FC2ブログ

劇団獅子(レオ)お芝居『遠山の金さん』 ―永遠の夢―

2018.3.11昼@大島劇場

※もはや相当古くなってしまった(^-^; 先月、初めて拝見した劇団さんの話。

『遠山の金さん』…と聞くと、テレビで金さんを演じていた杉良太郎さんによる文章を思い出す。杉さんは、96年に熊本のハンセン病の療養所で、入園者の方々を観客に『遠山の金さん』の芝居を上演したことがあるそうだ。そのラストシーンについての箇所。

私は胸がつまり、「これにて一件落着」をなかなか言えません。なぜなら、私たちの目の前にいる方々には生涯、一件落着はないのですから。胸が締め付けられセリフの言えない私に、皆さんが体を震わせ声援を送ってくれました。やっとの思いで「一件落着」と言った瞬間、怒涛の拍手が起きました。
(『ハンセン病 日本と世界(病い・差別・いきる)』ハンセン病フォーラム編、工作舎、2016)


これを読んだとき号泣してしまい、一生懸命涙で本を汚さないようにした…。ハンセン病には無知と偏見に基づく差別があった。療養所の入園者には何十年も家に帰れず、亡くなっても骨も引き取ってもらえなかった人もいたという。
苦難という苦難の底で、それでもお芝居は“いつか”の夢を見せる花になりえるのか。

話は劇団獅子の『遠山の金さん』に移る。この日の大島劇場は、ぎゅうぎゅうの満席。畳の上にむっとお客さんの熱気が広がって、お手洗いに立つのも大変そうだった。
幕が開くと、さっそく早縄の清次(桂木昇座長)から事件が持ち込まれた。金さん(獅童礼斗座長)は即答する。
「こいつは一番、乗り出さなきゃならねぇな!」
礼斗(あきと)座長のセリフ回しは、太くて、底が固まったような独特の音。扇子をバッと開き、スポットライトに照らされる姿は実にヒーロー!



P1220061.jpg
(この日は7年目の3.11。【ひとつ】を踊る座長に、土にしゃがんで花を撫でるような印象的な仕草があった)

『遠山の金さん』はパーフェクトな勧善懲悪だ。金さんがうまいこと全部の現場に居合わせて、善人への誤解は解け、真実の悪が暴かれる。そして肩に咲く桜吹雪は、真・善・美のシンボル。
現実の世界にこんなすっきりした正義が見当たらないからこそ、金さんは愛されるのだろう。

そして、舞台の上の人生もまた――すっきりとはいかないのかもしれない。
礼斗座長は1月に『劇団獅子』を旗揚げしたばかりだ。今の芸名になられる前、舞台から離れていた時期もあると聞く。関東のさまざまな劇団さんに助っ人として参加され、静かにサポート役に徹していた時期は、自分も何度か目にしている。

金さんの最初の見せ場は、「悪い男に聞かれたな、悪い桜に見られたなァ!」と夜鴉伝次(樋口勝次朗さん)の腕をつかむ場面。ここに差し掛かった瞬間、客席からハンチョウが飛んだ。
「座長ぉ!」
音量が、かなりでかめ (;・∀・)

お白州で襖の奥からスッと登場すれば間髪入れず、
「座長~!」
「この桜吹雪を見忘れたとは言わせねぇぞ!」
「座長ぉぉ~!」
複数人から、お腹の底からの大きな掛け声が飛んだ。

繰り返し耳にするうち、ふと思った。いま客席で声を掛けている方々は、この役者さんの紆余曲折を観てきたのだろうか。
開演前に周囲の方と話したら、遠方から駆けつけたファンの方や、座長を10代のときから観ているという長年のファンの方もいた。

旗揚げされた礼斗さんは、いま晴れ晴れと、舞台中央ど真ん中。
北町奉行の長袴。

事件解決した後、金さん一人が舞台に残る。客席の右・中央・左に向かって、深々とお辞儀をすると、
「座長ぉ!!」
ドッと波打つように声が飛んだ。長いこと、この人をこう呼びたかった、ずいぶん待ったと言わんばかりの渾身のハンチョウだった。

P1220118.jpg

舞台の上にも下にも言葉に尽くせぬ、いろいろ、いろいろ……。
お芝居の中の桜吹雪はまぶしい。どの人生にも届きがたい、永遠の“いつか”の夢に咲く。

だからこそ私たちは、その言葉を待っている。
劇団獅子、走り始めたばかりの座長が舞台中央から告げた。

「これにて、一件落着!」

【劇団獅子 今後の公演予定】
4月 宇都宮 南温泉ふくろう乃湯(栃木県)
5月 みのりの湯 柏健康センター(千葉県)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)