【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之拾壱]・なぜ立川に劇場を?「立川けやき座」社長さんに会ってきました!オープンから半年

東京の大衆演劇に新しい劇場が仲間入りした、2015年8月1日から早半年。
今の立川けやき座の様子を書かせていただきたくて、どきどきしながら2月上旬に電話をかけた。

勇気を出してみるもので。
けやき座を経営する五光建設の代表取締役・中原誠一郎さんにお話を伺えました!

大衆演劇の入り口から[其之拾壱]・なぜ立川に劇場を?「立川けやき座」社長さんに会ってきました!オープンから半年



――この立川の地に劇場を作ろう!と思われたきっかけは何だったんですか?正直、この時代に劇場を作るって大変だと思うんですが…

中原誠一郎さん(以下、中)  大変、大変、大変(笑)  ただ、健康ランドも劇場も、それだけ専門で経済的なことを考えてやってる人は、大体失敗してると思うんです。もう儲けはチャラか、いっそ赤字でも、他の業種で稼げてる場合はなんとかやれるかなと。

――五光建設の建設業のほうがきちっとされているからできると。

中 私も年齢的にも事業承継する年齢なんで、少し、大衆演劇の文化を守っていこうかなぁと…。元々、このビル自体が五光建設の持ち物だったの。二階のテナントが出て、歯医者さんが入るようになったときに、じゃあ一階をどうしようかって。そこでけやき座を始めようと思ったの。経済的な利益を考えてというより、大衆演劇という文化のため…半分、ボランティアですね(笑) 

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

中原社長、立川けやき座の従業員さんたち、お忙しい中ありがとうございました!!
そして常々助けてくれる友人が、今回もまた一緒に来てくれたことにも感謝。
いつもありがとう!

今回の記事を読んでくれた方の中には、大衆演劇ファンでない演劇ファンの方も多くいたようだ。
演劇ファンの方や、地元立川の方。
“劇場”を切り口にすると、普段大衆演劇に接しない方も興味を持ってくれるのがありがたく、嬉しい。

さてさて。
中原社長へのインタビューを通してわかったのは、けやき座は利益を第一には目指していないということ。
大衆演劇という「文化」のため。
お年寄りの暮らしを元気づけるという「社会貢献」のため。
舞台でお客さんを笑顔にするという「人々の幸福」のため。

「一番大事なのは、お年寄りは何か目的がないと外に出たいというのがないですよね。こういうもの(けやき座)があると外に出たいという気持ちが起きて、それだけでも暮らしの活性化になるんじゃないかと」
と笑顔で話してくださった。

広く世のため人のため。
世知辛いこの世の中で、生き馬の目を抜くようなこの業界で、とても嬉しくなってしまうお話だ。
だからなのか、けやき座の廊下や、壁や、客席の間の空気は、穏やかに明るい。

とはいえ、この劇場が広く知られるのはこれから。
昨年9月、けやき座ができて2ヶ月めに乗った橘小竜丸座長(橘小竜丸劇団)は、こんな風に語っていらした。
「新しい劇場は浸透するのに1、2年はかかるでしょうね。外でけやき座どこ?って言われて、ああ、あそこって言われるようになるのに、最低でも1年。まだまだ日にちも、努力も、けっこうかかります。劇場さんのほうが、これを辛抱できるかどうかです」
決して焦らず、どっしりと大きく構えていらした。
⇒橘小竜丸座長&鈴丸座長インタビューはこちら(SPICEサイトに飛びます)

「立川駅のそばに、劇場ができたんだよ」
一人ずつ、知人・友人に話して。
一緒に足を運んで。
昼の部が終われば徒歩5分のミスドで過ごして(笑)、また夜の部へ。

これから、これから。
立川けやき座は、私たちが作っていく小屋。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)