劇団花吹雪お芝居「太助と家光」①桜京之介座長の竹千代編

2012.12.22昼の部@川越温泉湯遊ランド

写真・桜京之介三代目座長(12/22舞踊ショーより)


どんな料理でも最高級の味を用意してますよ、お好みはどれ?

劇団花吹雪は、すごいなぁ。
有名な超人気劇団だし、そんなの当たり前のことなんだろうけど、
やっぱり思います、すごいなぁ。

今回でまだ3回目の鑑賞だけど、毎回お芝居の味わいが違うように感じるのです。
毎回、別々の見どころがあるように思うのです。
それも、抜群の成熟度で。
だから「前回のほうがよかった」っていうことがないもの。
今回は人情喜劇、前回は悲劇その前は喜劇でありつつも、どかーんと感動させるメインディッシュ付き。
一回一回が、全部別の味でどれも美味しいもの。

さて本題。
今日のお昼の部のお芝居は「太助と家光」。

もうすぐ三代目将軍に即位する予定の竹千代(桜京之介三代目座長)。
だが、江戸城内には竹千代を陥れようとする柳沢一派がいる。
竹千代の身を案じた大久保彦左衛門(寿美英二さん)は、昔自分に仕えていた魚屋の太助(桜春之丞座長)・お仲(小春かおりさん)夫婦に竹千代を半年間預けることにする。
ただし、太助とお仲には竹千代の身分を隠し、「貧乏旗本の三男坊で素行が悪いから、一人前の男に更生させてやってほしい」と告げる。

感想書いてたらすごい長くなったので、2記事に分けます。
まず、京之介座長の演じた竹千代編!
将軍なので当然だけど、ボンボン。
もっと言うと、お育ちのいいボンボンの長所が前面に出てるキャラクター。

動作が全てゆったり、しなやか。
表情があまり変わらず、どこかぽや~んとした雰囲気。
気品と威厳だけはたっぷり。
そして滲み出る、大事に育てられた人特有の「ずるさの無さ」。

脱線するけど、個人的にこういうキャラが大好きなんです!
今日の竹千代を観ていると、脳裏に浮かぶ我が心のボンボンキャラ。
たとえば最愛ムービー「アマデウス」のフランツ・ヨーゼフ2世だとか。
漫画「銀魂」の将ちゃんとか(こっちのがまだわかる人多いはず…)。

それは置いといて、とにかく竹千代は世間知らず。
太助にキラキラのお召し物を「着替えてこい」と言われれば、
「うむ、持って参れ」。
「腹が減ってるだろう」と言われれば、誰かが用意するんだと思って笑顔で、
「よきにはからえ」。
割り箸を知らなかったので、目の前で箸が二つに割れるのを見て、滅多に出さない驚き声で、
「誰かおらぬか!褒美をとらせよ!」
ああ、ボンボン。

そんなこと言っては太助に突っ込まれたりはたかれたりするけども、嫌な顔一つせずに、
「あい、わかった」。
素直で賢くて優しい。
京之介さんの人の良さそうな感じが、またこの役にハマるのです。

半年間太助に鍛えられて、すっかり町人生活に馴染んだ竹千代。
竹千代じゃなくて竹どんと呼ばれ、太助に対しては、
「へい親分!」
太助の近所に住む娘・おきみ(小春あきなさん)とお祭りデートしたりして、ホントに普通の庶民の青年みたい。

でも結局将軍様なので、最後には真相が明かされ、城に帰るのです。
去り際、おきみさんに
「また一緒に祭りに――」
と言いかけて。
自分の後ろに控える家来衆を見つめ、
「そのようなことはもう叶わぬか…」
って言うのが寂しい。

将軍様の中にいつまでも、太助の子分・竹どんの部分が残ってればいいな。
そんなことをぐるぐる想像させられるような。
優しい面差しの京之介さんならではの名演でした。

次は春之丞座長の太助編だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)