たつみ演劇BOXお芝居「武士道残酷物語」―望遠鏡とルーペ―

2016.1.10 夜の部@三吉演芸場

「軍平の実直なところとか、不器用でうまく立ち回れないところとか、一人の人間としてとてもよくわかりました!」
興奮冷めやらぬ送り出しで、たつみさんにお伝えした。

勝手なイメージだけど、たつみさんの芝居の持ち味と言えば、弱気を助け強きをくじくヒーローとか(『花盛り 高田馬場』の安兵衛)。
おっとりと品良い殿様とか(『一心太助 天下の一大事』の家光公)。
市井のしがらみを振りほどいた、無敵の強者や殿上人が、あの超美貌にぴたりとハマる。

でも『武士道残酷物語』では。
「わしもそろそろ出世をせねばならん。うまく立ち回ることも考えねば」
眉を寄せて真剣に言う五十嵐軍平は、ただひたむきに日々を生きる人間だった。

小泉たつみ座長(1/10舞踊ショー)


たつみさん演じる軍平は浅野家に仕える草履取り。主君はまだ幼児の浅野長矩(わかこさん)。軍平は、江戸家老の鬼頭(宝良典さん)の横暴を事あるごとに止めるため、鬼頭にすっかり睨まれている。毎回、大石内蔵助(小泉ダイヤ座長)が軍平をかばってとりなしてくれることで、なんとか事なきを得ていた。

宝良典さん(1/19舞踊ショー 当日のお写真で良いのがなく別の日から…) 
鬼頭の残忍さも誇張のない重みで演じられていました!
CIMG6061.jpg

軍平の“家族の情景”が良かったなぁ。冒頭、花見の席で鬼頭と一悶着あった後、軍平はつましい我が家に帰る。
「お帰りなさい。今日はずいぶん早かったんですね」
と笑顔で迎えるのは、妻・しの(辰己小龍さん)と愛児・いつき(本当の名前もいつきさん!)。
軍平はすっかりリラックスした表情で、
「いつき、母はお前に厳しいか?教育熱心だからな~」
と子の顔をのぞきこみ、愛しげに抱き上げる。
「よし、せっかく早く帰れたんだ、父と遊ぼう」
この場面、いつきさんを可愛がる、たつみさんの温かなまなざしが非常に印象的。“お父さん”の愛情が舞台に溶け出る。
小龍さん演じるしのは、夫の羽織りをこなれた手つきで受け取り、父子のやり取りをニコニコと見守っている。
3人だけの小さな家の中の風景は、この後の展開があまりにも凄惨なためか、かえって記憶の中でくっきりとした暖色に彩られている。

家族団らんに割り込む、突然の鬼頭からの使い(嵐山瞳太郎さん)。急務で屋敷に来いという。使いの文を読み、軍平の顔つきがきりりと引き締まる。
「この命をうまく果たせば、鬼頭様は今までのことを許してくれるかもしれん。そうしたなら、わしは出世ができるかもしれんのだ」
「出世をすれば、お前たちにも、もっと良い暮らしをさせてやれる!」

急ぎ屋敷に駆け付けた軍平に、鬼頭は重々しく告げる。
「実は、浅野家の中に反逆者が見つかった。その反逆者を始末してもらいたい」
「お前の腕は、目隠しをしていても相手の場所がわかり、斬ることができるという」
「反逆者が誰かなぞ、お前ごときが知ってよいことではない!目隠しをして、顔を見ずに斬るのだ」
言われるがまま、目隠しをして刀を握る軍平。そこに連れてこられた“反逆者”が、猿轡で声を封じられたしの・いつきだと気付かないまま、刀を振るってしまう。

軍平が騙されたことに気が付くのは、鬼頭の短刀に手をつぶされた後。舞台には痛みに苦悶する軍平と、白い布に包まれた首二つが残される。
動かない手で必死に包みの一つを開けて、軍平は絶叫する。それは変わり果てた妻の首だった。
「しの!なぜ、なぜ、このような姿に――誰がこんなことをしたのだ…!」
しばらく間を置いて、悲痛な細い声。
「わしか…」
そして、愕然ともう一つの包みを見つめる。“反逆者”として斬ってしまった、片方が妻なら、もう一方は誰なのか。
目を見開いて、口をうつろに開けて、信じがたい、信じられない、でも小さな包みの中に入っているのが何であるか、絶望的なまでにわかってしまう――
たつみさんの目、この世の終わりを見るような目だった。

地に這いずって、片腕に妻の首を抱き、もう一つの小さな首を凝視する。人間の抱きうる最も深い絶望が、一人の男の身体をよぎっていく。
あ、今すごく、構造的に高い視点が用意されているな…このとき感じた俯瞰の目が、ラストにも現れる。

最後に軍平は鬼頭への復讐を果たす。が、自らも幾度も斬られ、さらに主君を守るために長矩のお茶に盛られた毒を飲んだ。明らかに死は間近だった。
「上様、どうか一言、言葉を」
ダイヤさんの大石が涙しながら頼むと、わかこさんの長矩が淡々と言う。
「大義であった。余は忘れぬぞ」
その一言に瀕死の軍平は、血まみれの顔をくしゃくしゃにして笑う。すべて報われたと言わんばかりに。両手を握り合わせて、小さな主君に頭を下げる。
「もったいのうございます…!!」
そして幕が閉まる直前、最期の叫び。
「しのー!!いつきー!!」

人間としてここまで酷い目に遭っても。
『余は忘れぬぞ』
幼い殿様の一言が、武士・五十嵐軍平を救済した。
“軍平と家族”という温もりが、現代の私たちにとても近く感じられると思った次の瞬間。
“お家に仕える”という武士道の巨大な歯車が現れて、そこに生きている人々の血も涙も巻き取られていく。
望遠鏡のように時代の流れを静観する目と、人間の汗に接近していくルーペのような目が、芝居の骨格に鮮やかに現れて。
さっすが小龍さんの脚本だ…!!(結局いつもここに落ち着く)

生きる時代は選べない。生きる場所は選べない。
だからこそ、その時代の倫理で、ただ懸命に生きる五十嵐軍平の姿が、“私たち”の分身としてこんなに愛しく思えるのだろうな。
あまりに悲しい話なので、好みの分かれるお芝居とのことだったけれど…
個人的には、たつみさん主演の芝居の中で一番好きかもしれません!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開コメントの方

コメントありがとうございます。
色んな思いを生む…強烈なお芝居だと思います。
また、ぜひいらしてくださいね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)