劇団花吹雪お芝居「太助と家光」②桜春之丞座長の太助編

2012.12.22昼の部@川越温泉湯遊ランド

前回の竹千代編に続き、お芝居「太助と家光」感想。
今回は桜春之丞座長演じた太助編。

写真・桜春之丞座長(12/22舞踊ショーより)


「本当に太助に見える…」
この日一緒に行った観劇仲間の呟き。
本当に、春之丞さん何者なのだろう。
役ごとに、雰囲気が根底から変わる。
声が変わる。
表情が変わる。

役者さんはもちろん、皆ある程度そうなのだけど。
春之丞さんの変化っぷりは、あまりにもさらりと行われるので。
「頑張って演じてる」感が全くない。
まるで生まれたときからこの性格でしたよ、と言う風に、幕が開けばさらっと別人。
う~ん、水甕の底はまだまだ見えない。

今回の役どころ・太助は魚屋さん。
お芝居冒頭、酒の勢いで10人くらいの女性に「皆俺の嫁になりゃあいい」って豪語しちゃって女房のお仲さんを激怒させたエピソードがあるように、少々プレイボーイ。
喧嘩が強くて肝が座っていて男前、そりゃあ女性は放っておかないだろう。
口もよく回るけど、それ以上に手が早いのが玉に傷。
でも彦左衛門に竹千代を任せられるくらい面倒見がいいし、根本的には気が良い男。

世間知らずの竹千代がいちいちやらかすたんび、
「違う!ちっがーう!」
と突っ込みながらもしっかり指南はする。
着替えてこいと言われて、竹千代が着てた着物の上に別の着物を重ね着してきた(しかも上下逆で)ときは、さすがに盛大にため息。
でも、
「ほら、脱ぐときは手ぇパーにしてたら脱げねぇだろ。グーにして」
なんて脱ぐのを手伝ってあげる。
そんな兄貴気質の持ち主。

ぽやんとした竹千代と、きびきびした太助。
この二人のやり取りがお芝居の核でした。

それがちょっと崩れて可笑しかったのは、太助が竹千代にメザシの頭を食べさせる場面。
やり取りのうち、江戸っ子であるはずの太助が、
「なんや」
って一回関西弁でポロっと言ったもんだから、
「江戸っ子ではないのか」
って竹千代に突っ込まれる。
それがきっかけで春之丞さん、関西弁モードに切り替わったのか?
「苦いところが美味いねん」
って思いっきり関西弁でセリフ言って場内爆笑。

「だから、だから!」
って大声で仕切り直すのが可笑しくって。
完璧に仕上がったキャラクターだけに、ほんの少し役者さんの素が覗くとなんだかホッとします。

いや、もしや、それすらも?
ちゃあんと計算のうち、お客さんを沸かせるための演技?
春之丞さんの美しい笑みを観ていると、そんな気もしてきて唸りが漏れる。

ところで、劇中描かれなかった半年間の町人修行はどんなだったんだろう。
それに、竹千代が即位した後も、太助との友情と恩は続いたんだろうか。

「お芝居の世界の続きが気になる」のは、いいお芝居だった証。
だっていいお芝居って、終わってしまうのがもったいない。
こんなに楽しい世界が、キャラクターが、もう幕が閉じたらいないんだと思うと悲しい。
幕待って!この世界が閉じるの待って!
なんて叫びが出そうになります。

「太助と家光」。
劇団花吹雪特製の人情喜劇は、まだまだ食べたいと尾を引く味。
でも次の演目がもう待っているので。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)