劇団天華on九条笑楽座 ―ケーキの仕掛け―

(2017年9月)

華やかで、甘くて、口に入れた瞬間に嬉しくなって、でも儚く溶けてしまって、時々ひやりとする隠し味もあったりする。
夏休みに訪れた九条笑楽座で天華さんを観ていると、ぽーっとした頭に浮かんでくるのは「ケーキ」の像だったりした🍰

小屋と劇団の化学反応、という面白さ。それを味わうならやっぱり小さな小屋がいい。九条笑楽座はぴったりだ。整列するベンチ、黒とピンクのチェック模様のクッション。
「幕、安全ピンで止めてるんですねー」
一緒に行った友人に言われて気づいた(笑)
西九条の駅からトンネルをくぐって歩くと、はためく赤い幟が見える。コンパクトな可愛らしい小屋に、少数精鋭になった天華さんが乗っている。



P1100861.jpg

「憎くて子を捨てたわけじゃねえ、生かすために捨てたんだと…」(9/13『面影の街』)
かけられている内容が生々しい人情劇や、時にはコテコテの股旅物だったりしても。
何か劇団天華には、ふわふわした夢を見ているような感覚があるのだ。6月で神龍副座長・龍太郎さんが卒業されても、集団としての感触は変わらない。

きらきら、にぎやかな舞台。
その幕一枚を隔てた向こうに、本当はずっとシンとしていたかのような寂しさが漂う。

ミニショーが始まって、千夜座長や丞弥さんや悠介さんや、静香さんや志保さんや、今月の助っ人・優木座のお二人が“虚”をまとって現れるとき、笑楽座の横並びの客席がワッと沸く。カメラを向けたり、手拍子したり。すぐ隣のお客さんの様子を見れば、今この瞬間だけは、みんな胸いっぱい幸福に見える。
そのままの至近距離でチョンと音が響き、芝居が始まる。

「まるで道化じゃねぇか…」(9/11『五度目の勝負』丞弥さん演じる政吉)
その中には破れていく人の思いのほろ苦さもあり。

「お杉は死にました。俺が殺しました…」(9/10『首追い道中』千夜さん演じる平太郎)
生きてきたことがひっくり返るような、底なしの穴ものぞいている。

でも全体としての印象は優しくデコレーションされている。ざりざりした手触りの芝居の後には舞踊ショーがあって、そろってお人形さんめいた顔立ちの役者たちが、ベリーみたいな色の口紅で振り返る。

P1100757.jpg
澤村千夜座長

P1100796.jpg
花形・澤村丞弥さん

P1100718.jpg
生徒会長・澤村悠介さん

最後の挨拶で「座長が誰かを呼び忘れる」というコントに毎度毎度笑い転げているメンバーを見ると、後味は軽くなっていく。この軽さがある意味、仕掛けの一つなのだろう。

千夜座長のTwitterを見ていたら、7月の進撃の巨人に続いて刀剣乱舞(!)をやるらしい。時代は二次元か…。その企画力にすごいなと驚く一方で、どこまでも遊びを発展させた延長上みたいに見せているところが、やっぱり面白い劇団さんだなぁと思う。

9月公演も残り10日を切った。西九条のトンネルの向こう、小さな小屋。

この世は浮世でいいじゃないか、という冷静な歌を聴きながら。
物語の土台に甘い夢を流して。
入り口から出口までお楽しみを詰めて、深い味から淡い味まで、色々挟んだそれをいただく。

【劇団天華 今後の公演予定】
9月 九条笑楽座(大阪府)
10月 紀の国ぶらくり劇場(和歌山県)
11月 梅田呉服座(大阪府)


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)