まな美座お芝居「質屋の娘」―死ぬまでお前を―

2016.4.21 @メヌマラドン温泉ホテル

一人で退屈そうに土を蹴る。
次は一人でけんけんぱ。
大きな質屋の娘・お福ちゃん(里見剣次郎さん)が遊んでいる。
つまらなそうに拗ねた顔で、朱色の振袖をフリフリ揺らしながら。

「幼い頃の高熱で、お福はあんな身体になってしまった」
「姿はもう20歳だけれど、頭の中は5、6歳の子どもとおんなじ」
お福の母(島崎寿恵座長)が語るように、大きな幼児を思わせる一人遊びが続く。

里見剣次郎さん

(芝居後の口上のお写真。可愛くて元気なお福ちゃん、演者が成人男性なのを忘れます)

どーしても、まな美座さんがメヌマに居てくれる4月のうちに、もう一回観たい!
…というわけで会社員の最終手段・有給休暇を駆使して、観劇仲間2人とメヌマへ。
当たった芝居「質屋の娘」、終盤の場面は、ずっとずっと心にとっておく財産になりました。

いくら頭の中身が子どもだって、お福ちゃんだってもう大人。恋もする。好きな人ができた。優しい手代の進次郎(市村新さん)だ。
娘の恋心を知った母は、進次郎に頭を下げて頼み込んだ。
「進次郎、どうかお福をもらってくれないだろうか」
「お福はあんな子だ、外に女を作ってもかまわない。でも家に帰って来たときだけは、あの子にニッコリしてやって、優しい言葉をかけてやってほしい…」
進次郎は恩ある女将の頼みとあって、「わかりました」と了承した。

女将は破顔一笑、歓喜に顔を崩して。
「ああ!よかった、よかった…!ああ、なんて嬉しい日だろう。今日はもう仕事どころじゃなくなった!」
心底安心した!という寿恵さんに、母親の愛情が打ち響く。このお母さんが頭の弱い娘の将来のことでどれだけ心を砕いてきたか、その喜びっぷりでわかる。

島崎寿恵座長
CIMG8381.jpg
(この日の個人舞踊は『くらやみ橋から』。作り出す物語性が圧巻!)

でも実は、進次郎には想い合う相手がいたのだ。それがお福の世話係りのお小夜(夢一途さん)。
「お福お嬢様、どうかお幸せに…」
お小夜はお福の幸せを願い、身を引こうと決めた。その折たまたま、お小夜の姉(媛野由理さん)が、病気の母の薬代のためにお小夜を訪れる。夜、お小夜は姉を追って、質屋を出て行ってしまう。
「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」
このシーン、恋しそうに姉を呼んで舞台をはけていく一途さんがとっても良かった!

夢一途さん
CIMG8393.jpg
(暗いお写真になってしまいましたが、晴れやかな笑顔がかわいい!)

奉公先で恋を諦める決意をし、身の置き所がなくなったとき。
久しぶりに触れた姉の温もりに、家族のところへ無性に帰りたくなる…そんなお小夜の心細さが、短い呼び声でぴりっと伝わった。

進次郎はお小夜が残した置き手紙に気づく。
大慌てでお福を呼び、真実を話す。
「お福お嬢様…申し訳ありません、私は嘘をついていました。実は、私はお小夜さんが好きなんです」
だがお福は能天気な笑顔を浮かべたまま。
「でも、進次郎はお福のことも好きなんでしょ?」
「はい」
「じゃあ、進次郎と、お福と、お小夜と、三人で一緒になろ?」
「ああ、三人で一緒になることはできないんです。お福お嬢様への好きと、お小夜さんへの好きは違うんです」
「どう違うの~?」
なんと言えばお福に伝わるのか…考えあぐねた進次郎は、あえて本心にないことを言う。
「お福お嬢様なんか、大っ嫌いです」
ショックで呆然とするお福に、進次郎は平身低頭で謝る。

でも、お福ちゃんは心のきれいな子だったので。
ショックから立ち直ると、自分が着るつもりで引っ掛けていた花嫁衣裳を、進次郎に渡してやる。
「これ、お小夜に持っていって」
さらに、店のお金もどっさりと進次郎に押し付ける。
「持っていくの!早くお小夜を追っかけて!」
進次郎は恐縮しながら、お小夜を追っていった。

「進次郎、行っちゃった。お小夜もいなくなっちゃった。お福、一人ぼっちになっちゃったー…」

ぽそりとつぶやいて、一人遊びを始めるお福。
うつむいて、つま先でポンポンと地面を飛ぶ。
剣次郎さんの醸す、小さな少女の情景。

家の中から、娘のそんな姿をのぞき見て。
母はわなわな手を震わせ、声を出さずに泣き崩れる。
それでも涙を振り絞り、どうにか心を落ち着けて。
暖簾の隙間から、いないいないばあのポーズをしてみせる。
「お福ちゃん、かわいいお福ちゃんは、どこですかー…?」

この母娘の空間だけ、時間が止まったみたいだった。
子どもはみんな大人になって、働いて、恋をして、親元を去っていく。まさに進次郎とお小夜のように。
でもお福の頭は5歳。いつまでも子どものままで、母の傍にいる。

「お母様、長生きしないでね」
振袖姿でコテンと座り、真剣なお福の横顔。
「お母様、お福のためにずっと苦労ばっかりしてきたから、あんまり長生きしないでほしいの」

お福の思いに打たれ、母は滂沱の涙を流す。
「この子がこんなことまで考えていたなんて…」
寿恵さんは一つ一つのセリフごとに肩を震わせ、膝を叩き、自分に言い聞かせるように。
「バカだったのはあたしのほうだ。世間の目なんか気にして」
「もう、死ぬまでお前を放さないよ。お前が嫌だと言ったって放しやしないよ」
やがて気丈に涙をぬぐい、すっきりとした表情で告げる。
「でもね、お福。悪いけど、あたしはうんと長生きをするつもりだから。お前には付き合ってもらうよ」
「泣いても一緒、笑っても一緒。どうせ一緒なら、笑って生きたほうがいい」

観劇仲間はみんな、親子ものの芝居にめっぽう弱い。終演のときには、私たちのテーブルは涙、涙で大洪水に(笑)

大衆演劇の芝居は、時折、観客席にうずく痛みを映し出すことがある。
お福ちゃんのような家庭が、現実社会にもたくさんあることだろう…
この世に用意されている表通りは、あんまり狭い。
世間から貶められて、それでも生きてきた人間の爪痕を、芝居が抱きとる。芝居を通して、私たちはこの世に出会う。

ぴょんぴょんと、元気に揺れる振袖。
“かわいいお福ちゃんは、どこですか?”
芝居を貫く、温かなまなざしと。
まな美座の一人一人が見せてくれた、情こぼれる演技。

質屋の屋根の下、しっかりと抱き合う母娘の風景を、何度も思い出す。
“もう、死ぬまでお前を放さないよ”
それはまるで、希望を含んだ一枚の絵みたいだ。
“お前が嫌だと言ったって放しやしないよ…”

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)