玄海竜二一座お芝居「天竜親恋鴉」

2014.8.3 夜の部@浪速クラブ

「あっしはやくざでござんす」
ぽとり。
「やくざでござんす」
ぽとり。
「仁義を切りやす」
玄海竜二さんが、置き土産のように、ぽとりぽとりと言葉を残す。
「親もおりません。親という名のつく者は一人もおりません」

きれいな役者さんの、きれいな芝居を見られたと思った。

写真・玄海竜二座長(当日舞踊ショーより)


会社員にも夏休みがあって。
これを書いている現在、まだ夏休み真っ最中なので書き手はかなり浮かれ気分。
そして、私はまた大阪に来ておりました!

台風で列車が運休と遅れを繰り返し、遅れて駆け込んだ浪速クラブ。
「天竜親恋鴉」の一幕目に間に合った。
天竜村の茶屋を舞台に、茶屋を切り盛りする宗兵衛(大島竜志さん)と、娘のおみつ(愛京花さん)が談笑している場面だった。

宗兵衛とおみつは、橋の欄干に引っかかっていた旅のやくざ(玄海竜二座長)を助ける。
宗兵衛には、やくざになりたいと飛び出して行ったきりの息子・正太郎(沢村菊乃助若座長)がいた。
そこで、旅人は約束する。
「命を助けていただいた礼に、その正太郎さん、あっしが探しやしょう」
「でも、あんまり長くなっちゃあいけねえや。今から一年後、また祭りの頃に、正太郎さんをここに連れて来ますよ」

初めて見る玄海竜二会長は、とにかく“きれいな役者さん”という印象だった。
九州演劇協会の会長さんだもの、確かに歳は、重ねておられる。
でも、軽やかな股旅姿が美しい。
目の筋を鼻を唇を、り、り、り、と墨で引いたような形が美しい。

そして何より、セリフの言い方が。
「あんた…」
聞きやすい声で。
「あんた」
合間に絶妙な間を挟んで。
「正太郎さんか」
間の中に、ポーンと音が並べられると、その意味が増しまして響いてくる。

約束の一年後。
親子の再会は、嘆きに終わる。
旅人は、正太郎の遺骨を天竜村に持ち帰ったのだ。
しかも、悪党に騙されて、旅人自身が正太郎をその手にかけてしまった。

せがれの遺骨を抱きしめて泣く宗兵衛を、旅人は見つめる。
やがて、その口から、身を切るように紡ぎ出す。
自分には親がいないこと。
やくざが世間からつまはじきにされるのも、当然だと思っていること。

「親にはぐれて、こんな世界に足を踏み入れてしまいました…」
玄海さんの伏せられた目が、じっと地面を舐めている。

「天竜親恋鴉」という外題の“親恋”は、まず宗兵衛と正太郎の親子のことだと思うけど。
この場面で、私には、もう一つの想像が打ち響いてきた。

玄海さんの視線は、徐々に、徐々に、空を見上げる。
苦しそうに、切なそうに。

「やくざの世界の中で、裏街道を歩きながらも、表街道を歩きたいと…自分の信じる正義を刻みながら、一つ一つ…生きておりやす」

旅人が、“表街道”の生き方を、市井の人間のもの柔らかな暮らしを渇望する心が、滲んでくる。
子供が親を恋うる姿にも似て。
「正太郎さんのことを、あっしは一生背負っていきます…」
しゅるりと投げられた縞の合羽が、一瞬傘のように膨らんでから、大きな体に巻きつく。

やくざもののお芝居を、これだけ毎週のように見ているというのに。
やくざであることの哀しみが、こんなに深く伝わってきたお芝居はなかった。
昔から、やくざものがどうして人々の心を惹きつけてきたのか、少しだけ分かる気がした。
親を持たない、帰るところを持たない、その孤独。

終演後、連れと近くの居酒屋に駆け込んで、「玄海さんの芝居がすごい」「声がすごい」「間の取り方がすごい」とひとしきり騒いだ。

ところで玄海さんは、やくざの芝居とか渋い舞踊をやっているときと、打って変わって。
舞踊ショーで「小林旭メドレー」をニコニコ踊っている姿は、とっても親しみやすかった。
というか失礼ながら、めちゃめちゃ可愛かった。
こんな感じである。↓



ある方の「玄海さん、くまモンみたいじゃない?」というたとえを聞いて、合点。
そうだ…何かに似てらっしゃると思ったんだ…

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

昨日の三吉演芸場(橘のゲスト出演)で、玄海さんを拝見しました!
ツイッタ-でお萩さんが「股旅姿の格好よさ」を書いていた事があって。そぅ?かな?
と思っていたけど・・・。
最高に格好良かった-----!!!
溜息一つがセリフになる。傘をずらしてお顔が見えた時には「キャ-」と絶叫(内心で)。口上では「ふふっ」と笑える和やかな雰囲気に。
ネットで検索すると、熊本で芝居小屋をされているのでしょうか?
こんな方が営む芝居小屋。いつか行ってみたい!
老いも若きも、老若男女が社会の垣根を越えて芝居を楽しむ暖かい場所。そんな空間さえ想像してしまう程、魅力的な舞台でした♪

>のん様

24日の三吉にいらしていたのですね~私もこの日は行きたかったのですが行けず…(T_T) なので、おかげで舞台の様子を知ることができて嬉しいです✨ 

たまらないですよねー!格好いいですよねー!傘をずらして顔が見えた時に「キャー」となるの、すごくわかります~目に浮かぶようです。
豪胆で、でもどこか繊細で…玄海さんがキリリと決めた舞台姿には、条件反射でハッ!と観客の体を波打たせる何かがあるような気がします。
熊本の片岡演劇道場は私も一度行きたいと思ってます♪ 玄海さんのブログを読んでいても、ファンと交流している様子が温かく伝わってきて、玄海さんの芝居小屋もこんな温かな雰囲気なのかしら…と。

今日、Twitterで息子の沢村菊乃助さんから心配なお知らせが発表されましたが、必ずまた会頭に舞台で出会えますよね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)