FC2ブログ

劇団花吹雪お芝居『河内十人切り』―他者であるお前―

2017.9.25 夜の部@浅草木馬館

弥五郎(桜京之介座長)の、まっすぐな目。
「兄貴、お前が食え!」
わずかに残った飯を熊太郎(桜春之丞座長)に突き出す。茶碗を抱える細い腕。そこには一粒の打算も保身もない。いっそ義理すらない。
「食うてくれ!」
ただ“お前が好き”だから、食ってくれ――。

無心な思いというのは、どうしてこんなに胸を衝き動かすのだろう。
熊太郎の、うう、うぅ~…っという言葉にならない嗚咽が木馬館に響いていた。


桜春之丞座長

P11202542.jpg
三代目・桜京之介座長

※定番の演目なのでラストまで書いています。ラストを知りたくないという方はご注意くださいね。

9/25『河内十人切り』という告知は、8月中旬から春之丞さんがブログで出してくれていたのですぐさま予約した(早めのお知らせって本当にありがたや~)。
配役が気になって調べたら、7月の初演では熊太郎が春之丞さんで弥五郎が京之介さんだったという。華やかな春之丞さんが、熊太郎の臆病で不器用な面をどう演じるのだろう…?

序盤、祭りの場に姿を現す熊太郎。地頭・ほぼすっぴんの春之丞さん。
自分の内縁の妻・おぬい(桜彩夜華さん)が松永寅次郎(桜愛之介さん)と密会しているところに出くわし、割って入るも、逆に寅次郎や村の連中にボコボコにされてしまう。

にも関わらず、熊太郎はやり返そうとは考えない。満身創痍の体をどうにか起こして、
「喧嘩する前にまず話し合いで済ませたいんや、松永のおやじさんも証文見せて話をしたらわかってくれるはずや」
と、痛みに眉をしかめながらも穏便に済ませようとする。
弟分の弥五郎は、
「そんなことゴチャゴチャ言っとる場合か、ぶち殺したるわ」
といきり立つけど、当事者である熊太郎は困り顔。
「お前は来たらあかんで。お前が来たらすぐ殺す、殺すばっかり言って、話もできひんやないか…」

熊太郎の癖。頭でぐるぐる先回りして、状況を判断しようとする。しかし彼の思慮がやくざな世界で通用するんだろうか、という悲劇の予感がすでに漂っている。

一方、京之介さん弥五郎は本能的…というか動物的だ。口を開けばすぐ「ぶち殺す」。松永一家からも“気ちがい”と呼ばれて怖がられているくらい。
熊太郎・弥五郎の関係性が滲んでいると思ったのは、連れ立って松永家へ行くときの会話。熊太郎の腕を引いてサッサと行こうとする弥五郎に、熊太郎は呻く。
「いた、痛いて、ちょ、待て」
「なんや、兄貴、骨折れとるのか」
「骨は折れとらんけど」
「せやったら歩けるやんけ」
わりととんでもないこと言われても、熊太郎は立腹したりせず、しんどそうに説明する。
「(溜め息ついて)お前は骨折してなかったら動けるて思うんやろけどな、打撲ちゅうのもあるやん。せやから歩こうとするとな、ズキズキ痛むんや」
思考も肉体もぶっ飛んでいる弥五郎に、熊太郎は常人のことがちゃんとわかるように導いてあげる役割なんだ…。

たしかに全編通して、弥五郎は熊太郎としかまともに会話していない。唯一、京誉さん演じる刑事と短い軽口を叩くくらいだ。本来の『河内十人切り』の重要シーンの一つ、弥五郎が妹に会いに行く場面も丸ごとカット(妹の存在にも言及しない)。
だからよけいに、熊太郎を通してしか外界に関われない“狂犬”としての弥五郎が、浮き上がってくる。

真逆の兄弟分は、けれどピタリと肌が合う。花吹雪版で最も強く印象に残ったのは、二人の一つの息を一緒に吸っているかのような噛み合い方だった。たとえば弥五郎が監獄から出て来て、真っ先に熊太郎の家に来る場面。
熊 「お前、よう出てきたなぁ」
弥 (嬉しそうに) 「元気そうやないか、ケガは治ったんか」
熊 (肩を回しながら)「この通り、バリバリや」
こういう普通の会話のテンポが抜群!

二人のコンビネーションは、終盤、山に追われて死の淵まで追いつめられたとき、“相手に命をやる”という極まった形で現れる。
お前が食え、と茶碗を差し出す弥五郎。
熊太郎は弟分の顔をじっと見つめる。やがて、春之丞さんの頬がくしゃくしゃに歪み、手はご飯粒だらけの口元を押さえる。指の隙間から幼子みたいな泣き声が漏れた。うう~…っと泣く声に続いて、拍手が木馬館に広がっていった。

この世は熊太郎の思慮も言葉も通じない、汚い人間ばかりだった。
妻も義母も裏切った。
けれどこの弟分は、自分を信じきっている狂犬だけは……。

――だからこの後、熊太郎が弥五郎を背後から刺すのは、とても自然なことに見えた。
こいつには俺しかいないから、俺がちゃんと連れて行かなきゃいけない。
そんな風に語り出しそうな穏やかな表情で、熊太郎は血まみれの弥五郎を抱きかかえる。
弥五郎は「ごっつ痛い」と呻きながらも、爽快な笑顔で空を仰ぐ。
「不思議やなあ、わし兄貴にこんな目に遭わされとるのに、お前には何をされても恨む気にならんわ。うん、何をされても、わしは、お前は恨まん!」

弥五郎の血で熊太郎も血まみれ。互いを抱く腕はますます強く、べっとりと、二人の体は一つの赤に染まっていく。まるで二人の人間は、本来一人だったみたいだ。

熊太郎・弥五郎の強い強い密着性。それは、演者である春之丞さん・京之介さんが、幼い頃からずっと生活を共にしているという家族的要素にも繋がっているのだろう。そう考えると、大衆演劇という興行にしか存在しえない表現を体験できたのかもしれない。

『河内十人切り』は血なまぐさいし、現代の感覚でスルッと共感できるストーリーというわけじゃないし、男の怨恨と意地がぎらつく。
けれど優しい顔立ちの両座長の芝居は、体のもっと深いところに響く。

熊太郎が瀕死の弥五郎を抱く。
「ごめんなぁ…」
弥五郎は笑ってその腕を叩く。
「ええねん、ええねん」

他者であるお前が、我が身より愛しい。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)