劇団KAZUMAお芝居『赤尾の林蔵』・1―橋の下のおうち―

2016.6.25 昼の部

『赤尾の林蔵』について、芝居好きの友人たちと語ってみたい事。
“宗太”の一生って一体何だったんでしょうね…?

6/25、お仕事で再び大阪へ。
劇団KAZUMA on オーエス劇場というだけでも胸熱なのに、加えて玄海竜二会長がゲスト!しかもずっと観たかった初当たりの『赤尾の林蔵』!
なんか私、祝福されてる…!(大衆演劇の神的なものから)

林蔵に玄海さん、清水の次郎長に藤美一馬座長、そして林蔵の子分・宗太に柚姫将副座長。
今回の記事では、将さん演じる宗太の話をしたいと思います。

柚姫将副座長(当日個人舞踊「酔歌」)

この将さん、黒髪の美丈夫…!

宗太は、島流しにされた林蔵親分を、たった一人で18年間待ち続けている。
「林蔵親分のお若い衆も大勢いたけれど、一人また一人といなくなってねえ…でも宗太さんが、ただ一人残っていなさるよ。橋の下に小屋を立てて、そこに住んでおいでです」
一幕目の茶屋。18年ぶりに島から戻ってきた林蔵(玄海竜二会長)に、茶屋の主人(龍美佑馬さん)が宗太のことを教える。
幕が閉まり、再び開くと。
そこは貧しい橋の下の小屋――宗太の住まい。粗末な布団から起き上がる将さんは、薄汚れ、髭がぼうぼうに伸びた姿。
二幕目で描かれるのは、この小屋を代わる代わる訪れる、五組の来客だ。

初めの客は、佑馬さん演じる茶屋の主人。
「すまねえなぁ、いつも」
宗太は朗らかに笑い、不自由な片足を引きずって客人を出迎える。

龍美佑馬さん
CIMG9757.jpg

「宗太さん、どうですか体の調子は」
口ぶりから、主人が長年、宗太を見守ってきたことがわかる。
「何かあったら、私に何でも言ってくださいよ」
「ああ、わかった。すまねえ、ありがとう」
去り際、差し入れの卵を渡す主人。宗太の傍らに置かれるそれは、黒地にピンクの花の描かれた風呂敷で包まれていて、ボロ小屋の中で一点、花咲くよう。貧窮の底だからこそ、素朴な心やりが花結ぶ。
佑馬さんと将さん、このペアの温かさが染み入る場面だった。

二番目に訪れた人物に、穏やかだった宗太の雰囲気が一気に剣呑になる。
「宗太お前、ここで賭場を開いてるそうだな。俺んちにショバ代を払えって言ってんだ」
ここらを牛耳る瓦屋の代貸し(藤美真の助さん)とその子分。
「賭場って…好きな仲間うちだけで集まって、あんなもん、なぐさめ程度じゃねえか!」
「やかましい!ここで博打やったら、俺たちにショバ代を払わなきゃいけねえんだ!」

瓦屋をどうにか追い返した後。三番目に小屋の入り口に姿を現したのは、影をまとった股旅姿。
「宗太」
将さんの横顔が驚きに固まる。
「その、声は!」
不自由な片足で、転がるように駆け出る。
「親分…!」
待ち続けたその人。

ゲスト・玄海竜二会長
CIMG9755.jpg
玄海さんの林蔵は、始終抑えた感じの語り口が印象的。

「親分、ご赦免、おめでとうござんす…!」
体をべんっ!と平たくしてひれ伏す宗太。
「何もないうちですが、ささ、ここへ座ってくだせえ!」
自分が寝ていた布団を折りたたんで座布団代わりに。林蔵は苦笑しながらそこに腰掛ける。

喜色満面だった宗太の顔が曇るのは、林蔵から自分の女房はどこだ、と尋ねられたとき。
――申し訳ござんせん。
この一言を皮切りに語られる、痛々しい記憶。
「親分がいなくなってから、姐さん自ら賭場回りをするようになって。ある日、姐さんが出かける折に、若ぇ者の吉松と俺と、二人でついていったんです。そうしたら、ほっかむりをした物盗りの連中に囲まれて」
「吉松がやられそうになって、俺は助けようと場を離れちまった。そのときに目ざとい奴がいて、俺が離れた隙に姐さんを斬りやがったんです」
「吉松もかわいそうに、殴られ、蹴られ、斬られ…。俺もこの足をやられちまった…」
膝の上の拳。まるで昨日のことのように、全身に悔しさを蘇らせて。

将さんの語り口の中に、ふと気づかされた宗太の人物像。
この人の中には、まだ死んだ仲間がいる。守れなかった姐さんが今もいる。
繰り返し思い出し、18年。
斬られた片足を引きずり、18年。

四番目の来客は、林蔵の娘・千代(千咲凛笑さん)とお付きの小政(華原涼さん)。千代は清水の次郎長に預けられていたが、父がご赦免になったと聞いて帰って来たのだ。懐かしい顔ぶれに、小屋の中は幸せな空気に満ちる。
「お嬢さん、大きくなりましたね~!小政の兄貴、お久しぶりでござんす!親分、ちょうど今お嬢さんを迎えに、清水へ行ってしまったところなんですよ」
林蔵とは入れ違いになってしまい、千代と小政は再び清水へ戻っていく。
束の間の喜びが、終わる。

宗太の小屋にやって来る、五番目の客。最後の客。
再び瓦屋が子分を連れてぞろぞろと入って来る。
「おい、ここへ林蔵が来ただろう」
「いや、知らねえな」
冷たく言い返すと。
子分の一人の刀が、宗太の腹に突き刺さる。目を見開く宗太に、次から次へと冷たい刃がひらめく。
瓦屋が出ていった後、虫の息の宗太は床を這う。
「俺はこんなところで死ぬわけにはいかねえんだ…」
将さんの大きな目が、虚空の上のほうを凝視していた。こめかみに汗が滴る。
「ようやく親分が帰って来たんだ、まだやることがある、俺はこんなところで…」
けれど意志に反して、這っていた指は床に崩れる。
“親分!”という最期の叫びを残して。
たった一人、誰にも看取られない死。

これからだった。
18年の辛抱の末にようやく林蔵が帰って来て、彼の幸福は今からだった。
望みをナタでブツンと切るように、容赦なく死は訪れる。そこに何の情もない。意味もない。
一体何のための、人生。

でも。
小屋の隅に置かれたままの、卵の入った風呂敷包みに、優しい花模様が咲いている。

宗太が死んだ小屋を見ながら思い出されたのは、ついさっきまで訪れていたたくさんの温もり。
“宗太!”と、会えた嬉しさいっぱいのお嬢さんの声。
布団に腰掛け、宗太の話を聞く林蔵の笑顔。
なぐさめ程度の賭け事に興じる仲間もいたという。

“宗太さん、何かあったら言ってくださいよ”
彼の一生に、優しい人もたくさんいた。
“姐さんが出かける折に、若ぇ者の吉松と俺と、二人で”
どれだけ歳月が経っても忘れがたい、いなくなった人の記憶も一緒に抱えて。
橋の下のおうちは、いつも賑やかだった。

殺される直前の場面、ひと眠りしようとして。
「おやすみなさい」と客席に笑いかけて布団にもぐる宗太は、朗らかという言葉を絵に描いたようなニコニコ顔だった。
柚姫将さんという役者さんの芝居に、じんわりとにじみ出る、他者への慈愛。
だから宗太役も、決して可哀相なだけの人物でなく、愛情に満ちた人生を想像させるものだったのだろう。

さて2では玄海竜二さんの林蔵について語ります。
この方の時代に間に合った一観客として、決して忘れられないだろうと思います。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)