賞だったけど、噂は観劇仲間から数々届いてた。
「演出が若い」「何でもアリな感じ」「ネオ大衆演劇」等々…。
観て、納得。
いい意味で、お芝居くさくない。
演劇の型を、なるたけぐにゃぐにゃに柔らかくしたような。
日常会話するようなお芝居。

お芝居の最中、役者さんたちの「日常」が見え隠れすることはけっこうあるような気がする。
掛け合いで、片方のアドリブにもう片方が思わず噴き出してしまったときとか。
もしや、普段の関係もこんな感じなのかな?と思わせるような空気が時々現れる。
(もちろん意図的にウケを狙ってやっている場合も多いけど)

この夜の「極楽とんぼ」は、日常とお芝居のブレンド具合が絶妙だった。
お芝居の筋の中に、日常が見えたり、消えたり、
また見えたり、消えたり、見えっぱなしだったり(笑)

鈴丸さんは、龍丸座長に可愛いおねだりポーズでお願いしてみろと要請された場面で、どうやら本気で照れてしまったらしい。
やろうとしても大照れして途中でやめたり、自分で笑ってしまったり。
ファンの掛け声に、
「ハンチョウとかいらねえよ~」
と苦笑混じりに言うと、座がどっと沸いた。
でもその場面が終わると、すぐにドスを持ってヤクザの若衆の顔に戻る。

お芝居が引っ込んで、日常に戻る。
また、しゅるんと日常が仕舞われて、お芝居に戻る。
日常とお芝居のまだら模様が、何とも心地良い配分で御座いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)