【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾六]舞台を照らして26年―劇団炎舞の照明・橘みつおさんの話

役者さん以外にも、芸の人はいる。
照明さん。音響さん。大道具さん。棟梁さん。
表舞台に出ない、でもなくてはならない技術の人々。
裏方として大衆演劇を支える方のお話を、前から聞きたくってたまらなかった。

…実現しました!
勇気を出してよかった!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾六]舞台を照らして26年―劇団炎舞の照明・橘みつおさんの話

CIMG0256.jpg

「俺の話で大丈夫かな…」

と照れながらも、インタビューに応じてくれた。橘みつおさん。十条・篠原演芸場で公演中の人気劇団、「劇団炎舞」の照明を務めている。この6-7月の劇団炎舞の東京公演。周囲の観劇仲間やTwitterを通して聞こえてくる評判は、役者さんの魅力や芝居の内容だけに留まらない。
「照明がすごい!ただ明るいんじゃなくて、影の美しさがちゃんとあるの」
「曲に合わせて、光の感じが全然違う!」
照明に感嘆する声がタイムラインに溢れた。

大衆演劇の舞台はいずれも、表舞台に出ない裏方さんによって支えられている。その直接の言葉を聞いてみたい。「ぜひお話を!」とみつおさんにお願いしたところ、7/3(日)夜の部終演後の篠原演芸場にて時間をいただくことができた。劇団炎舞をよく観ている友人一人と一緒に、筆者は演芸場二階のロビーでみつおさんと向かい合った。


⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

6月からの炎舞の東京公演。
「みつおさんの照明に感服」
「舞台に残された傘に照明。みつおさんの技巧!」
炎舞ファンの多い友人たちから、劇団炎舞の橘みつおさんへの称賛をよく聞くようになった。
舞台をギラギラ照らすのではなく、影のとろける美しさを残す照明。

「みつおさんにインタビューをさせていただけませんか?」
劇団との間に入って下さっている方に、この連絡をしたときは緊張しました。
座長さんをはじめ役者さんは、インタビューなんて慣れきっている。機会が多いからこそ、何の肩書きもない素人がお話を聞かせてください!と申し込んでも、アッサリいいよ~と言って下さるけど。
照明さんだし、困ってしまわれたらどうしよう。
だから、快諾いただいた、と聞いたときは本当に嬉しかった。

インタビューにしょっちゅう同行してくれる友人と、今回も一緒だった。
インタビュー後、記事に使って~と、いつ・どこで撮ったかまで詳細に示した「みつおさんの技」写真集を送って来てくれた彼女のおかげ!

この記事が出てすぐ。
ずっと炎舞を支えてきた方から言葉をいただいた。
『ありがとう』
自分の中で宝物のような言葉になりました。文を書いてきてよかった、と思いました。

インタビュー当日、目を見張った光景がある。
お昼の部のラストショーは『風雪流れ旅』だった。
この日はみつおさんが照明をしているところがよく見えるよう、篠原の二階席に座っていた。
二階席から見下ろした、薄暗い青と雪の風景。

CIMG0100.jpg

舞台の床に映っている、彼らの身体。
まるで湖面に立つようだ。
まるで薄氷を踏むようだ。

光を作り出す人は、影も作り出す。
右のほうの照明席では、みつおさんが迅速に機械を操作していた。

ショー終了後には大きな拍手が沸き、私もできる限り懸命に手を打った。
炎鷹座長へ。役者の皆さんへ。そして立ちっぱなしの照明席で、疲れた足をようやく休めているその人へ。

照明さん。音響さん。大道具さん。棟梁さん。
観客席からのたくさんの拍手が、裏にいる彼らの耳にも響きますように。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)