FC2ブログ

理由を聴かせて―芝居の中の死者の声―

“なぜ”ですか?

《劇団天華『面影の街』9/13》
「憎くて捨てたわけじゃない、生かすために捨てたんだと…」
生き別れの兄弟。兄(澤村千夜座長)は、父親が弟(澤村丞弥さん)を捨てた理由を言葉少なに語る。


澤村千夜座長

《花の三兄弟 筑紫桃太郎一座『男血飛島』10/7》
「友吉、俺はお前に合わせる顔がなかったんだ」
筑紫桃之助座長演じる徳は、恩人である友吉(玄海花道さん)に罵声を浴びせた後で。がっくり膝をつき、ひどい態度をとった理由を話す。
「俺が亀田屋を継いでからというもの、店は傾く一方で、屋根にはぺんぺん草が生えてらぁ。いっそお前に殺してもらいたかったんだ…」

P1120450.jpg
筑紫桃之助座長

お芝居のこんなシーンに出会うと、胸の奥が何かに抱き留められるようです。
大衆演劇の芝居のパターンの一つ。何か過ちを犯した人が「自分にもわけがある、どうか俺の話も一通り聞いてやっておくんなせえ」と経緯を語り始める。

どの芝居でも主人公はそれを遮ったりしない。困惑を顔に浮かべながらも、ちゃんと最後まで聞いてやる。
「理由を聞く」というのは、なんて魂の深い行為だろうか。
そこには「もしかしたら道を踏み外したのは自分だったかもしれない」という痛みがある。
もちろん、何か理由があったからって罪が無くなるわけじゃない。でも、誰だって好きで間違えたわけではないのだ。

定番のお芝居で言えば、幼なじみ三人のうち一人が悪い親方に拾われて盗人になってしまう『三人出世』も、兄弟分のうち兄が不幸な弾みで人を殺めてしまう『上州土産百両首』もそう。
「これにもわけのあることなんだ――」
“運の悪かった罪人”の姿とその理由は、大衆演劇のお芝居に貫かれる主題の一つであり続けている。

でも現実の世界では、過ちを犯した人がわけを聞いてもらえることなんてまずない。
誰か悪者がいれば、わかりやすく事は済む。
一番不器用な人が、いつも口をつぐむ。

“Don't say I didn't try”(言わないで 私の努力が足りなかったなんて)
私がまだ学生の頃、映画『ロード・オブ・ザ・リング』(指輪物語)三部作が流行った。その中にゴラムという登場人物がいた。指輪の魔力に憑りつかれて異形になった男。映画の挿入歌の一つ『ゴラムの歌』は、当時映画館で聴いてショックを受けた。
“We are lost!”We can never go home”(もうわからない 家には二度と帰れない)
歌手エミリアナ・トリーニの泣き声みたいな歌い方が耳に残る。
今聴いても、怨嗟の声とはこんな声かと思う。過ちを責められ、無理解の中に置かれたまま死んでいく人の。

私たちの日々の中にも、見落とされた死者が大勢いるのでしょう。
「あの人はああいう人だから」「真っ当に生きなかったから…」
誰もが耳をふさいで、彼の言い分を封じ込めて。

「せやから芝居の中の死を見届けられるだけで、留八は不幸やないんですよ」
大衆演劇を通して知り合い、すごくお世話になっている京都の友人は、初めて会った日にそう言った。ふんわりした声で真理にスッと踏み込む人だ。
2年前、初対面の彼女と新世界でケーキを食べたとき。ある九州の劇団で観たばかりだった『留八しぐれ』の話になった。留八は顔に負った火傷のせいで、信じていた人々に手のひら返され、恨みを果たすべく人々を殺めて自分も死んでいく。
「人気のお芝居ですし、私も好きなんですけど、考えたらこの話のどこに救いがあるんでしょうね…?」
と私が疑問を浮かべると、彼女は確信のある口調で言った。
「彼は救われているんですよ。私たち観客が彼の真実を知っていて、最期の瞬間まで観ていることで」
「客席で見届けることで?」
「そう、それだけで彼は独りで死んだわけやないから」
最近になって、このとき言ってもらった意味がようやくわかった気がする。

一つの芝居には、それを演じてきた人々、観てきた人々の思いが何十層にも重なっている。だから『三人出世』の定やんが涙しながら「怪盗定吉と呼ばれ、役人から追われる身になったのにも、わけ事情があることなんだ」とこれまでの事を打ち明けるとき。
舞台に膝をついて語る役者の身体を通して、誰にも聞いてもらえなかった死者たちの告白が、なだれをうって流れ込んでくる。

それは生きている人たちだって一緒。客席でお芝居を観ている一人一人も、一緒。
いつかの京橋羅い舞座で、ずっと泣いていた人がいた。独りで声を抑えて。
あなたもきっと辛かったろう。

《劇団新『三人出世』3/9》
「定やん、江戸に出て来てからいっぱい苦労したんや」
友やん(龍新座長)は定やん(龍錦若座長)の話を聞いて、泣き伏した肩を優しく叩く。
「なぁ島やん、もしかしたらお前もそんな風になってたかもしれんやんか――」

CIMG1241.jpg
龍新座長

あなたがそうせざるを得なかったのは、“なぜ”ですか?

旅芝居の底に、誰かの悲しみが聴こえてくる。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

人情芝居って素晴らしいよね!!!
みんな、一人じゃない
あなたがそこでそう間違えたのだって、あなたが嬉しかったのだって、みんなに理解されること

外見の魅力、で人を魅了する、舞踊ショー
内面の魅力、で人を魅了する、人情芝居

虜になるよね(笑)

>あやのちゃん

コメントありがとう~嬉しい💛
外見の魅力→ショー、内面の魅力→芝居…ここ読んでそうそう!って思った(*^-^*)

人情芝居も、客席に座っているみんなで共有する構造があってこそ、より深く沁みるんだろうね~。
大衆演劇は本当にすごい。5年間見て、今でも毎回そう思うよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)