一條雷矢さんのお面踊りの話

2013.8.3 夜の部@梅田呉服座

繰り返し、思い出している。
もう1年以上前、梅田呉服座で見た個人舞踊だ。

その夜、彼は、狐みたいに跳ねたのだ。
客席を覗きこんで、出っぱった花道めがけて、舞台をポーンとひと蹴り。
強面のお面、ギラギラしたお着物、芯の通った肉体。
私の頭の中で、今も跳躍する。

一條雷矢さん(2013/8/3 夜の部@梅田呉服座)


昨年夏の大阪旅行中、訪れた梅田呉服座。
たまたま8/3(土)は、龍美麗座長の誕生日だった。
私の前列の、女の子の集団は、盛んに美麗―!と大声援。
客席の盛り上がりの波は、どの役者さんよりも美麗座長が登場したときに、格段の熱を帯びた。

その空気に飲まれずに。
自分の全力を見せてくれたのじゃないかな、と思った舞踊があった。

回転、急転、板を踏みしめてジャンプ。
柔軟に肩を落とし、腰を落とし、腕を突き出し。
お面がギュンと客席を見据える。
客に喰らいつくような、真っ赤なお口!

閃光みたいだ。
若さのままに迸る、強烈な光。
後で調べたら、一條雷矢さんというらしかった。

その名前をまた目にしたのは、『演劇グラフ』2014年4月号の、読者の写真投稿コーナー。
写真は、おそらく送り出しで撮られたもの。
雷矢さんはカメラに向けて微笑し、拳を握っている。
“やる気はだれにも負けません。”
と、投稿された方のキャプションが添えられていた。
全身が叫び出すみたいな、梅田での舞踊を思い出した。

三度目に名前を目にしたのは、今年の夏。
暴力事件のニュースにまつわる、喧噪の中でだった。

8月の末、金曜の夜遅く。
大衆演劇ファンの友人からのメールで、騒ぎを知った。
次第に、大けがを負った役者さんの名前も耳に届いた。

ニュース記事に散らばった言葉が、ざらざらと運ばれてくる。

“顔面骨折の重傷”

彼の顔。
白粉片手、アイライン片手に、思考錯誤を重ねた化粧顔。
より舞台映えする色は。
よりお客さんにカッコよく見える線は。
昼夜公演のたびに、鏡に焼きつけられた、役者の顔。

“目の骨を折るけが”

彼の目。
お面の下から、客席に放たれた。
若さ元気さ、溌剌とみなぎっていた。
開かれた道の先を、見つめていた目。

事件に関しては、色々なことが言われている。
私が飲み込んだ唯一の事実は、一人の若い役者さんが、大衆演劇の舞台からいなくなったということ。
もうあの踊りには、全国のどの劇場でも、どのセンターでも、出会う日は来ないということ。

梅田呉服座からホテルへの帰り道、私はスマホをぺたぺたいじっていた。
あの雷矢さんって、名字は何だろう。やっぱり南條?
いや、検索したら違うみたい。
一條。
一條雷矢さんか。

きっと今後、成長株になるだろうな。
私がずっと大衆演劇ファンをやっていたら、聞く名前になるだろうな。
覚えておこう。



覚えておこう。

8月の末、金曜の夜遅く。
スマホの画面を、逮捕者の映像が通り過ぎていった。
私の頭の中には、お面の影が走っていった。

もう寒い時期になった。
ニュースのもたらした震動は、時間が経つにつれ、弱くなっていくようだ。
私はまだ、のろのろと後方にいる。
置き去りにされたお面を、拾い上げる指を待っている。

私は雷矢さんのファンでも何でもなく、ただ一度、観ただけの客だ。
それでも、大衆演劇ファンとして、一つの舞台がこんな風になくなったこと。
繰り返し、振り返るだろう。
何年経っても、繰り返し、呟かずにはいられないだろう。

あの夜、彼は、狐みたいに跳ねたのだ。
客席を覗きこんで、花道めがけて、ひと蹴り、ポーン…

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)