王国に乾杯!―敬愛するすべての座長たちへ―

なぜ、その『黒猫』は胸を打ったか―?
Acid Black Cherryの軽快なリズムに乗せて踊る、若き座長。
イケイケノリノリなこの曲で、まさか涙がにじむなんて。
♪噂の猫って わたーしーのこと…♪
勢いよく花道に躍り出る姿が、記憶の中の様々な座長たちの景色と重なった。
決して、逃げられない人たちの姿。

「劇団のどんな不満でも要求でも、お客さんは座長に言うやろ。聞くの、かなりしんどいみたい。だからなるべく不平等のないように、いつも気を配って…」
これは、別の劇団の常連さんのつぶやき。少し離れたところに、丁寧に送り出しをしている当の座長がいた。
座長さんたちはそれぞれの劇団の顔であり、アイコン。送り出しで告げられるのは、必ずしも「楽しかったよ」「お疲れ様」だけではないようだ。

――お客さんに投げるお菓子やティッシュが行き渡らなかった
――ショーの構成が退屈
――これが観たいあれが観たい
――好きな座員の出番が少ない

お客さん一人一人に、大好きな役者さんがいる。愛しい舞台がある。だからこそ、理想と違うもどかしさも胸に溜まっていく。

私自身、ある女優さん主演の芝居が観たい→女優さん本人に言う→「座長に言ってみてください」→「座長、あの~!」という流れをやることも。
座員さん主演の芝居を観たいって、座長さんにしてみれば気持ちのいいリクエストじゃないかも。でも、決定権のある人に直訴するしかないものな…と、結局、送り出しの先頭に立っている座長のもとへと行くのだ。
こういうとき、いずれの座長さんも、必ずニコニコと振り返ってくれる。疲弊なんぞかけらも見せない。
“客”という自分の権力性がざわつく。

客入りに一番必死なのも、やはり座長だ。彼らは、劇団という会社の経営者。
ミニショーの幕が開いたとき、お客さんが少なめだとスッと青ざめていた若い座長の顔が浮かぶ。
閑散とした客席でも、舞台上では平然とつとめるベテラン座長が、なじみのお客さんに涙ながらに電話してきたという話も聞いた。
苦戦を強いられた一ヶ月、千秋楽で初の大入りが出たとき、気丈な女性座長は糸が切れたように大粒の涙を流していた。

関西に行くたび楽しみにしている雑誌『カンゲキ』のバックナンバーをめくれば、私が頻繁に観ている座長たちも、ぽつりと重々しい言葉を残している。
(舞台の苦しさという質問で)
“本番前のプレッシャーやお客様の入り具合など、経営者的な苦しみですね”
<2016年2月号 劇団天華・澤村千夜座長>

(苦しい時に頼る人や物はありますか?という質問で)
“物も人もないですね…最後は自分で解決していかないといけないので…”
<2016年2月号 劇団炎舞・橘炎鷹座長>

――組織のトップなんだから、苦労は当然。
――そのかわり芝居は基本いつも主役だし、お花はいっぱいつくし、十分な見返りはあるじゃない。
頭の中で、正論が好きな自分がそう述べてくるけれど。

それよりもっと奥深い記憶。
今年、入りの少ない客席で観た、ある座長さんの『黒猫』。
観ながら思ったのは、もしかして、ポップスのダンスは踊り慣れていないんじゃないかな…。
さっきまで、古典舞踊や演歌を踊っていたときは、しなやかな曲線を描いていた体。多分、そういった古いものが本来の得意技なんだろう。弧を描く体を、直線的なパキパキしたリズムに無理やり合わせている…そんな違和感があった。

それでも満面の笑みで、汗だくで、踊る。
少しでも盛り上がる曲で、沸いてもらわなきゃ。
楽しいと思ってもらわなきゃ。
だって、座長だから。
休日の昼の部、多いとは決して言えない客席。この場所で明日も公演がある。明後日も。今月の千秋楽を迎えるまで。
しなる背中は、劇団全部を負う背。
伸ばされる腕は、座員みんなを引っ張る腕。
彼はアイコンだから。
彼は経営者だから。

徐々に手拍子が大きくなってきた。後方の客席を振り返れば、座長の笑みにつられたように、楽しそうに相好を崩している人もいる。
♪だんだん 強く どんどん 私を生―かせるー…♪
サビで、バッと腕を掲げる汗まみれの笑顔。客席という鏡からの照射を受けて、まるで花が開くようだ。
ニカッと現れる白い歯は、まるで実がはじけるようだ。

どの劇団でも出会う、あの空気を何と名付けられるだろう?
座長さんが舞台中央で大きな笑顔を見せるとき、封を解かれる特別な空気。
自分が築いた劇団の中心で。
自分が築いた客席を見つめて。

内心、昨日のクレームめいた送り出しが引っかかったままでも。
今朝は、入りの厳しい数字とにらめっこしていても。
今夜は、資金繰りに頭を抱えていても。
それでもなお、お客さんの笑顔が嬉しくって、笑みこぼす心もきっとあると。
舞台を通して人を喜ばせるという根っこの喜びは、どうしたって消えないままだと。

だから私たち客席も、特別な名で呼ぶ。
「座長!」
それは、この空間に君臨する人の名だ。
大きな劇場でも、小さなセンターでも。
今ここでは、あなたが王様。
「来てよかった」「観れてよかった」「楽しかった!」
この喜びは、あなたの王国でもらったおみやげ。

劇団舞姫・葵好太郎座長(2016/9/3)


たつみ演劇BOX・小泉たつみ座長(2016/9/4)
CIMG2017.jpg

劇団炎舞・橘炎鷹座長(2016/6/4)
CIMG9073.jpg

劇団天華・澤村千夜座長(2016/5/22)
CIMG8887.jpg

劇団飛翔・恋瀬川翔炎座長(2016/4/24)
CIMG8469.jpg

劇団都・藤乃かな座長(2016/6/26)
CIMG9922.jpg

劇団KAZUMA・藤美一馬座長(2016/6/25)
CIMG9764.jpg

拙ブログを読んで下さっている方も、きっとみんな大好きな劇団をお持ちのことだろう。
その長たる彼(彼女)へ、よければ一緒に喝采を。
背負って、引っ張って、走り続ける王様たちへ。
一緒に、乾杯を!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)