【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾参]こんな世界があったのか!劇団天華・千夜座長にお芝居の話を聞かせていただきました!

昨年11/8(日)の“喜び”は忘れられない。
SPICEで篠原演芸場おにぎり特集の取材をさせていただいた後、偶然そのまま劇場に残っていて、劇団天華を初めて観た。
関西ではすでに人気の劇団さんと聞いていたので、遅ればせながら…。

昼の芝居が『三人出世』。
夜の芝居が『芸者の誠は石清水』。
昼夜の間、十条駅前のミスタードーナツで友人たちに興奮のLINEを送りつけていた。
「天華のお芝居、面白い!視座の持ち方がすっごい!」
(当日の興奮を綴ったブログ記事)

壁だと思っていたところが実はカーテンで、それが目の前でいきなり開かれたような、爽快感!
全国どこかにいる大衆演劇ファンが、まだ天華の芝居を観たことがなくて、もし、一人でも私と同様の喜びを味わっていただける方がいたら…
そんな風に思い、SPICEで書かせていただきました。

大衆演劇の入り口から[其之拾参]前編・こんな世界があったのか!「劇団天華」への招待 GWは大阪公演



(記事本文より抜粋)
あ! と “驚く喜び”。

華やかな洋風のドレス、コミカルなショー、宙づりを組み込んだアクロバティックな演出―大衆演劇はそんなこともできるんだ!定番のお芝居に新しい息が吹きこまれ、まったく違う切り口で迫って来る―このお芝居にはそんな見方もあったんだ!

「劇団天華」の客席に座るときは、まるで行き先のわからないキラキラ派手な車に乗り込むような気分。まっすぐの道でも突然右ハンドルを切ったりする。次はどこへ連れて行ってくれるのだろう?次はどんな風景に出会うのだろう?

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

そしてもういっちょ。
千夜座長にインタビューを申し込んだところ、快諾いただきました!
滋賀・あがりゃんせでお話を伺いました!

大衆演劇の入り口から[其之拾参]後編・聞かせてください、お芝居の話!澤村千夜座長(劇団天華)インタビュー!

CIMG6614.jpg

(千夜座長インタビューより抜粋)
―― 最近の大衆演劇雑誌のインタビューで、大事にしてることは何ですかっていう質問で、「型破りであること」とおっしゃってましたね。型を破っていくことっていうのはいつ頃から意識されてるんですか?

千 ここ3、4年くらいかなぁ…。やっぱね、特別公演的なことをするときに、なんかそれなりに人目を引くようなことをしなきゃいけない。最初、僕の中で記憶にあるのが、梅南座での『牡丹灯籠』ですね(2011年誕生日公演)。今までお師匠さんから教えてもらったお芝居しかしてなくて、誕生日公演でも初めてオリジナル的なことをしたんです。自分で、師匠に教えてもらった芝居じゃないのを、やった。そのときにすごく達成感があって、お客さんも良かった~って、こんな芝居初めて観たとかいう感想を言ってもらえて、すごく嬉しかったですね。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

あがりゃんせの最寄り・おごと温泉駅は、京都駅からJR湖西線で20分ほど。
閑散とした湖西線の中、手帳にインタビューの質問項目を整理しながら、き、消えたい…くらいのド緊張でしたが。
いざインタビュー開始となると、せっかくご多忙極まりない中お時間いただいてるのに、緊張してる場合じゃない…!と必死スイッチが入りました。

華やかで、若々しくて、キラキラしている天華さんだけども。
芝居の根本には、非常にまっとうな、昔ながらの人情が広がっているように感じます。
弱い立場の者への慈しみがにじむ、大衆演劇ならではの芝居。
それが、澤村一門のお芝居の持っている力なのでしょうか。

あと、インタビュー中にとってもほっこりしたこと。
『お里沢市』についての話題になったときの千夜さんの発言。
「出入りとかする特殊な舞台になるんで、どこまりできないんで」

どこまり…

「どこでも」って意味の愛媛のお国言葉ですね。
(記事では読者にわかりやすいよう標準語にしています)
ふるさとの言葉は舌に残るものなのだなぁ、と心温まった瞬間でした。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)