【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十六]  謎の多い役者・沢田ひろしさんにインタビューしました

謎の経歴。
謎のうまさ。

「大衆演劇の入り口から」連載も2年、初めて、“フリー”の役者さんのお話を聞かせていただきました!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十六]  謎の多い役者・沢田ひろしさんにインタビューしました

CIMG8353.jpg
(劇団大川ゲスト出演時 椿裕二座長との【おさん茂兵衛】)

(本文より)
そんで劇団やめた次の月から、俺、紅(くれない)あきら劇団に入ったの。紅あきらさんがね、俺をめっちゃ可愛がってくれてたの。あきらさんて、めっちゃ人気あってね。「自分の劇団やめてお前どうすんの」「いや、別にどこも行くとこあらへんし」「ちょうどいい、お前来い」ってことになって。

――ご自分の劇団をやめたときに、役者以外の仕事に就こうっていう気持ちはなかったんですか?

毛頭ない。まだまだ俺は行けると思って(笑)。紅さんのところで2年半くらいお世話になったかな。あきらさんは、一言一句、事細やかにダメ出しをしてくれる人なんよ。すごい良い勉強やった。自分の我を通してたら、今、フリーで色んなとこお世話になってても、自分のスタイルに固執しすぎてもっと苦労してたと思う。結局ね、自分がキュウリであり続けたら、キュウリとして野菜サラダとかにしか使ってもらえないから。でも、キュウリは揚げ物にはならないじゃん。脇の役をすることにおいて、色んなことしたら邪魔になるから。ほんとに良い勉強でしたよ。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)


沢田さんのゲスト出演日に合わせて、猛暑の浅草木馬館・劇団炎舞にダッシュ。
お忙しいゲスト日に応じてくれた沢田さん、そして沢田さんを大のご贔屓とする友人の助力に感謝✨

沢田さん…といえば、ハッと滴るような艶っぽさが知られるところだと思う。
↓記事のトップ画像にもした2016年2月の【傘ん中】。

CIMG7392.jpg
CIMG7393.jpg

ツーっと目元に吸い寄せられるような色気…!

独特の引力のためか、私の周囲に沢田さんファンは多い。関西の友人の一人は、「ひろしネットワーク」なる沢田さん出演情報を交換する情報網を持っているほど…。関東にも近いうち、また来て下さるでしょうか。

誰のインタビューでも、録音を書き起こししていると新たに気づく印象が何かしら増えるのだけど。
沢田さんの終始やわらかな話し方は、聴いていると引き込まれて、まるでどこかへ手招きされているような感じ。
なんだか…大きな招き猫を想像した。
「難しいこと考えるより、まずお客さんが楽しめなきゃ」
かつて“化け猫”を演じた役者さんの、物語り。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)