【SPICE】潜入レポート!8/1(土)オープン直前 大衆劇場「立川けやき座」(大衆演劇の入り口から・番外編)

関東の大衆演劇ファンの皆様。
いよいよですね。
できますね。
この関東に、大衆演劇の新劇場、できますね。

関東のセンターさんの閉館が増えている中で、曇天に飛び込んできた陽光のようなニュース。
……やったあー!!

喜び勇んで、立川けやき座の潜入レポートを書かせていただきました。

【SPICE】潜入レポート!8/1(土)オープン直前 大衆劇場「立川けやき座」(大衆演劇の入り口から・番外編)
ブログ用

「大衆演劇、興味はあるけどまだ観たことない!」
そんな方には絶好の機会だ。東京・立川駅――1日平均乗車人員数16万人の主要駅。ここから徒歩約8分の距離に、大衆演劇の専門劇場が誕生する。
「たくさんの人に、立川けやき座のファンになってほしい」
と語る、山口道明支配人。現在、東京の大衆演劇の劇場は浅草・木馬館と、十条・篠原演芸場の2劇場のみ。3劇場目に加わる「立川けやき座」は、8/1(土)にこけら落としを迎える。
7/25(土)、私は開場直前のけやき座を訪れた。最後の仕上げ中の劇場は、新しい“物語”が始まる高揚感に満ちていた。ここでどんなお芝居が、舞踊が繰り広げられるだろう?大衆演劇ファンの間では話題沸騰の「けやき座」に、一足早く潜入させていただきました!


⇒続きはSPICEでお読みくださいませ




記事でも書かせていただきましたが、お客さん目線の工夫に溢れた小屋でした。
なんとも愛嬌たっぷりの支配人の愛情が、劇場のあちらこちらから感じられます。
開場直前で一番お忙しい時期だろうに、快くご案内してくださったことに感謝が尽きません。

そして、生まれて初めて開場前の劇場というものに入って。
なんだろう、あの、誰もいない客席に満ちる高揚感。
ここから扉が開きますよ、と。
ここから歴史が始まっていきますよ、と。
椅子が、舞台が、ガランとした楽屋のドアが、ざわざわ言っているみたいだった。

慣れ親しんだ劇場も、かつてこうやって始まったのだろうな。
1951年、篠原演芸場も。
1973年、三吉演芸場も。
1977年、浅草木馬館も。
(木馬館の場合は、正確には大衆演劇を始めたのが1977年でその前は民謡と安来節の劇場でした)

今、2015年に、大衆演劇ファンでいられて良かったな。
私は、立川けやき座の歴史の初めのほうのページに潜りこめる。
劇場の“物語”を始める一員になれる。
友人たちと一緒に、同時代を生きているお客さんと一緒に。

2015/8/1(土)、立川けやき座こけら落とし。
この先何十年の“物語”の、始まり、始まり。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)