FC2ブログ

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之三十二] 橘大五郎座長が走り続ける“原動力”とは? SPICE独占インタビュー!

6年前、私が大衆演劇沼にハマったとき、この方はすでにトップクラスの人気役者だった。
現在、木馬・篠原2か月公演を全日大入り(!)という超・快進撃の途中。
そしてきっと10年後も――。

それはもちろん、すごいこと。
けれど同時にしんどいことでもあるのじゃないか…?
橘劇団座長、受け継いだ三代目、九州演劇協会会長、「みんなの大ちゃん」。
たくさんの背負うものが、立ち止まることを許さなかったりもするのじゃないか?

どうしても話を伺いたかったので。おそらく大衆演劇界一、休みのない座長のお一人に、貴重な貴重なお時間をいただいてきました。

大衆演劇の入り口から[其之三十二] 橘大五郎座長が走り続ける“原動力”とは? SPICE独占インタビュー!

top_new.jpg

(本文より)
――大衆演劇ファンの中でも、大五郎さんのお体を心配されている方は多いと思います。倒れないか心配という声も聞きます…。

ほんとですか?(笑) 倒れません、大丈夫です!というか今月思ったんですが、休みの日って逆にダメなのかもしれないです。休みの日は熱中症みたいに具合が悪くなっちゃって。ずっと動いてるから、むしろ休むと生活リズムが狂っちゃうんです。


という冒頭のやりとりで、まるで高度成長期の企業戦士みたいだと思った(お体だけは大切になさってほしいものだ)。
それから、インタビュー中にうおー!とテンションが上がったのは、芝居『女殺油地獄』をお客さんにより理解してもらうための工夫について語っている箇所。

(本文より)
与兵衛の実のおとっつぁんはもう亡くなっていて、その奉公人だった人がお母さんとくっついたので、義理のおとっつぁんになってる。こういう関係性を全部セリフで説明しておくんです。でも、ただ言うだけじゃ伝わらないんです。

――と、おっしゃいますと…?

「義理の親じゃから」(一本調子)って言うんじゃなくて、「義理の、親じゃから」(「義理の」で切り、「親」を強調する節回し)っていう風にセリフをちょっと立てます。粒立てるというか。これで初めて、お客様の中にセリフの意味を残せる。するとお客さんの反応が絶対変わってくるんです。逆に、流すセリフは「~でございますねぇ」(速く)っていう感じです。


め、目の前で大五郎座長独特の、あの節回しが聞けた…!うまぁ…!という感動に加えて。
この発言が意味するのは、「物語の設定が複雑でも、理解を助けるのは演者の技術である」ということだと思うのです。
大衆演劇の芝居は、一部の脚本の粗さ・無茶さを、演者の上手さで芝居として成立させているケースがあまたあるけれど。複雑な筋のものや、新しいストーリーを大衆演劇に持ち込もうとしたときに、それを飲み込みやすいものにするのもまた上手さなんだなぁと思ったのでした。

P1270302.jpg

⇒インタビュー全文はこちら!(SPICEサイトに飛びます)


“ずっと同時代のトップにいるだろう役者さんだ”と、記事の導入に書いた。私が今後10年、20年、大衆演劇ファンでいたら……。その間ずっと 、劇場の壁に「橘大五郎」の大入り袋が並んでいるのを見るだろう。きっととても長い間、見上げることになる名前だ。
“舞台が好きですからね”と言いながら、やっぱり未来でも走っているんだろうか。

そして橘劇団マネージャーの鈴木さんに、インタビュー日程の調整をはじめ本当にお世話になりました!超忙しいのに数分で来る連絡(比喩でなく)…m(_ _"m) この敏腕すぎる片腕がいてこそ、座長がやれることもたくさんあるのだろうな…。

【橘劇団 今後の公演先】
7月 スパ&リゾート九十九里 太陽の里(千葉県)
8月 三吉演芸場(神奈川県)
9月 新開地劇場(兵庫県)


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開コメントの方

お久しぶりです!もちろん覚えておりますー!!
昨日コメントを見て、色々な舞台の思い出がいっぺんに蘇ってきました。涙も出ました。
コメントいただき、とても、とてもありがたいです。真心に感謝します。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)