【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之参] “新時代”を開く目 二代目・恋川純座長

炎を想像する。
この瞳を見ていると、高く高く、燃え上がる大きな火が浮かぶ。
次の時代へと走っていく、熱のかたまり。

二代目・恋川純座長に寄せて、連載[其之参]、書かせていただきました!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之参] “新時代”を開く目 二代目・恋川純座長
CIMG4514 - コピー
桐龍座恋川 二代目・恋川純座長(2015/2/7)

わわ、吸いこまれる。こんな引力の強い瞳があるだろうか?視線が心臓までずぃーっと入って来るような感じがして、客席で動けなくなる。ぐぐ、と舞台の上の彼の視線が持ち上がれば、私の心身も一緒に持ち上がっていくみたい…。

その目は、新しい時代をつくる目だ。大衆演劇の未来を切り開いていく目だ。全国で130を超える劇団の中でも、トップクラスの人気を誇る「桐龍座恋川劇団」。率いる座長は、二代目・恋川純さん。


⇒続きはSPICEでお読みくださいませ



↑をクリックいただいたら、上から3枚目のお写真をぜひご覧ください。
友人の花浅葱さんのカメラがとらえた純さんと、息子の桜奨くんのショットが光っています。

友人たちの写真、発言、情報、そしていつも温かいSPICE編集部の心遣い…
SPICE記事はいつもながらに色んな方な助けられまくり、支えられまくりで書いております。

純さんについて思い出すのは2年前の「一本刀土俵入り」
そして今年4月、篠原演芸場での座長襲名記念公演での「翼をください」
芸達者なのに加えて、“もっともっと巧くなりたい”という思いが体中に弾けている役者さん。
…24歳だと何度言われても信じがたい。

SPICE記事では「一本刀土俵入り」に言及させていただいた。
長谷川伸×恋川純って…こう、ピタっ!と「ハマるべきものがハマった」感がありませんか?
情に厚く、強く、少し哀しく、揺らがない―
そんな人間像が、戯曲からも役者からもスルリと掬い出されて、舞台の上で結ばれる。

老獪さすら感じさせる純さんなので。
時々初代さん=お父さんと芝居で絡んでいるのを見ると、息子さんらしい可愛らしい表情が見えてなにか安心したりする…(笑)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

誤用

SPICE記事の文面にある『彼は若干24歳』は誤用です。
まず年齢を指すのに「若干」は使いません。
また本来は20歳を表すのに「弱冠」という言葉を用います。つまり先の記事では二重に間違えていることになります。

>かな様

ご指摘ありがとうございます。
自分の無知・不注意、本当に恥じ入ります…。
おかげで一つ、賢くなることができました。
読んで下さったこと、お言葉いただいたこと、嬉しく思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)