章劇・瀬川伸太郎さん個人舞踊「滝の白糸」

2014.3.15 夜の部@浅草木馬館

「不二浪劇団」の座長さんが、事情を経て、章劇にいらしているというのは聞いていた。
姿のかっこいい人だなぁ!というのが第一印象。
ミニショーの立ちの踊りも、お芝居の股旅姿も、背が高いので黒の衣装が決まる。
180センチはあるだろう、大きな体躯が敏速にきびきび動く様が気持ちいい。

だから、女形の個人舞踊が「滝の白糸」とアナウンスされたときはちょっとびっくりした。
儚げな悲劇の曲、がっしりした体でどう踊られるんだろう?

写真・瀬川伸太郎さん(「滝の白糸」より)


―心だけ下されば 倖せだから
どうぞどうぞ 行って下さい 東京へ―


やっぱり180センチの白糸、大きいな…(笑)とは思ったけど。
それ以上に惹きつけられたのは、潤んだ目。
はつはつと光る熱を湛えて、目線は、相手の男性に遠く投げかけられる。
祈りを流し送るように、手を合わせて。

―夢があなたに 叶うなら
苦労もかえって 愉しいと―


くるりと翻って。
相手との思い出を懐かしむみたいに、ため息まじりに空を仰ぐ。

私の見ていた二階席からでも、表情の変化がよく見てとれた。
哀しみの紋が、舞踊の中に収まりきらず、じんわり溢れる。
瀬川さんの白糸は、繊細で薄幸な女性…って感じじゃなくて。
もっと悲痛で、ひっかいた後に生傷の残るような。

体に詰まっている感情の量が、多そうな役者さん。
同じ日の、立ちの個人舞踊のときもそう思った。

写真・瀬川伸太郎さん(曲名不明)


こっちは実に粋で楽しげ。
歌詞に合わせて、勢いよく客席に呼びかけたりしていた。
鉢巻姿の大きな体躯から、生の感情が染み出る。

「不二浪劇団」は、東日本大震災のとき、福島県いわき市で公演中だったらしい。
大事な着物や鬘も、津波にさらわれたらしい。
それから3年、どんな苦労だったのかは知る由もないけど。

土曜の夜の瀬川さんは、ただしなやかに芸達者だった。
そして、始終、笑みを絶やさないでいらした。
お客さんのお花を受け止るときも、舞台の端で大入り手打ちをするときも、たまたま開演前に私が木馬館入り口で見かけたときも、

笑って、粋な、鉢巻姿。
揺れて、涙の、滝の白糸。

―好いた御方に 裁かれて
生命を生命を 断とうとも―


熱の中に、ぶれる、揺れる。

「滝の白糸」の終盤、白糸の死罪を表すように、床に倒れ伏せる。
それでも、なお顔を上げて。
火のような情の灯る眼差しが、最後までスポットライトの中に残る。

―滝の白糸
末は夫婦の ふたりづれ―


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/21 08:43)

いわき市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。