【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾弐]・熊谷で震えた!「まな美座」心の芝居

メヌマラドン―て、なんだか恐竜みたいな響きですね。ラドン。
そこへ2年ぶりに来てくれたまな美座!
ストンと体に落ちるセリフの一つ一つが、心地いい。
伸びやかな手足の一振り一振りが、気持ちいい。
アットホームな温泉旅館の空気のひと粒ひと粒が、肌にやさしい。

『わたしだけの戦争 つげの櫛』が終わって振り返ると。
友人たちがみんな目を真っ赤にしてボロボロと泣き、そこのテーブルだけ大惨事みたいになっていた(笑)

私たちと同じ時代に、この劇団さんがいてくれることの喜びを、書かせていただきました。

大衆演劇の入り口から[其之拾弐]・熊谷で震えた!「まな美座」心の芝居

CIMG8058.jpg

きらびやかな衣装より、豪華な舞台装置より、ただ魂震わせる芝居が観たい。そんな方は、ぜひ一緒に「まな美(び)座」を観に行きましょう。

3/12(土)午前11時、JR熊谷駅の改札前。筆者含め4人の大衆演劇ファンの友人が集まった。見合わせる顔は、それぞれやや眠たげ。東京住まいの筆者の場合、熊谷に来るまでに2時間かかる。それでも休日の朝の電車に揺られてやって来たのは、この熊谷で3月・4月公演している、「まな美座」の芝居が観たい一心だった。メンバーの一人の車に乗り、熊谷駅から20分程度の「メヌマラドン温泉ホテル」へ向かった。

アットホームな温泉旅館だ。足を踏み入れると聞こえるのは、地元の常連さんや団体客の宴会、楽しそうなカラオケの歌声。そこに流れてきたアナウンス。

「ただいまより、まな美座のお芝居を開幕いたします」

女性座長・島崎寿恵(しまざきひさえ)さんの声だ。ここでの公演は2年ぶり。2年前、寿恵さんを初めて拝見したとき、役が体に細やかに憑依しているような演技に驚嘆した。いよいよ3/12(土)の芝居『わたしだけの戦争 つげの櫛』の幕が開いた。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

大衆演劇はかつて、前狂言があって切狂言という芝居2本立てが基本だったそう。
さらに、前狂言・中狂言・切狂言という芝居3本(!)の時代もあったとか…
(なんて贅沢な…)
旅芝居の数少ない資料をめくると、食い入るように芝居を観る観客の様子が写真に残っている。

もちろん現代だって、それぞれの劇団さんは華やかなショーをしつつも、芝居を大切にしているけれど。
当時の旅芝居は、名前通り芝居がすべてだったのだなぁと思う。
舞踊は、芝居をする役者さんが“踊っている”という、プラスアルファのお楽しみであって。
芝居こそが根幹であり、息吹だった。
観客もずずっとその中にもぐりこんで、物語の中で息をひそめた。
その時代を私は知らない。

けれど、まな美座の寿恵さん、剣次郎さん、新さんたちの姿を観ていると。
その昔から今までの時間が、舞台に一直線に流れているのを感じることがある。

里見剣次郎さん(2016/3/12)
CIMG7610.jpg

きりきり立つ身体の線の美しさ。

島崎寿恵座長(2016/3/26)
CIMG8057.jpg

流れる身のこなしの中に、情がぽっと燃える。

ここにある身体は確かに、あの時代の続きなのだ…
その舞台をまぎれもない現代の役者さんが、現代の私たちに見せてくれていることが、とてつもなく嬉しくなるのです。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)