【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之五] 藤乃かな座長・都京弥座長夫婦インタビュー!ギューッと心を抱きしめる、劇団都の芝居!

ずいぶんブログを放置してしまいました…m(__)m
書きたいことはいっぱいいっぱいあるのですが、すっかり会社の仕事に追われる日々で。

それでも10月は静岡・島田蓬莱座へ友人と一緒に遠征した。
劇団都の芝居を観るために。

なんでこんなに泣けるんだろう。
なんでこんなに染みるんだろう。
友人たちともよく話題になる、都の芝居の引力のわけ。

そのヒミツはどこにあるのか?
両座長の言葉の奥を、一緒にのぞきこんでいただければ幸いです。

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之五]・前編 ギューッと心を抱きしめる!劇団都の芝居が観たい!11月公演に大注目

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之五]・後編 「芝居で人を救いたい」藤乃かな座長・都京弥座長夫婦インタビュー!

左・藤乃かな座長 右・都京弥座長(2015/8/20)
CIMG0549 - コピー

(後編・お二人のインタビューより抜粋)
藤乃かな座長
「人が生きるってすごく大変なことだから。一人じゃ生きていけないし。お金がなくても生きていけないし。生きていくって、人との繋がりにしても、ご飯食べる一つにしても、すごく大切なことだと思うんですね。そういうことを忘れつつあるこの現代社会の中で、私は日々感謝しながら生きているので。ご飯食べれることも、お風呂入れることも、お布団入って寝れることも。忘れつつあることを、私という人間を通じて、“共感”してもらいたいってすごく思ってやってます」


この言葉を聞いたとき、かなさんの中に横たわる人間愛というか、大きな望みの光源を見たように思いました。

都京弥座長
「やっぱり世間一般的に、女性が女性見ても、男性が女性見ても、女性ってどっかしっかりしとかないけんっていうのがあるでしょ。でも男はちょっとくらいしっかりしてなくても、女性から見たら、かわいいとかで済む。特に大衆演劇はそういう世界だしね。女性が生きるのは、難しいところだよね」


…ちょっとヤバいくらい感動しました。京弥さんという役者さんは、なんて大きいんだろう。まだまだ男性が高下駄を履いてる日本で、しかも大衆演劇界で、こんな言葉をサラリと言える度量の大きさ。

⇒インタビュー全編はどうぞSPICEで!

大変お忙しい中、たくさん答えてくださった両座長、ありがとうございました!

都のお芝居は元気になる。
舞台の笑顔が明るい気持ちにさせてくれる。
きっといいことあるね、人生は悪いものじゃないね、泥の中にも花は咲くね…

そしてインタビュー中、印象的だったこと。
夜の部終了後、ラストショーのお衣装のまま答えてくださっていたのだけど。
お二人の愛息子・新太君がパタパタっと駆け寄ってきて、かなさんの鬘をサッと回収していった。
京弥さん「パパのも後で取りに来て」
新太君はすぐまた戻って来て、今度は京弥さんの鬘を持って帰りました。

まだ子どものうちから、劇団のために役割を果たすことが身についているのだなぁ…。
当たり前のこととして。
家族の営みとして。
その小さな背中に敬意を!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト