【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾七]舞台裏のプロたち―「浅草木馬館」の裏方さんに会いたい!

ある座長さんが、特別ショーのために作られた舞台セットを指して。
「これが木馬館ですよ!他のどの劇場で、こんなセット作ってくれますか?!」

また別の座長さんは、数年ぶりに出すお芝居について。
「この芝居は、木馬館か篠原演芸場じゃないとできないんです。ここでしかセットが用意できないから」

どんな道具でも作れる。
どんなセットでも用意できる。
だから、芝居ができる。私たちが舞台を楽しめる。
同じ時代にいてくれてよかった、浅草木馬館!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾七]舞台裏のプロたち―「浅草木馬館」の裏方さんに会いたい!



――今回、木馬館の支配人さんにインタビューさせていただこうと思った最大の理由があるんです。木馬館で公演される役者さんが、皆さんそろって、「木馬館の裏方さんは本当に何でも作れる」「どんな道具でも用意できる」っておっしゃるんです。

支配人・篠原由高さん(以下、篠)  あ、本当ですか…(笑) うちの劇場の場合は、他の劇場さんと比べて舞台が広くないですし、楽屋なんかも広くない。そこで、どこを売っていくかっていうのを考えたときに、舞台・大道具で売っていこうかっていう話になったんです。それで道具に力を入れてはいるんですけど。

――道具に力を入れるっていうのはいつ頃からの方針ですか?

篠  うちの社長の代からですね。祖父(※)の頃はまだそんなでもなかったんですけど。現在の社長の段階から、やっぱり大道具にちゃんと力を入れようって。劇場なんだからって。劇団さんに作ってって頼まれたら、極力“できない”っていうのは言わないっていう、うちの劇場のポリシーがあるんです。

――すごいですね…「できないって言わない」。

篠  “無茶”と“無理”はまた違うんで…“無茶”っていう場合は、もうできないんですけど。“無理”はある程度はきくっていうスタイルでやってるんです。


⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

“やっぱり大道具にちゃんと力を入れよう。劇場なんだから”
“劇団さんに作ってって頼まれたら、極力できないっていうのは言わない”
聞きながら、うわああ、むちゃくちゃかっこいい言葉…!と。
バタバタした準備中、こころよく取材をOKしてくれた支配人・篠原由高さん、棟梁さんに改めて感謝します。
そして河内十人斬りの画像を瞬時に送ってくれた、劇団炎舞のファンクラブの運営さんにもm(_ _"m)

木馬館について、学生時代に論文もどきを書いたことがある。
そのとき知ったのは、「篠原孝昌さん」という一人の興行師の挑戦が、すべての始まりだったということ。
1977年、安来節の小屋だった木馬館を「大衆演劇の劇場にしよう」と孝昌さんが決めたとき。
大衆演劇は経済的にどん底。
「もう一度旅芝居に花が咲くはずない」と、あらゆる方面から白い目で見られたそうだ。

それから今年で39年。
木馬館の開場前には、長い列が劇場を取り巻いている。
孝昌さんから息子の篠原淑浩会長へ、さらにその息子の篠原由高支配人へ受け継がれながら。

木馬館の二階へ上がるとき、階段の踊り場の壁に「木馬館思い出写真集」のコーナーがある。
すると舞台でマイクを持って挨拶する、孝昌さんの写真に出会う(記事中にも写真を掲載しています)。
「いらっしゃいませ!空いている席へご案内しますよ!」
階上から、従業員さんの声とお客さんの声が降って来るのを聞きながら。
先日、孝昌さんの写真を見つめて足を止めた。
――この人が作ってくれたのだなぁ。

CIMG1009 - コピー

記事には載せなかったけど、夕闇の木馬館も大好きです。

浅草寺を通り抜けるあたりで、観劇仲間にばったり会ったりすることもたまにある。
「奥山おまいりまち」の門まで行けば、顔見知りの人を見かけたり。
振り向く顔は、“これから観劇”という熱で、みんなどっかウキウキしている。

「大衆演劇やってます!もうすぐ開演ですよ!」
今日も元気な、呼び込みの声が聞こえてきた。

私たちの、浅草木馬館!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)