橘劇団お芝居「弁天小僧菊之助」

2015.5.23 昼の部@三吉演芸場

「今日の大ちゃんは、良いよ!」
喫茶「マエカワ」の長身のご店主は、まるで自分が張りきるように言った。
観劇の前に、お連れした方とランチタイム。
三吉演芸場から徒歩30秒の「マエカワ」で、ハムエッグ定食を頬張っていると、ご店主が私に近寄って言ってくれた。
私も浮き立つ気分で答えた。
「弁天小僧ですもんねー!」

橘大五郎さんと、弁天小僧。
なんか、これ以上ないってくらいしっくりくる組み合わせだ。
二つの性を行き来する、妖し愉しの人気者。
飛び出す腕は勇ましく。
裾を割る脚は艶めかしく。
“男”をのぞかせ、“女”をまとう。
“大五郎十八番狂言”と銘打って、『弁天小僧菊之助』!

橘大五郎座長(当日個人舞踊「愛燦燦」より)


あらすじは、いつもの痛快劇。
色欲深い三島の殿様(水城新吾さん)は、花売り娘(三條ゆきえさん)を手籠にしようとさらってしまう。
義賊である弁天小僧(橘大五郎座長)は、それを救いに乗り込んで行く。
殿様を出し抜くための可憐な姿で。
伊勢屋の一人娘“お菊”として。

大五郎さんのぶりっ子女形は、なんであんなに可愛らしいんでしょうね。
彼の持つ清潔感がベースにあるのか、いくらぶりっ子してもギャグにならない。
これは良い意味であざとい!と思ったのが、奉公人の弥吉(橘良二副座長)への受け答え。
「はい」とか「ええ」とかと答えるべきところを、あえて、
「うん…」
と、いかにもねんねの令嬢風に。
頼りなげに首を曲げる姿、とろけるカマトトの可愛さ。
(弥吉は、実際は菊之助の兄弟分の南郷力丸)

「慣れないお酒を飲んだものだから…目が、くる、くる」
ぽーっとした喋り方で、言葉の間をたっぷり溜めて。
「胸が、どき、どき…」
新吾さんの三島の殿様じゃなくたって「なんと愛いことを申すのか!」って抱きしめたくなるのはわかる。

その可愛さに、殿様が騙されて百両を差し出した後。
お菊は、壁に縋ってしくしくと泣き真似をしてみせる。
「菊は、悲しくて泣いているのではありません。お殿様の御親切がありがたくって、嬉し泣きでございます」
その可憐な声の陰で、実は指で唾を頬にぺたぺたなすっているのだけど。

私が大衆演劇で出会う弁天小僧は、これで3人目。
一人目は松井悠座長(劇団悠)。
可愛らしいお菊の振袖姿で、かったるそうにヤンキー座りをする、相反する色気が印象的だった。
二人目は小泉ダイヤ座長(たつみ演劇BOX)。
目覚ましい美貌を境にして、まばゆいお菊の顔と切れ味の鋭い青年の顔が、軽妙に入れ替わっていた。

大五郎さんのお菊は、砂糖菓子のようにでろでろに甘い。
“女”のお菊のときに、“男”の片鱗も見せない。
「お殿様」って縋りつく声が、瞳が、溶け落ちる感じ。

だから最後に、この外題らしく。
“男”と“女”が見事に二つ現れる場面が、ちゃんと用意されていた。
お菊の正体がバレてからの、立ち回りの場面だ。
待ち伏せしていた三島の家来たちを、衣装を解きかかった弁天小僧が、夕闇の中で翻弄する。

『森の石松 閻魔堂の最期』でも書いたけど、立ち回りのセンスの良さは、橘劇団について最も感嘆することの一つだ。
チャンバラの中に、これは見物という絵がきっちり押さえられている。
橘すばるさんの抱える梯子に、お菊=大五郎さんが一気に飛び乗り、数段駆け上がる。
梯子の上で静止して、決め!
このとき、大五郎さんのバランス感覚もさることながら、梯子+大五郎さんを一人の腕で支えきっていたすばるさんにも拍手。

立ち回りのとき、お菊は“半分女、半分男”の姿。
顔は艶やかに紅を施したまま。
島田に赤い髪紐を結んだまま、体は男の動きをする。
骨太の(元々けっこうガッシリ系かな?)脚が剥き出しになって、力強く舞台を蹴る。

男は赤い女をまとい、女の顔が男の牙をむく。
動き回る大五郎さんの身体を見ているうちに、その影が男か女かわからないところへ、ゆらゆら倒錯していく。
アンドロギュヌスの愉悦が濃く浮き出る。

――とか言うと堅苦しいけど、とにかく弁天小僧という存在は気持ちがいい。
男と女の良いとこ取りで、どっちにもつかない。
一番腹立たしい権力者の男を、手弱女の姿でやり込めてくれるカタルシス。

大五郎さんが舞台前方にずずいと腰かけて、
「知らざぁ言って聞かせやしょう!」
と言ったが早いか、客席からかかった声。
「待ってましたっ!」
流れ出す歌謡曲。
“牡丹のようなお嬢さん”…♪

そのとき菊之助=お菊=大五郎さんの微笑みは。
可愛く、勇ましく、艶めかしく。
まっこと、牡丹のようでした。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)