【SPICE】「損はさせません!」大反響の橘小竜丸劇団、三重へ!座長より直筆メッセージ(大衆演劇の入り口から・番外編)

9月半ばにお仕事で書かせていただいた、以下2つの記事。

大衆演劇の入り口から[其之四]・前編 ただいま立川公演中!橘小竜丸劇団のガールズ・パワー
大衆演劇の入り口から[其之四]・後編 聞きたて!橘小竜丸座長&鈴丸座長ロングインタビュー!@立川けやき座

本当にたくさんの方に読んでいただき、拡散していただいた。
皆さん、“鈴ちゃん”がお好きなんだ。
奮闘するキュートな女座長さんを、皆さん応援してらっしゃるんだ。
橘小竜丸劇団ファンの方々の思いの大きさ、そして改めて大衆演劇ファンの熱さを実感した次第です。

そしてなんと言っても多かった声が、“関西に来てほしい”。

「たくさんの方が関西で観たいって言ってました!」
けやき座の送り出しで橘小竜丸座長に伝えると、「あ、ホントに?いやぁ嬉しいねえ!」とカラッとした笑顔。
橘鈴丸座長に伝えると、「や、嬉しいですー❤」となんともメロメロな笑顔。

10月公演「ユーユー・カイカン」は、年間唯一の関東・東北以外の公演。
つまり鈴丸さんが座長という体制になってからは初めて、ということ…。

鈴丸カラーが西へ駆け抜ける。
そのささやかな告知を書かせていただきました。

【SPICE】「損はさせません!」大反響の橘小竜丸劇団、三重へ!座長より直筆メッセージ(大衆演劇の入り口から・番外編)

橘鈴丸座長(2015/9/24)
CIMG1918 - コピー

Twitterを中心に、筆者も驚くほどの反響をいただいた。特に関西の大衆演劇ファンの方から、こんな声が多く寄せられた。
「はいっ\(^o^)/関西で観たいです!」
「気になる劇団さんやのに関西なかなかのらへんから観れん〜観たい( ;∀︎;)」

そこで朗報をお届けしたい。橘小竜丸劇団の10月公演は、三重県四日市市の天然温泉「ユーユー・カイカン」!1年間で唯一の関東・東北以外の公演だ。

⇒全文はSPICEでお読みくださいませ




関西のファンの方に、ぜひ直筆メッセージを!と言うとこころよくご協力くださった小竜丸座長・鈴丸座長に感謝。
(ホントにその場でスパっと書いてくださった。仕事ができる人はなんでも早い…)

そして妖しいカッコよさ満点の、記事の3枚目の剣舞のお写真は、友人の秋扇さん撮影。
(私が速すぎて撮れなかったーと泣きついたら、ササーっとすぐに美麗写真を並べてくれた。仕事ができる人は以下略)

9月、友人たちとのやり取りでは、けやき座大入りの報が入ると、
「やったー!!」
「やったああ!」
と喜びのスタンプが舞った(笑)

それくらい“我が事”になる。
それくらい“私の隣人”になる、健気な女優さんたち。
見守る小竜丸座長の瞳の優しさ、深さ。

ある平日の夜のけやき座。
地元・立川の方々とおぼしき、ビール片手の作業着のおじさま3人が、『JOKER』で激しく踊る鈴丸さんにポーっとなっていた光景。
ある祝日の昼のけやき座。
やはり地元・立川の方々とおぼしきご婦人グループ6人が、小竜丸座長と「かっこいいよー!」「ありがとう!」というニッコニコな応答をしていた光景。

この光景が、関東から全国へ広がりますように!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

劇団KAZUMAお芝居「兄弟仁義 男の詩」

2015.9.20 昼の部@東海健康センター「平針座」

病みつくような禍禍しさの大島(千咲大介座長)。
ひたむきで、誠実な芯を持つ直次郎(柚姫将座長)。
胸のうちに火が散るような辰二(冴刃竜也座長)。
お三方それぞれの今の持ち味が、骨太な物語の中を走っていった。

2年前に篠原演芸場で震えたノワールのような芝居と、東海健康センターで再会できるとは!
しかも、2年前にメインだった一馬座長・美影愛さんはどちらもいなくて。
全員33歳の若い座長さん3人で観るこのお芝居は、まったくフレッシュな力に満ちていた。

前日の口上で将さんが「とても男らしいお芝居です」と紹介していた通り。
男!って感じの陰影が全編に張りつめている。
軸は、田之重(字は不明…)一家と大島一家の抗争だ。
田之重一家の親分(龍美佑馬さん)が、旅に出ていた大島の手の者(藤美真の助さん)に闇討ちされる。
二代目を継ぐことになったのは、竜也さん演じる辰二。
将さん演じる直次郎は辰二の叔父で、後見人のような存在だ。

間違いなく大島が親分を殺させたんだろうと思ってはいても、証拠はない。
なので直次郎がわざわざ大島一家を訪れて、「辰二が二代目を継ぐことになりましたので」と挨拶するシーンがある。
部屋の右側では、大島=大介さんがつまらなそうに話を聞いている。
なーんの温情もない、冷めた目が実に“色悪”って感じで良い!
左側では直次郎=将さんが、大島をじっと見据えながら。
「どうぞ、二代目を宜しくお願いいたします」
と、丁寧に頭を下げる。

大島と、直次郎。
どちらも男として大きな器を持ちながら、片や、ためらいなく悪の道を進む。
片や、忠義の道を静かに歩む。
お芝居の核になるのは二人の関係性であり対比なんだなと、思わせるシーンだ。

千咲大介座長(2015/9/20舞踊ショーより)


柚姫将座長(2015/9/20舞踊ショーより)


けど、直次郎には大島に対抗してバリバリ闘っていく…という気概は見えない。
むしろ、将さんの風情には、人が闘いから降りるときの諦念が漂う。
病持ちだからだ。
「もう俺の体は永いことねえようなんでな」
ある日、直次郎は辰二に打ち明ける。
ふと侘びしくつぶやく。
「人の体とはいえ、こんなに脆いとはおかしなもんだな…」
こういうセリフ一つにも寂しい色が出る。はー耳が幸せ…。

いま一人、田之重一家には政吉(KEITAさん)という子分がいるのだけど。
政吉は、大島の子分たちに散々なぶられた挙句、死んでしまう。
殴られ蹴られ、刺されても自分は手を出さなかった。
“決して喧嘩はするな”と言い遺した親分に従って。
そして親分の言い付けを守れ、という辰二との約束を守って。
「俺との約束なんか守らなくても良かったのに、バカな俺のせいで!」
辰二の悲痛な叫びが胸を打つ。
竜也さんの辰二は、感情のままに生きている感じがとっても素敵だった。
政吉を抱く目に、怒りの炎がパッと散るのだ。

冴刃竜也座長(2015/9/20舞踊ショーより)
CIMG1530.jpg

が、ここをさらに荒らしに来る大島一家。
「お前の所の若いの、うちの若いもんにケガをさせたんでな、出せ」
「政吉だったら、たった今息を引き取りました」
怒りをこらえて言う辰二に、大島は平然と嗤う。
「ああ、それでいいわ。出せよ。亡骸を山にやって、獣の餌にしようか。それとも海にやって魚の餌にしようか…」

…このブログをいつも見てくださっている方にも、大介さんファンがいらっしゃいます。
再演があれば、僭越ながら心からオススメいたします。
凍りつくようなことを平然と言う、残忍なカッコよさに痺れます。
結局一対一の勝負で辰二を倒し、その体を踏みつけて、大島の捨てゼリフ。
「――二代目襲名、おめでとうさん」
ひい、怖い!酷い!だがカッコいい…!

そして、最後はやはり物語の核たる、直次郎・大島の対決になる。
二人が対峙する、たった2秒くらいの場面。
それを目にしたとき、今回名古屋まで足を運んだ甲斐があったと思った。

舞台右の大島は、刀を右手に持ち、左手の甲を噛んで不機嫌そうにペッと唾を吐く。
舞台左の直次郎は、刀を右手にまっすぐ構えて、じっと大島を見据えている。
舞台右では、大介さんの伏せた目線に、悪の色気が黒く滴る。
舞台左では、毅然とした将さんの姿勢に、白い刀身が映える。

黒と白。
悪と誠。
物語全体が持っているコントラストが一瞬、ホントに一瞬なんだけども、舞台の左右にくっきりと浮き出る。
この一枚の絵を観たときの、私の鳥肌具合をお察しいただきたい…!
ああ、芝居だ、芝居だ…!

そして直次郎が勝った…ものの。
瀕死の辰二を抱き起こす直次郎の表情は険しいまま。
悪い奴を倒して仲間を助けて、晴れまがしく笑顔、拍手、幕!みたいなラストでもいいところを。
この日のラストの演出はそうじゃなかった。

「これから先は――」
一瞬うつむく直次郎。
将さんの表情が醸すのは、不安。
生きてるとも死んでるともつかない辰二の顔を食い入るように見つめて、絞り出す一言。
「俺と一緒に帰ぇろうな…!」

考えてみれば、このエンドは全然晴れまがしい状況じゃないのだ。
辰二の生死は不明だし(そこはお客さんそれぞれの想像次第とのこと)。
代わりに直次郎が継ぐにしても、病で永くないのだし。
もう親分も政吉も死んで、一家の先行きはかなり暗いのだ。
先行きのない道を、それでも歩んで行かなければならない…。
ざわつく悲哀を引きずって、幕は閉じていった。

この芝居のために、前日のお稽古は本当に大変だったようだ。
何百本の芝居を観ても。
何十回遠征しても。
結局根本にあるのは一番始まりの喜びなんだなぁと、幕間にお茶を啜りながら噛みしめていた。
劇団KAZUMAの良いお芝居を観る、喜び。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

柚姫将座長 個人舞踊「越後獅子の唄」(劇団KAZUMA)

2015.9.19 昼の部@東海健康センター「平針座」

のどやかで。
すこやかで。
キレの良い体から、“今”への喜びが明るく発散される舞踊。
柚姫将さんという役者さんの持つものは、本当に唯一無二なのだと改めて思った。

あ、まずタイトルに注目。
いつもにこやかな副座長が今月は座長です!
Twitterで流れてきた「柚姫座長」っていう言葉を見ただけで感動した…
(9月東海健康センター公演は、柚姫将副座長・冴刃竜也副座長・「劇団千咲」千咲大介座長の3人が座長という体制です。藤美一馬座長は太夫元という形で、不在だったり出られることもあったり)

初めての東海健康センターへ、またデッカイキャリーを引いてやって参りました。
そして遠征初日の昼の部で、いきなり目を見張ることになった。

将さんの立ちの個人舞踊は「越後獅子の唄」。
イントロを聴いて、ああ越後獅子だ、哀愁と郷愁の絵が観られるんだなぁ…と既に幸福。

――わたしゃみなし子 街道ぐらし
ながれながれの 越後獅子――


序盤は曲の通り、表情は厳しく、風情は寂しく。
CIMG1309.jpg

でも、ここからゴロリと転調する。
フワっと楽しそうに笑んだかと思うと。
曲のテンポが軽快になり、リズミカルに歌い上げられる「越後獅子の唄」!

さっきの寂しさは消えて、勢いよく足が舞台を踏み鳴らす。
小さな舞台を駆け回るみたいな舞踊になった。
喜びへ向かう笑顔は、寂寞たる道に何か光を発見したかのようだ。

――親方さんに 芸がまずいと 叱られて
撥でぶたれて 空見上げれば――


この辺は将さんらしい“撥でぶたれる”当て振りも入るのだけど。
それも痛々しい感じというより、スパイスを効かせる小芝居みたいに見えた。
舞台端の出っ張りまで駆けて行って、扇子をくるくると回す。
とにかくキレと、勢いと、弾ける喜び。
それでいて、全体の雰囲気はほのぼのと凪いでいるのだ。

――暮れて恋しい 宿屋の灯
遠く眺めて ひと踊り――


寂しさの吹き抜ける歌詞だからこそ、なおさら、明るい調子のメロディと踊り手の笑顔が際立つ。

CIMG1313.jpg

6月の横浜・三吉演芸場公演で、初めて将さんを観た友人が、
「イキの良さはピカ一」
と言っていたのを思い出した。

イキ。活き。生き。
沸き上がる生命力が、常にほんのりと明るい。
それは演じている部分ももちろんあるのだろうけど、生来、この役者さんの根っこに光る持ち味でもあるのじゃないか。

ラスト、扇子をパチンと閉じて破顔一笑。



この健やかさ、です。
将さんの明るい舞踊を観ると嬉しくなるのは。
“今ここに在ること”そのものへの喜びが、とても素朴な温度で手渡されているからじゃあないか…。

随分大きな言葉で語ってしまった気もするけど、それは贔屓の性ということで。
良いもの見せていただきました、柚姫座長!
…“柚姫座長”って自分で書いても感動するなぁ(笑)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之四] 橘小竜丸座長&鈴丸座長インタビュー!ただいま立川公演中!

“頑張る女の子は、光だ。
勇敢な女の子は、戦士だ。
笑顔咲く女の子は、花だ。
こぼれる笑みの奥で歯を食いしばり、高い壁に挑み続ける女の子は、革命の旗手だ。”

言いたいことは全てこの冒頭の文に込めました。
橘小竜丸劇団、立川けやき座で9月公演中!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之四]・前編 ただいま立川公演中!橘小竜丸劇団のガールズ・パワー

今回は前後編です!後編は橘小竜丸座長&鈴丸座長ロングインタビューです!ぜひ、お2人の生の言葉をお読みいただければと思います。
【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之四]・後編 聞きたて!橘小竜丸座長&鈴丸座長ロングインタビュー!@立川けやき座

橘鈴丸座長(2015/9/5)


(後編・鈴丸座長インタビューより抜粋)
―今、ドレスとかスーツとか、今すごくオリジナルのスタイルですけど、昔はそうでもなかったんですよね?

鈴 昔はけっこう和物が多かったんですけど、結局女の子が立ち役やっても所詮は女の子だからってなっちゃうし、女形やってもお客さんが食いつかないんです。それだったら男の役者さんの女形の方が、お客さんはきゅんきゅんするし喜ぶ。それが悔しくて。どうやったら目を向けてくれるだろうって、化粧前で音楽聴きながらずっと考えてました。自分は音楽でも、パンク・メタル・ロック・ビジュアル系…そういうのがすごい好きなんです。だからこういうビジュアル系の音楽使って、奇抜な格好をして出てみたらどうかなって。それで受けなかったら受けなかったで、自分はこの世界に向いてないんだ、もういいや!ってやけくそになって。ブルーのロングドレスに、髪の毛を編みこんで、スプレーで立てて爆発した髪にして、舞台に出たんですよ。そしたら…


⇒インタビュー全編はSPICEでお読みくださいませ



インタビューの中にお写真を掲載することを許可してくださった方。
インタビュー中、場の沸く質問を挟んでくれたり、レコーダーの位置を調整してくれたり、助けまくってくれた友人。
公開当日、SPICEのトップにドカーンと記事リンクを設置してくださった編集さん。

そして、大変お忙しい中でこころよくお時間を割いてくださった両座長!
ひたすらに、ひたすらにありがとうございました!

鈴丸さんは、ショーでのカッコいい姿の一方で。
とても一生懸命で、心を尽くしたお芝居をされる。
健気でキュートで、優しいお人柄が伝わってくる。

「女座長で成功した大衆演劇の座長さんって本当にいないんです。それをぶち破ってもらいたい」
小竜丸さんがおっしゃっていた。

彼女なら。彼女なら、きっと。
そう思わせる光がある。

美しくてカッコ良くて儚くて強くて、健気な女の子たち。
ガールズ・パワーは、きっと大衆演劇を変えていくんだろう。
新しい時代の一幕が、もう立川で始まっている。

余談。
インタビュー中、私は黒いストッキングを履いておりました。
どこかで引っ掛けたのか、気づいたら足の内側の部分に穴が開いておりました。
鈴丸さんの座っていた位置からはしっかり見えるところでした。
……何も言わないでいてくれた鈴丸さんの優しさよ…

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

【SPICE】27年間ありがとう!最後の営業日レポ「大宮健康センターゆの郷」(大衆演劇の入り口から・番外編)

ずら―っと…歴代の劇団のポスターが並んで見下ろしているロビー。
それを眺めているのが幸せだった。
センターが、大衆演劇という文化を愛しているのが伝わって来た。

ゆの郷で数々の名舞台に出会った。
たとえば5月末、橘大五郎座長の舞踊「願わくば桜の下で」。
昨年11月、新生劇団春の芝居「質屋の娘」。
昨年4月、見海堂劇団の芝居「黒潮に叫ぶ兄弟」。

なのに2015年8月30日(日)、「大宮健康センターゆの郷」閉館。
寂しくってたまらない。
その最後の日の一片を書き残しておきたかったんです。

【SPICE】27年間ありがとう!最後の営業日レポ「大宮健康センターゆの郷」(大衆演劇の入り口から・番外編)


ずっと覚えておきたい。埼玉・大宮の地に、健康センター「ゆの郷」があった。毎月新たな劇団が来て、日替わりの芝居が観られた。ロビーでは、歴代の劇団のポスターがズラリと見下ろしていた。食堂には名物メニュー「座長御膳」があった。家族連れや友達同士でくつろぐ、ゆるみきった笑顔がたくさんあった。

「ゆの郷が閉まっちゃうんだって!」

関東の大衆演劇ファンに衝撃が走った。3/17(火)、ゆの郷webサイトに掲載された「閉館のお知らせ」。土地建物の賃貸借契約の更新が難しく、平成元年からの営業を終了するという。閉館は8/30(日)20:00。大衆演劇の大切な舞台が、一つなくなってしまう…。最後の営業日を過ごすべく、友人と共にゆの郷へ向かった。


⇒続きはSPICEでお読みくださいませ




なんといっても支配人と若旦那が、私の拙いインタビューに答えてくださったこと!
忙しさはMAXだったと思う。
若旦那は3時間しか寝ていなかったらしい。
それでも丁寧に、真剣に答えてくださった。
そして当日一緒に過ごしてくれた友人のおかげで、本当に良い日になった。

記事の最後に載せた「恋するフォーチュンクッキー_大宮健康センターゆの郷ver.」。
見てるうちにホロリときてしまう。
従業員のみなさんも、お客さんも、「劇団鯱」のみなさんも、なんて楽しそうなんだろう…。
なんて温かかったんだろう、あの空間は。

奇しくも、この関東に立川けやき座が誕生したのと同じ月。
入れ替わるように、大衆演劇の歴史の中に確かにその名を刻んで、ゆの郷は閉館した。

舞台写真を撮るのに苦戦する大きな2本の柱も、今思えば名物だった。
毎月変わる座長御膳。
露天風呂。
ユトリッキー。
支配人。
若旦那。
ゆの郷一座。
喫茶「なごみ」。
レストラン平成。
御食事処「まくあい」。
あのグレーの無料送迎バス。

楽しかったね。
この胸の中で、いつまでも楽しいね。

時代とともに移り変わる劇場・センター。
ゆの郷のあった2015年に、大衆演劇ファンで良かったね。

“人生捨てたもんじゃないよね…”
頭から離れなくなってしまった(笑)『恋するフォーチュンクッキー』のメロディと一緒に。
ずっと私の中に残っているだろう、ゆの郷!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村