劇団花吹雪お芝居「かんざし」②愛之介さんの源次役・4か月ありがとう劇団花吹雪

2013.2.24 昼の部@篠原演芸場

写真・桜愛之介さん(2/24舞踊ショーより)


劇団花吹雪のお芝居は計10回鑑賞。
そして、毎回ひっそり思っていたこと。
愛之介さんのお芝居はすっごく良い!
常に大役を務める両座長と異なり、お芝居によって出番の多い役だったり少ない役だったりするけど。
役の大小に関わらず、いつも愛之介さんの演技には気合いが弾けまくっている。

「かんざし」の愛之介さんの役どころは、ヤクザの三下・源次(聞いたままの当て字)。
源次の一家の親分は、弥太郎(桜春之丞座長)・おしん(市川千太郎さん)に仇として斬られてしまう。

その隙を与えてしまったのが、おしんの色仕掛けにコロっと引っかかった源次。
綺麗なおしんに見惚れていると、
「よく見ると、あんた良い男だねぇ…」
なんて色っぽく言われて。
思わず口をぱくぱく、目はどんぐり。
手足は動揺でぱたぱた、期待でもぞもぞ。
「あっちに茶屋があったねぇ…」
の一言で、おしんに吸い寄せられるようにすすいとその場を離れてしまう。

おいおい、大事な親分はまだ家の中。
忍びこんだ弥太郎の白刃の下だよ!
と突っ込んでる間に斬られる親分。

源次ってキャラクターは、きっと衝動のままに体が動いちゃうんだろうなぁ。
短い場面だけど、それがとても容易に見て取れる。
愛之介さんの演技に、衒いがないせいだと思うのです。
大きな体躯から感情がだだ漏れ、というか溢れんばかり。

一年後、源次がおしんを見つけ出し、果たし合いを申し込む場面も面白い。
「お前!よくも以前は騙してくれたな!」
とか怒気を込めて言うくせに、
「必ず来いよ。逃げるなよ」
って啖呵を切る割に。

果たし状をつかんだまま、なかなかおしんに近づけないのだ。
愛之介さんの表情は、満面が怯えと警戒。
以前あっさりとおしんの手練手管に引っかかったものだから、全力でびびりまくっている。

早くおしよ、と果たし合いを申し込む相手に急かされるという妙な段になって。
ようやくそろそろとおしんに歩み寄り、ぽと、と果たし状を落として。
すぐに飛び退いて猛ダッシュ!
あんまりコミカルな動きなんで、客席は笑いに包まれる。

愛之介さんの面差しは、本来とても真面目そうだと思うのだけど。
こういう緩いキャラクターのときは、セリフ回しも一つ一つの動作も、
真面目に!全力で!緩くなる(言葉で書くと矛盾してる風ですが)。
100%、1000%の気合いの入った演技は、琴線に触れるどころかバーンと弾いていく。
それが気持ち良くて、愛之介さんのお芝居は毎度のお楽しみでした。


さてさて、もう暦は弥生、寒風を破るように梅の花が咲いております。
11月から2月までの東京公演を終え、遂にお江戸を去ってしまった劇団花吹雪。

一度春之丞座長が口上で、
「長期の公演だからお客さんを飽きさせないように、色々新しい演出を考えている」
とおっしゃっていましたが。
本当に、花吹雪の舞台は毎回色合いが違っていた。
しかも、その密度がいずれも濃くて。
無数の鮮やかな色が、眼前を通り過ぎていったような心持ちでお別れです。

最後になった2月24日の観劇で、春之丞さんが踊っていたケツメイシの「さくら」。
お衣装はピンクの鬘に桜模様の着物!(下の写真参照)



季節的にもご本人にも、あんまりハマりすぎてて思わず微笑。
文字通り桜の花びらのように、軽やかに舞う春之丞さんの姿を観ていたら、心はすっかり感傷気味。

甘やかに霞むピンク色。
花吹雪、夢吹雪、美しく吹き抜ける。
春告げ鳥が鳴くより早く、春を連れて来てくれた人々。



来年の東京公演は既に決定済みだそう。
首を長くして次の花舞台を待っております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)