劇団暁お芝居「いれずみ丁半」

2013.12.23 昼の部@篠原演芸場

背景は新緑、目に青葉。
せせらぎの音も聴こえそうな、平和な景色の中を夫婦が連れ立つ。
「確かに俺は博打が好きだけどな、博打は二番目だ。いっとう好きなものは他にあるんだよ」
と夫の半太郎(三咲春樹座長)が言えば、
「他って何なの」
と妻のお仲(三咲夏樹座長)が問い返す。
「馬鹿、言わせるない」
半太郎は照れつつ、妻を引き寄せて耳打ちする。
しばしの間の後、お仲の人形めいた風貌が微かに驚く。
「……あたし?」

この、くすぐったいくらい健やかな夫婦愛の情景が、後の悲劇に映える。

写真・三咲昼春樹座長(左)・三咲夏樹座長(右)(当日舞踊ショーより)


篠原演芸場入り口のお外題札は、「刺青奇偶」。
でも劇団暁かわら版(三咲てつや初代座長が毎日発行している)には、「いれずみ丁半」とあった。
わかりやすく、という配慮だそうな。
長谷川伸さん原作のお芝居で、好きという人によく会うけど、私はどの劇団さんでも見たことがなかった。

一番心に残ったのは、主人公・半太郎のまめまめしい愛妻家っぷり。
「な、行こうか」
とお仲の手を引くときも、ちゃんと目線を合わせて少し下げるのが素敵だ。
半太郎とお仲の場面は、見ているこっちも、当てられたようににやけてしまった。

博打好きが玉に傷とはいえ、現実味がないくらい爽やかで優しい旦那さんなんだけど。
春樹座長は、そこに世慣れた男の風情をうまぁく加味していた。
たとえば、初対面のお仲の命を助けたとき、助けた女から見返りを求めないのかと問われて。
「馬鹿にするんじゃねえ!それで世の中を知ってるつもりか!」
半太郎は穏やかな顔を脱ぎ捨て、烈火のごとく怒る。
「お前さんの知ってるような連中だけが、男だと思うな」
うーん、格好いい。
長谷川伸さんが書いた当初から、半太郎のキャラクターの女性支持って強いんだろうな(笑)

反面、こんなにハッキリ「妻・命!」な主人公は、男性社会の中じゃあ馬鹿にされがちなんじゃなかろうか。
実際、クライマックスでそんな場面がある。

半太郎は、病のお仲の医療費を稼ごうと、自分の命を賭けた博打に出る。
博打の相手は、鮫の政五郎(三咲てつや初代座長)。
周囲を囲むのは、その子分たち(三咲暁人さん、大樹さん)。
「俺の話を、決して笑わないでくださいよ」
そう政五郎と約束して。
「俺は、世の中で、女房のお仲がいっとう好きなんです」
半太郎が吐き出した途端、子分たちはあっさりゲラゲラ笑い出す。

――が、そこで止めてくれる声がある。
「てめぇら何笑ってんだコラ!」
勢いよく怒鳴ったのは、猪太郎という子分の一人。
演じるのは、私がだいぶ贔屓気味の飛竜貴さんだ。

写真・飛竜貴さん(当日個人舞踊「柿の木坂の家」より)


「いれずみ丁半」での飛竜さんは、ちょっと悪ぶった役で、決して出番は多くない。
けど、その中でも細かい芸をしっかり見せてもらった。
「賭場荒らしたぁ、どういう了見だてめぇ!」
自分のセリフが終わった後も、ガラ悪く唾を吐く動作をしてみせたり。
ただ黙って政五郎と半太郎の会話を聞いているときも、話の内容に合わせて不機嫌そうに眉が動いたり。

猪太朗が、半太郎を笑った子分衆を怒鳴るのは、半太郎に同情したとかではなく。
政五郎が「笑わない」と約束した以上、子分である自分たちにも約束を守る責任があるからだ。
(この生真面目な人物造形も、小さな動作の積み重ねがあるからこそちゃんと伝わるのだと思う)

半太郎は、政五郎の温情で博打に勝つ。
政五郎に渡された金を握りしめて、一人むせび泣く。
「これで、お仲、これでお前の病を治してやれる、これでようやく…」
花道に腹ばいになり、拳を打ちつけるように泣く春樹座長、熱演でした。

そして、この直後の演出が衝撃的だった。
左側の花道で、半太郎がまだ喜びと安堵に泣いている、その背後。
閉じられていた幕がサッと取り払われて、半太郎とお仲の家が現れる。
家の土間に、倒れているその人は。
その動かない体は。
……観客の目にだけ、夫婦の運命の暗転が、一枚の絵として映し出される。
隣席の友人も、「あの絵は辛かった」と噛みしめていた。

さて、2013年度の大衆演劇鑑賞はこれで最後。
(明年1月担当の劇団さんを年末ギリギリに観劇予定だけど、それはもう2014年度に入れるとする)
各劇団の皆さま、劇場・センターのスタッフの皆さま、そしてこのブログを読んで下さる方含め、大衆演劇ファンの皆さま。
今年も一年お疲れさまでした!!

次回の記事から4回程度で、2013年度の珠玉の舞台を振り返るつもりです。
年内にちゃんと終わる…はず(汗)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)