劇団悠お芝居「化猫」

2015.3.22 昼の部@浪速クラブ

『化猫』。
妖怪大好き人間には、なんて心踊る題だろう。
「どんなのかしらねぇ」「楽しみですねえ」
浪速クラブでお隣になり、仲良くなった80代のご婦人と開演を待った。
松井悠座長がなりきる化猫は、人間と猫の狭間をうごめく。
恐さと妖しさ、恨みと哀しみが、行灯の下で鳴く。
にゃおん!

松井悠座長(当日個人舞踊『ルージュの伝言』より)


劇団悠の浪速クラブ公演は、この2週間前3/8(日)にも見ていた。
驚いたのは、初乗りにも関わらず客席が満員なこと。
そして座員さんがみんな元気いっぱいなこと!
一人一人、こっちまで嬉しくなってしまうくらい元気で。
初めての浪速クラブの一ヶ月を、とにかく成功させようとする気概がひしひしと伝わってきた。

劇団悠の個人的な印象は、お芝居の構成がキッチリ練られている感じ。
素地に舞台・映画・本のオマージュらしきものが、私の知識でも気づくくらいはっきり見えることがある。

『化猫』の前半は、冷え冷えする恐さだった。
すず(松井悠座長)は、農村出身の身ながら、殿様(ゲスト・飛雄馬さん)の寵愛を一身に受けている。
面白くないのは、家臣の半三(高橋茂紀さん)。
そして半三の妹・萩江(高野花子さん)。
「お兄様!殿はあんな女の所ばかり行かれる…悔しゅうございます」
「案ずるな、萩江、必ずお前を殿の奥方にしてやる。そうすれば、殿はわしの思うがまま」
兄妹は密談する。
ほくそ笑む半三の手には、薬の紙片。
「これをよく効く薬と偽ってすずに。中身は、劇薬じゃ」

何も知らないすずが、半三からの薬を飲む場面が恐い。
「ああ、なんて苦いお薬…」
体は本能的に劇薬を嫌がり、思わず顔を背けてしまう。
せき込みながら、すずは必死に薬を飲む。
悠座長の儚げな姿と相まって、なんて恐い図だろう…。

薬は少しずつ、すずの体を蝕む。
美しかった姿はやつれ、殿の愛情も薄れていった。
久々に殿がすずの部屋を訪れたと思いきや。
「お前は、しばらく別荘で過ごしたらどうかと思ってな」
静養のため(実際は厄介払いのため)、山奥の別荘へたった一人で行かせるという。
すずは弱った体で、必死に泣いて抵抗する。
「別荘は人ひとり通らぬ、寂しい所だと聞きます。なぜすずがそんな所へ行かねばならないのです、嫌です!すずはお殿様の傍にいます!」

ついに半三に猛毒を飲まされて、すずはのたうち回る。
苦悶の場面が凄まじい。
すずが前半で酷い目に遭わされる場面がたっぷりあるので、後半の復讐劇にも説得力が生まれる。
しかし、はんなりした雰囲気の悠座長が髪を乱して喘ぐのを見ると、やっぱりかわいそうすぎるコレは…!

瀕死のすずは、すべてが半三と萩江の企みだったことを知る。
虚ろな目でゆらりと立ち上がり、飼っていた猫の名を呼ぶ。
「タマ…嬉しい時も悲しい時も、いつも一緒にいたお前」
「この身に代わって、お前が生き替わり、死に替わり」
「わらわの恨み、晴らしてくりゃれ…」

このとき、何か飛んだ飛んだ、と客席がざわついた。
確かに何かがサッ!と舞台を横に飛んだのだ(速すぎて見えない)。
あれが“タマ”なのかな?

後半は、“タマ”と“すず”が一体になり、白髪カツラ+化猫メイクの悠座長。
猫の仕草で手を丸めて、床を這い、舞台の表裏を自由自在に動き回る。
家来たちに追われ、戸板返ししたり、バリィっ!と障子をぶち破って客席正面に飛び出してきたり。
多分今まで観た大衆演劇の芝居の中でも、アクロバティックな演出という面では一番だったと思う。

特に私が楽しみにしていたのが灯篭抜け!
秋田のお友達から「悠座長の灯篭抜けはスゴイよ~」と伺っていたからだ。
舞台端に設置された灯篭を、飛んでくぐって舞台から消えるという演出が3回もあった。
そのたびに大きな拍手が沸いた。
何より見せ場の一つ一つに、客席を盛り上げてやろう!驚かせてやろう!という演じる側の高揚があって、心地良かった。
(しかしこの芝居、体がある程度軽くないとできない芸がいっぱい…)

そして、アクロバットと同じくらい。
人間と妖の溶け合ったような、悠座長の化猫の雰囲気が素晴らしい。
白い着物がしなやかに翻り、白い髪に埋もれた目つきが尖る。
一番ゾクゾクしたのは、化猫が家来二人に見つかる場面。
行灯の陰からヌッと白髪が現れ、逃げまどう家来に指を伸ばす。
家来は縛られたように動けなくなる。
ツツツーッと家来二人を足から逆さに釣り上げ、中央に仁王立ちする化猫!

この芝居は相当な運動量があるらしく、悠座長は口上のときには汗だくになっていた。
『化猫』の芝居は、元々お父様の松井誠さんがやっていたそう。
28年前、お父様が三吉演芸場で『化猫』をやっているとき、お母様が産気づかれて悠座長が産まれた…という、非常に縁深いお芝居ということだった。

しかし、個人的に最大の思い出は。
終演後、隣席のご婦人が、
「すずの恨みわかるわね、私も同じ目にあったら化けて出るかもしれないわ~」
と大変安らかな笑顔で呟かれていたことかな…。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)