新喜楽座お芝居「大江戸出世美談 新門辰五郎」

2014.6.29 昼の部@大島劇場

きれいな心の、きれいなお芝居。
役者の中村菊之丞(松川小祐司座長)は、汚いなりのおこもさんに、嫌な顔一つせず。
おこもさんが自分の贔屓になってくれると言うと、ありがたいと頭を下げる。
「どうか、末永く可愛がってやっておくんなさい」
「いただいたこの五文、どんな小判よりもありがたい…」

菊之丞役が肌に吸いつくような、芯からきれいな役者さんだった。

写真・松川小祐司座長(当日舞踊ショーより)


「大江戸出世美談 新門辰五郎」。
劇団によっては「稲川と新門」ってお外題でやっているところもあるとか。
“役者と贔屓”の関係を描いたお芝居だと知り、ずーっと見たいと思っていた。

役者・中村菊之丞(松川小祐司座長)は、上方から江戸に出てきたばかり。
芝居はうまいのに、知名度がないので贔屓がつかない。
大黒屋(金井保夫さん)にコケにされ、顔に傷までつけられて、屈辱に歯噛みしていたところ。
「あんたの芝居、すごいなぁ。大したもんや」
「わしが、あんたの贔屓になったるわ」
声をかけてきたのは、ボロボロの身なりのおこもさん・六助(松川さなえさん)だった。
菊之丞は、笑顔でお願いしますと頭を下げる。

六助は、実はおこも連盟(面白い設定だ…笑)の副会長だったので。
今度は、おこも連盟の会長(松川翔也副座長)が、菊之丞の家を訪れる。
「六助から、話を聞いてな。中村菊之丞っちゅうのがどんな役者か、確かめに来たんや」
「あんたの人柄が気に入った。わしも、あんたの贔屓したるわ」

菊之丞は喜ぶけど、弟子たちはドン引き。
菊之助(大和歩夢さん)も、菊太郎(松若さやかさん)も、汚い身なりの会長に嫌悪を隠さない。
「わしは、おこも連盟の会長やからな。わしが贔屓になったからには、あんたの芝居の客席に、全国のおこもたちをずらーっと呼んでやるからな!」
こんなことを言われれば、菊之丞師匠の名折れとばかり、弟子二人は真っ青になる。

だけど菊之丞は、ニコニコ笑って。
「へえ、ぜひお願いします」
このキャラクターはきれいすぎて、現実味がない…
――演じていたのが小祐司さんでなければ、そう思ったかもしれない。
小祐司さんの、可愛らしい笑顔で言われると、なんとなく腑に落ちる。
「ほら、菊之助、お客さんの履き物脱がして差し上げんと。弟子がえろう失礼いたしました」
セリフの言い方一つ、仕草の一つが、とても清廉な感じがする。

小祐司さんの演技をよく見ていると、菊之丞は完ぺきな聖者ってわけでもないみたいだ。
「贔屓と役者の盃や。飲まんかい。あちこちの居酒屋からもらってきた残り酒やけど」
と言って、会長に得体のしれない酒を差し出されると、流麗な眉が一瞬寄る。
やっぱり菊之丞だって、戸惑っているのだ。
でも次の瞬間、すぐに「いただきます」と笑顔で飲み干す。

「つまみも必要やな。これがあるわ」
と言って、会長の汚いずた袋から出て来るのは、剥き出しのちくわ(笑)
菊之丞はやっぱり一瞬顔が引きつるけど。
「おおきに。ほな、いただきます」と頬張る。

弟子たちはそんな師匠に呆れて、ついに「お暇をいただきます」と告げる。
「おこもさんに物もろうて、飲み食いするわしが、嫌か…そんなわしには、ついて来れんか」
さすがの菊之丞も、悲痛にうつむく。
それでも。
「なら、出て行け」
大事な弟子を失って、ひとりきり残されようとも。

菊之丞は、最初から、一点の曇りもない善人というわけではなくて。
身を削って、できる限りを尽くして、善人であろうと努めているのか…

この場面の小祐司さんは、並んだ歩夢さん・さやかさんのほうでなく、厳しい目線で虚空を見上げている。
まるで、言葉を自分自身の身の内に刻むみたいな、決めゼリフ。
「あの大向こうから、河内屋、菊之丞、とハンチョウかけてくださるお客様に、金持ちの大臣も、貧乏なおこもさんも、身分の上下はないんやで!」
弟子を失っても、貫くべきは。
心にあるのは。
菊之丞の人となりが、小祐司さんの醸し出す雰囲気と、さわやかに絡み合う。

小祐司さんは、2年前から、他劇団のゲストで何回か見たことがあった。
少し小柄な、ほっそりした体躯と、少女めいた顔立ち。
今年の1月1日から座長になったと聞いたときは、ちょっとびっくりした。
座長というと、みんなを引っ張る強い力が必要そうだけど。
あのちょっとおとなしそうな感じの人が、座長さんに?

この日、大島劇場の千秋楽で。
松川小祐司座長は、やっぱり少女みたいな美貌で、物腰柔らかだった。
だからこそ、きれいな中村菊之丞の役が、すんなりと身の丈にハマっていた。
内側にじっと思いをしまっているような、内省の深さが感じられるからこそ。
現実から浮くくらいに優しい役が、抜群に映えていた。

オマケ。
下の写真は、お芝居後の口上挨拶から。


お芝居の小道具に混ざっていた、テディベアを抱っこしての一枚。
普段口上の写真は撮らないのだけど、これは思わず激写。
こんなにテディベアの似合う成人男性は、なかなかいないと思う…!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)