【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾九] 退団直前インタビュー! 恋川心哉さんの語る「心・笑顔・感謝」(桐龍座恋川劇団)

彼が踊っている。
彼が客席に飛び込んでくる。
すると、お客さんがなんだか元気になるのがわかる。
「心哉ー!」
この沸き方は、王子様のパワー!

恋川心哉さんは、11月の千秋楽で恋川劇団を退団される。
お芝居のこと、ダンスのこと、来年の旗揚げのことなど、お話を聞かせていただきました!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾九] 退団直前インタビュー! 恋川心哉さんの語る「心・笑顔・感謝」(桐龍座恋川劇団)

(2016/11/16)


――「心哉さんはとにかく優しい」「丁寧」って、人柄についての評判をよく耳にします。

心 そうなんですかね~…多分、みんな騙されてると思いますけどね…(笑) 

――いえいえ(笑)

心 よくお客さんに言うんですよ。「いや、そうやって男に騙されたらあかんで」って。今日も送り出しで話しましたね。お客さんが「神対応や~」とかって言うから、「いや、そう思ってるその気持ちがすごく良いことで、俺がすごいわけやない。多分それ、騙されてるで」って(笑) 

――ブログには、好きな言葉も書いていらっしゃいましたね。

心 「心」と「笑顔」と「感謝」。そこはほんとに思ってますね。

――人生の師匠的な、影響を受けられた人がいるんですか?

心 神戸のほうの、自分を応援してくれてるお客さんなんですけど。その人は、たとえ何があっても、人を嫌な目で見ない。自分が何を言われても、絶対争わない。ずっと笑顔でいると、良いことが絶対あるからって。その人が言ってた言葉が、心と笑顔と感謝があれば…っていうことだったんです。それを聞いたときに、僕もほんとに素晴らしいことやなって思って。自分の教訓にしてます。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

Twitterで仲良くしていただいている、心哉さんファンの方がいる。彼女の愛にあふれたブログや写真を見ていたら、心哉さんの人間的な魅力や、サービス精神の大きさが少しずつわかってきた。
先月、東京公演が始まってから、「もう恋川としての心哉さんは最後だから!」と足繁く劇場に通う人が、どうしてこんなに多いのかも。

個人舞踊で篠原演芸場の花道を駆け抜けていく、その身体から、“お客さんを喜ばせる存在でありたい”という精神がまっすぐに弾けているようだ。
お客さんの笑顔が力、声援が力、どうか楽しんで帰ってほしい!
そんな役者としての在り方が。

余談。
記事製作中、インタビューの録音を書き起こしていると。
「~でしょうか?」「そうですね、それは…」
「~と伺いました」「はい、…」
という、きっちりしたテンポの受け答えが続くことに気づいた。
あ、一つ一つ質問の語尾まできちんと聞き終えてから、答えられているんだ…。
つくづく丁寧な方だなぁ…。

その中で。
「EXILE、本当にお好き「大好きです!」
ここは早かった…!(笑)

近い将来、「劇団心」の座員さんたちが成長した頃には、座長を筆頭にEXILEメドレーなんて舞踊ショーもあるかもしれない。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)