筑紫桃太郎一座 花の三兄弟お芝居『月夜に泣いた一文銭』 ―優しい言葉と百両首―

2018.2.9 夜の部@新開地劇場

「そんなこと言って、あんちゃん、牙次郎が邪魔なんやろ」
牙次郎(桃太郎さん)はうつむいて拗ねた口調で言う。大好きな兄貴分・正太郎(花道さん)に、かたぎになるために別々に暮らそうと提案されたからだ。
「そんなわけはねぇ、俺はお前が邪魔だとか嫌いだとか一度も思ったことはねえ」
「ほんとに?」
「ああ」
牙次郎はニパアと笑い、大きな体ごとうなずく。
「ありがとう!」
印象に残る場面だった。頭の弱い牙次郎が、これまで数多くの人に邪険にされてきたことを示唆するような。
冒頭近くのこの場面が、後半の“百両首”の重みにつながってゆく。


牙次郎=博多家桃太郎弟座長。登場シーン、186cmあるという体躯が、「あんちゃん、あんちゃん」と大きな泣き声とともに花道を歩いてくる。幼く見えるから不思議…。

P1180721.jpg
正太郎=玄海花道花形。実際とは逆に桃太郎さんの兄役。牙次郎に対して、正太郎が時折“思わず”という感じで見せる笑みがやわらかい。

そして筑紫桃之助座長がスリの親方。普段とは異なる配役ということだった。関西での仕事を昼過ぎで終え、新開地の夜の部へ行けたのはほんとにラッキー!
この一本を通して、『月夜に泣いた一文銭』という物語がどういう姿をしているのか、おぼろげに…ではあるけどストンと自分の心に落ちたからだ。

色んな劇団さんが演じる『一文銭』。喜怒哀楽が率直な牙次郎は、気持ちがわかりやすいことが多い。正太郎が捕らえられた後のクライマックスでは、牙次郎が泣きながら、正太郎がいかに優しくしてくれたかを語る様が見どころだ。
一方、正太郎の思いは、牙次郎への接し方の中に垣間見えたり、牙次郎の語りの中に浮かび上がってきたりする。
このペアは、どちらも同じだけ大事に思いあっているけれど、表が牙次郎、裏が正太郎のように造形されているんだなと思っていた。

三兄弟さんの『一文銭』でも、牙次郎の感情は素直に観客に差し出される。
正太郎がスリの一味を抜けさせてくれるよう親方に頼む場面で、後ろで話の成り行きを見守る牙次郎は、こわごわ…といった表情。正太郎が「俺の腕を落としてくだせえ」と言ったときは、ギョッとした顔つきで思わず手を出しそうになっていたり。
桃太郎さん牙次郎は、リアルな役作りに加えて、体格が大きい分むちゃくちゃ可愛かったです。サイズ的に花道さん正太郎の背後に収まるわけないのに、体を丸めて隠れ(ようとして)る様とか恐ろしく可愛い…!

正太郎の足抜けが許されて、
「あんちゃん、良かったなぁ」
と破顔一笑する屈託なさに、桃之助さん演じる親方も優しい声で言う。
「正太郎、この子を大事にするんだぞ」
そう、“この子”と呼びたくなる感じのピュアネスだった。

P1180709.jpg
桃之助座長&桃太郎弟座長。やわらかさと鋭さが引き立つペア。

この牙次郎に対する、正太郎の“言葉”が実に優しい。たとえば一年後に再会を果たした後、牙次郎が自分の仕事を自慢するシーン。
「牙次郎はな、悪い奴を捕まえる仕事をしてる」
「悪い奴? 殿様かなんかか?」
「ううん、そんなんやない、普通の人。捕まえたら、たくさんお金がもらえる」
役人という単語が出てこず、要領を得ない牙次郎の説明に、正太郎はゆっくり返す。
「なぁ、あんちゃん、そんなむつかしい話はわからねぇよ」
なんでもない一言だけど、胸を突くセリフだった。

知能が他人と違う子どもを持った、お母さんの話を読んだことがある。「アホ」という言葉を一度だってお母さんは口にしていないのに、いつの間にか子どもは「アホ」が口癖になっていた。世間の人々がその子に「アホ」と繰り返し言ったから――。
牙次郎に対し、必ず優しい言葉を投げかける正太郎。慈愛に満ちた兄弟分の関係は、一種ユートピア的に見える。

そしてクライマックスの場面では、もちろん牙次郎の語り・泣かせもあるけれど、かなりあっさりしていて。むしろ、役人に縄をかけられた正太郎の語りがメインに据えられていた。
「あんちゃんがここまでどんな気持ちでやって来たか、お前にわかるのか…?」
花道さんのよく通る声が、少しずつ震えを帯びていく。
「俺は人を刺しても捕まるわけにはいかなかった、だってそうじゃありゃあしねえか、牙次郎、お前を一人きりにしてしまう」
「でもなぁ、お前に会いたい一心でここまで来たはいいが、お前に手土産の一つも無かった。あるのは百両かかった、あんちゃんの首だけ。だから手土産代わりに持ってきた、上州土産百両首だ」
足元に伏せた牙次郎に、降りかかる正太郎の細い声。
「お前、昔はどうだった? みんなにバカだアホだと散々言われてきたよなぁ、だけど、百両だぞ」

「百両が手元にあったなら――金がなぁ、お前を利口に見せてくれるだろう…」

ここはユートピアじゃない。世間というものが、どんなに冷たいかは知っている。
“あんちゃん、牙次郎が邪魔なんやろ” 
頭の弱い子に優しい人ばかりじゃないと、知っている。バカだアホだと、罵りの言葉で満ちていると。
それでも、もう牙次郎を一人で置いていかなくちゃならないから。せめて、心の悪い者がこの子を苛めないように。
「牙次郎、わがまま言っちゃならねえよ、お利口さんにしてるんだぞ…」
あんちゃんがいなくなっても。
命がけで残していく置き土産、百両首。

『月夜に泣いた一文銭』のもう一つの題は『上州土産百両首』。この芝居の主題――の少なくとも一つ――は、“正太郎から牙次郎への”献身なのじゃないだろうか…。

400_20180216221729949.jpg
三兄弟揃うと、画面がぴしりと完成した感がある。

ラスト近く、子どものように手をつないで、正太郎と牙次郎が花道をはけていく。
「懐かしいなぁ、子どもの頃もこうやって手をつないで、お前と色々な所へ遊びに行った」
「うん、また行こうなぁ」
島流しの意味をきちんと理解していない牙次郎は、あっけらかんと笑っている。

悪意の中ではとうてい生きていけない者を、残していかなくてはいけない。
そのとき、百両の重さが浮かび上がってくる。
「あんちゃんな、やっぱりお前が一番かわいい」

残していく側の、祈りの重さが。


【筑紫桃太郎一座 花の三兄弟 今後の予定】
3月 博多新劇座(福岡県)
4月 ヤング劇場(大分県)
5月 小倉宝劇場(福岡県)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)