4/21(金)の御礼 ―「風雪!旅役者水滸伝」の出版を祝う会 & カンゲキ座談会―

4月上旬からスケジュール帳の21日を見ては、ずっとどきどきしていました。
というのはこの日、2つのイベントに参加させていただくことになっていたから。奇しくも一つは『演劇グラフ』関係、もう一つは『カンゲキ』関係…。

まず、この日のお昼は「風雪!旅役者水滸伝」の出版を祝う会。『演劇グラフ』誌上で連載を続けてこられたルポライター・橋本正樹さんのお祝い会でした💐
12:00~14:30 / 篠原演芸場



大衆演劇の“教科書”の一つとして愛読している橋本さんの著作。最新作『風雪!旅役者水滸伝』が昨年12月に出版されたときは、友人やTwitterつながりの方の間でも話題になってました。
本書のエピソード数の凄さ。橘菊太郎さんの柔道部時代の猛稽古の話や、龍児さんがバレンタインの苦い思い出からチョコレートを食べられなくなった話など、役者さんの人生がいきいきと伝わってくる話に、一体どういうインタビューをしたらこういう記憶を引き出せるのだろう…?と、いつも不思議に思っています。
(Amazonではこちら)

橋本さんは(こんな言い方は恐れ多いけれど)人なつっこい温かみが全身に出ています。きっと役者さんたちも、この方なら心許してくだけた話もするだろうなー…と思わせるお人柄。

出席者の中で、ついにお会いできた!と幸せだったのが『演劇グラフ』初代編集長・上松未奈さん。
上松さんのブログ「大衆演劇はスペシャルなのだ」、きっと読んでいる方が多いと思います。私も5年前に大衆演劇にハマったときから、ずっと楽しみに読んでいます。役者さんにもお客さんにも愛情たっぷりの、穏やかな文章がスッと心に気持ちいいです。個人的に大好きだった記事は、3年前に書かれていた先代の千代丸さんのバッグの話!紀久二郎さんをいっぺんに好きになってしまうエピソードです(*^_^*)

お会いした上松さん、文は人なりの言葉はやはり正しく、ふんわりとした優しい声で話される方でした! ディープで個性の強い方の多い大衆演劇界で、この柔らかい雰囲気の方が編集長をされてきたのか…と思うと、正直意外なほど…。
現在はCS朝日が制作している大衆演劇番組も支えてらっしゃいます📺

さあ夕方は十条から新宿に移動だ!ずっしり重い荷物もなんのその!
カンゲキ座談会
19:00~21:00 / 新宿個室

CIMG1837.jpg
CIMG1838.jpg
食事風景

『カンゲキ』関東進出を記念しての企画。このブログでの呼びかけに応じて来て下さった方もいて、本当に感謝です!
全部で10名、大衆演劇ファンばかりなので話題は山ほど。私がいたテーブルでは青山学院大学の竹内孝宏先生を中心に、
「大衆演劇の10年後に向けての本当のターゲットって?」
「『刺青奇偶』が好きという人が多いけど、その魅力って何だろう?」
「舞踊ショーの人気激化の本質には何があるのか」
などなど…
参加者全員(!)が二次会に来たということに、どれだけ話が尽きなかったかが現れていると思います。

私はトークのセンスに乏しいのだけど、会話の流れが桜春之丞座長(劇団花吹雪)に触れたとき、あっと思い出して、
「春之丞さんの『喧嘩屋五郎兵衛』が好きです。爽やかなところもスカッとするところも全くなく(褒めてる)、人間の弱い部分を描いていて!」
と発言したら、参加者のお一人に「お萩さん面白い(笑)」とだいぶ笑っていただいたことがなんだか印象に残っています。
ご参加下さった皆様、大変お世話になりました。
(花吹雪さんの『五郎兵衛』は2016年3月に観たもの。五郎兵衛の“敗北”が容赦なく描かれていたのが印象的でした)

“人の縁が増える”ということは大衆演劇の魅力の一つだなぁと思います。客席のご縁、ブログやツイッターのご縁。それが段々広がっていく。こんなに濃い人たちが舞台の上にも下にも揃っている芸能はあんまりないかもしれません。
…足抜けできる日は多分、来ないですよね、お互いに(笑)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

お会い出来た事、光栄でした。ああ、こんなに可愛らしい若い女性だったのか。が正直な思いです。文面で、あれ?私の想定年齢よりお若い?と感じた事はあったのですが。
沢山の思い溢れる、芯の強さを感じる文面。もしかすると・・・大衆演劇界の今後を左右するかも知れませんね。
今後もこのご縁を大切に♪いつか・・・どんな場面で出会った時も「お久しぶりです-
。お元気でしたか?」とか。きっと言ってしまうと思います(^_^;)。
またお会い出来ます日を楽しみに~♪



>のん様

こちらこそお会いできて何よりでした! 身に余る言葉をたくさんもらって嬉し恥ずかしです(*ノωノ)

書いていると、私の言葉はちゃんと誰かに伝わってるんだろうかと、自分の力不足ゆえの不安がいっぱいです(^-^; それを払拭してくれるのは、のんさんはじめ読んでくれる方の温かい言葉です。
二次会のテーブルでお話していたときも、悲劇や心にしみる真面目なお芝居がお好きということで、ですよね!とたくさん頷かされました。
私も再会の日を楽しみにしています!素敵なご縁に感謝♪ 同じ関東の大衆演劇ファン同士、またお会いしましょう!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)