涙と笑顔と人情と―劇団天華・澤村神龍副座長のこと―



「副座長はね…“泣かしの神龍”って感じじゃない?」
顔見知りのファンの方の発言に、うまいこと言うなぁ~と思った。
劇団天華副座長・澤村神龍さんの芝居は、確かに、なにか涙を誘うのだ。芝居が達者な若手さんは大勢いるけれど、コレと明言できない要素が涙腺を刺激する、不思議な役者さんだと思う。

思えば2015年秋、まだ座員さんのお名前も知らなかった初見の日。どんな劇団さんなんだろう、お初の外題が『三人出世』なのは嬉しいなーと気楽に観ていた。
「なぁ、俺が悪いんやないよな…」
と、盗人に身を落とした定やん(神龍さん)が、幼馴染の友やん(千夜座長)に切々と訴える場面。
「俺が仕事にありつけずにいたとき、誰が優しくしてくれた? 江戸の町をさまよっとるとき、迎え入れてくれた家が一軒でもあったか? 泥棒の親方は優しかった。あの人だけが俺に優しくしてくれた…。俺が悪いんやない、世間の風が悪いんや…!」
誰も望んで盗人に落ちるわけではない――神龍さんのじっと虚空を見つめる大きな目。震える声の調子。セリフに心を連れて行かれるように、気づけばかぶりつきでボロボロと涙していた。

いたいけなくらい細身の体格や、情感の乗っかりやすい声が、思い切りエモーショナルに訴えるせいかもしれない。
『マリア観音』では少年・半次郎を演じていた。だんだん本当に少年らしく見えてくることに驚いた。
劇団としての代表作であろう『峠の残雪』では、盲目の弟役。光を失ってなお、母親の仇を討とうと必死な健気さが染み入る。
『釣り忍』では女形でおはん役。定次郎(千夜座長)をわざと追い出した後、おはんは暗い部屋に一人きり残される。玄関口の釣り忍を見上げる横顔に、喪失感が浮き彫りになり、胸を衝かれた…。

淡々と演じているけど、子どもとか女とか盲人の役がすんなりできるって実はスゴイことでは。日常では成人男性として持っている健康さとか強さを、いったん打ち消さなきゃならないのだから。演技力はもちろんのこと、自分をカッコよく見せたいという自意識があると、どうしても身体に“男”が現れてしまう…。

けど神龍さんは、こういった弱き者を演じるとき、カッコつけをあっさり捨てて役の中にポンと飛び込むようだ。役への飛び込み方に、全然ためらいがない。だから少年だったり女だったりの虚構も、気づくとわりかし自然に成立してしまう。

CIMG7785.jpg
一方で二枚目役をやっているときは、きりりとした目つきが冴えて男前!

≪やっぱり自分らの気持ちは、表情や態度とつながってて舞踊ショーや芝居の中ではっきり出るもんね。心技一体の真剣勝負やからお客様は誤魔化せないよね≫
≪役者として、演者として気持ちをしっかり作って舞台を務めたいと思うね。人情芝居なんやから、情がないと成り立たないよね≫

2013年7月の『花舞台』、神龍さんのインタビューが掲載されている。くだけた語り口の文を読むと、聞き手との会話のキャッチボールの中で、思ったことをそのままお話されているのがわかる。きっと演技に表れる通り、素直で、てらいのない人柄なのだろう。

こういう方だから、ずっとやってこれたのだろうか。
9年前の劇団旗揚げ当初から在籍しているという。当時まだ21歳なので、20代のほぼ全ての日々を天華の舞台に費やされたことになる。
旗揚げ当初は、ほんの少数のお客さんしか入らなかった頃があったそう。メンバーの入れ替わりも激しかったとか…。
それでも、良い日も悪い日も、座長と一緒にやってきた。良い時期も悪い時期も、舞台の幕は開いた。

――つい先日のブログで、かなり体調がすぐれないことを書いていらした。けれど池田呉服座の舞台は欠かさず勤めてらっしゃるようで、Twitterに流れてくる観劇写真には、毎日神龍さんがいる。

見回せば、体調を崩している役者さんは多い。それでも一日の休みもなく昼夜の舞台に出続けなくてはいけないハードさに、大衆演劇ファンとして頭が下がるばかりだ(心情的には皆さん休んでほしい!(>_<) けれど、きっとそうもいかないのでしょうね…)。
毎日化粧して、芝居して、何度も着替えて、踊って、笑って。
それがお仕事。

役者さん――虚構を通して、喜怒哀楽をたくさんの人の心に出現させるお仕事。身を削って、人情芝居からほんとの情を引き出すお仕事。
私が『三人出世』で流した涙を、心に持ち帰ったように。

CIMG0602.jpg
CIMG4777.jpg

「神龍さんは笑顔が可愛いよねぇ」
と評されるのをよく耳にする。特に女形でふんわり笑むときは、ひなげしの花みたいな、素朴な可憐さが開く。

芝居中、たとえ寸秒であっても、役という別の心を生きることができるのだとしたら。
ふんわり笑顔の副座長にとって、わずかな時間でも、明日の芝居が幸福なひとときであるように。

「兄さん、ありがとう、あったけえや…」
『峠の残雪』の名セリフ(今月も29日に上演予定ですね!)。
役の中から発される声。ツーっと客席の涙を誘い出す。
不思議な役者さんの生み出す、毎日のかけがえのない虚構を、情を。
ずっと、舞台の上と下とで半分こしていられますように。


【劇団天華 今後の予定】
2月 大江戸温泉物語あわら(福井)
3月 奥道後壱湯の守(愛媛)
4月 宝劇場(福岡)
5月 城山温泉(香川)
6月 大江戸温泉物語ながやま(石川)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)