劇団花吹雪お芝居『河内十人切り』―他者であるお前―

2017.9.25 夜の部@浅草木馬館

弥五郎(桜京之介座長)の、まっすぐな目。
「兄貴、お前が食え!」
わずかに残った飯を熊太郎(桜春之丞座長)に突き出す。茶碗を抱える細い腕。そこには一粒の打算も保身もない。いっそ義理すらない。
「食うてくれ!」
ただ“お前が好き”だから、食ってくれ――。

無心な思いというのは、どうしてこんなに胸を衝き動かすのだろう。
熊太郎の、うう、うぅ~…っという言葉にならない嗚咽が木馬館に響いていた。


桜春之丞座長

P11202542.jpg
三代目・桜京之介座長

※定番の演目なのでラストまで書いています。ラストを知りたくないという方はご注意くださいね。

9/25『河内十人切り』という告知は、8月中旬から春之丞さんがブログで出してくれていたのですぐさま予約した(早めのお知らせって本当にありがたや~)。
配役が気になって調べたら、7月の初演では熊太郎が春之丞さんで弥五郎が京之介さんだったという。華やかな春之丞さんが、熊太郎の臆病で不器用な面をどう演じるのだろう…?

序盤、祭りの場に姿を現す熊太郎。地頭・ほぼすっぴんの春之丞さん。
自分の内縁の妻・おぬい(桜彩夜華さん)が松永寅次郎(桜愛之介さん)と密会しているところに出くわし、割って入るも、逆に寅次郎や村の連中にボコボコにされてしまう。

にも関わらず、熊太郎はやり返そうとは考えない。満身創痍の体をどうにか起こして、
「喧嘩する前にまず話し合いで済ませたいんや、松永のおやじさんも証文見せて話をしたらわかってくれるはずや」
と、痛みに眉をしかめながらも穏便に済ませようとする。
弟分の弥五郎は、
「そんなことゴチャゴチャ言っとる場合か、ぶち殺したるわ」
といきり立つけど、当事者である熊太郎は困り顔。
「お前は来たらあかんで。お前が来たらすぐ殺す、殺すばっかり言って、話もできひんやないか…」

熊太郎の癖。頭でぐるぐる先回りして、状況を判断しようとする。しかし彼の思慮がやくざな世界で通用するんだろうか、という悲劇の予感がすでに漂っている。

一方、京之介さん弥五郎は本能的…というか動物的だ。口を開けばすぐ「ぶち殺す」。松永一家からも“気ちがい”と呼ばれて怖がられているくらい。
熊太郎・弥五郎の関係性が滲んでいると思ったのは、連れ立って松永家へ行くときの会話。熊太郎の腕を引いてサッサと行こうとする弥五郎に、熊太郎は呻く。
「いた、痛いて、ちょ、待て」
「なんや、兄貴、骨折れとるのか」
「骨は折れとらんけど」
「せやったら歩けるやんけ」
わりととんでもないこと言われても、熊太郎は立腹したりせず、しんどそうに説明する。
「(溜め息ついて)お前は骨折してなかったら動けるて思うんやろけどな、打撲ちゅうのもあるやん。せやから歩こうとするとな、ズキズキ痛むんや」
思考も肉体もぶっ飛んでいる弥五郎に、熊太郎は常人のことがちゃんとわかるように導いてあげる役割なんだ…。

たしかに全編通して、弥五郎は熊太郎としかまともに会話していない。唯一、京誉さん演じる刑事と短い軽口を叩くくらいだ。本来の『河内十人切り』の重要シーンの一つ、弥五郎が妹に会いに行く場面も丸ごとカット(妹の存在にも言及しない)。
だからよけいに、熊太郎を通してしか外界に関われない“狂犬”としての弥五郎が、浮き上がってくる。

真逆の兄弟分は、けれどピタリと肌が合う。花吹雪版で最も強く印象に残ったのは、二人の一つの息を一緒に吸っているかのような噛み合い方だった。たとえば弥五郎が監獄から出て来て、真っ先に熊太郎の家に来る場面。
熊 「お前、よう出てきたなぁ」
弥 (嬉しそうに) 「元気そうやないか、ケガは治ったんか」
熊 (肩を回しながら)「この通り、バリバリや」
こういう普通の会話のテンポが抜群!

二人のコンビネーションは、終盤、山に追われて死の淵まで追いつめられたとき、“相手に命をやる”という極まった形で現れる。
お前が食え、と茶碗を差し出す弥五郎。
熊太郎は弟分の顔をじっと見つめる。やがて、春之丞さんの頬がくしゃくしゃに歪み、手はご飯粒だらけの口元を押さえる。指の隙間から幼子みたいな泣き声が漏れた。うう~…っと泣く声に続いて、拍手が木馬館に広がっていった。

この世は熊太郎の思慮も言葉も通じない、汚い人間ばかりだった。
妻も義母も裏切った。
けれどこの弟分は、自分を信じきっている狂犬だけは……。

――だからこの後、熊太郎が弥五郎を背後から刺すのは、とても自然なことに見えた。
こいつには俺しかいないから、俺がちゃんと連れて行かなきゃいけない。
そんな風に語り出しそうな穏やかな表情で、熊太郎は血まみれの弥五郎を抱きかかえる。
弥五郎は「ごっつ痛い」と呻きながらも、爽快な笑顔で空を仰ぐ。
「不思議やなあ、わし兄貴にこんな目に遭わされとるのに、お前には何をされても恨む気にならんわ。うん、何をされても、わしは、お前は恨まん!」

弥五郎の血で熊太郎も血まみれ。互いを抱く腕はますます強く、べっとりと、二人の体は一つの赤に染まっていく。まるで二人の人間は、本来一人だったみたいだ。

熊太郎・弥五郎の強い強い密着性。それは、演者である春之丞さん・京之介さんが、幼い頃からずっと生活を共にしているという家族的要素にも繋がっているのだろう。そう考えると、大衆演劇という興行にしか存在しえない表現を体験できたのかもしれない。

『河内十人切り』は血なまぐさいし、現代の感覚でスルッと共感できるストーリーというわけじゃないし、男の怨恨と意地がぎらつく。
けれど優しい顔立ちの両座長の芝居は、体のもっと深いところに響く。

熊太郎が瀕死の弥五郎を抱く。
「ごめんなぁ…」
弥五郎は笑ってその腕を叩く。
「ええねん、ええねん」

他者であるお前が、我が身より愛しい。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

劇団花吹雪お芝居「波止場の狼」

2014.7.13 夜の部@三吉演芸場

『波止場の狼 横浜を舞台にしたオリジナル狂言』
劇団側の自作という予告チラシに、そうあった。
「今夜の演芸場のお芝居、横浜が舞台なんでしょ。お客さんにその話してくる人が多くて、ちょっと気になってるのよ」
開演前、地元の商店街の下駄屋さんと話していたら、そう言われた。

そんなわけで気になっていたその内容は、とても大衆演劇らしい母子ものだった。
おしゃれな横浜が舞台と言えど、生き別れの母とやくざの息子の物語は、『瞼の母』を彷彿させる。
ただ、よくある母子ものと一線を為していたのは。
「博、お前…なんて、なんて姿になってくれたんだい!」
母を演じる桜京誉さんの、匂い立つ色香だった。

当日の舞踊ショーでは京誉さんの女形がなかったので、お芝居の雰囲気を伝えるために、昨年の写真を引っ張りだしてきた↓
写真・桜京誉さん(2013/2/24舞踊ショーより)



2014/07/13当日の京誉さんの個人舞踊はこちら↓


京誉さんが演じるのは、横浜にあるバーのマダム。
小桜あきなさんの女給に、「ママ、ちょっと来て」と呼ばれ、舞台袖から初めて京誉さんが現れたとき。
濃い艶めきが、舞台の板にねっとりと絡み始めた。
あの、目。
映るもの丸ごと全部、軽くいなすような眼差しに、ほんのり赤いアイシャドーが色づく。
金色に近いような亜麻色の鬘が、モダンだった。
着物の黒が、姿を引き締める。

マダムが呼ばれたのは、やくざの波止場組が押し掛けてきたからだった。
組長の博(桜春之丞座長)が、じろりとねめつける。
「逃げ込んできた二人組が、奥にいるはずだ」
組から逃げ出した若い衆(桜恵介さん)とその姉(小春かおりさん)を、バーでかくまっていると疑っているのだ。
でもマダムは、ちっとも怯えず。
「何言ってるんだい。そんな二人なんか知らないよ。知ってるんなら出すけども、本当に知らないんだから出しようがないじゃないか」
肩をすくめて言ってみせて。
そして組長が去ってから、実際には奥に隠れていた二人を、「もう大丈夫だよ」と呼ぶ。

京誉さんのちょっとした仕草にも、私は見惚れっぱなしだった。
たとえば、組長に言われて、外出するとき。
「ちょっと待っておくんなさいよ」
と、着物の襟元を整えて、首をわずかに揺らす。
首筋から、立ち昇る強い甘さ。
多分、全て狙っていらっしゃるんだろうと思っていても、やられる…!

京誉さんの女形芝居は昨年も見たけど(「おとめ与三郎」)。
尋常じゃない色気だと思うのだ。
切れ長の目が、物憂い気に、一種かったるそうに開く。
目線は、斜めに傾いて、硬い線の輪郭にしゅうっと差し込まれる。
御年52歳になられるのかな。
熟しきって、渋みと甘みがぐずっと滴る実みたいだ。

「波止場の狼」のマダムは、実は“母”という設定が面白い。
組長の博が、幼い頃、生き別れた息子だということが判明したとき。
マダムが泣いて訴えるのは、「かたぎの姿で会いたかった」。
それこそ、『瞼の母』の水熊のおはまのように。

でも、京誉さんのセリフのトーンは、どこまでも“女”。
「なんて姿になってくれたんだい…!やくざなんて、良いもの着て、大勢引き連れてたって、心が汚れてるよ!」
母親らしい包容力とか忍耐とかなく、自分の落胆の気持ちを迸らせる。
「貧乏したっていいじゃないか。牛乳配達だって、どんな仕事だって、かたぎの姿で現れてくれれば…なのに、博の馬鹿!」
泣き崩れるというより、甘くしなだれる姿は、やっぱり“女”。
高い声に、心弱さがにじむのが、またたまらない。

マダムは、確かに息子に愛情を感じているんだけど。
息子から離れていた何十年もの間、身の内側では母性が培われなくって、その分、女性性だけが肥えたような…
ちょっと毒を秘めた女形芝居に、心を浸しきった。

京誉さんは、クールな面差しとは裏腹に。
お兄さんの寿美英二さんと、楽しげにお芝居の中で遊んでいる様子が、とっても好きだな。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

桜春之丞座長 個人舞踊「化粧」(劇団花吹雪)

2014.7.13 夜の部@三吉演芸場

――バカだね バカだね バカだね あたし
愛してほしいと 思ったなんて――


普段華やかな座長さんが、心破れて泣く様は。
憐れさ極まって、客席で同時に涙してしまった。

写真・桜春之丞座長「化粧」より


物語に入りこむ系の舞踊は、大好き。
役者さんの創る世界に引き込まれて、心が冴え冴えとする。

中でも春之丞さんの「化粧」は、去年の1月に見てから忘れられなかった一本だ。
だから三吉演芸場で曲名がアナウンスされたときは、「これすごいよ!」と隣の連れの肩を叩いた。
(敬愛する中島みゆきさんの曲だから、というのもある。劇団花吹雪では中島みゆき、よくかかる気がする。みゆきさんファンがいらっしゃるのかな)

曲が始まると、春之丞さんは客席から登場して、通路をゆっくり通り抜けた。
物語らず、温度を消した表情で、客席を眺めてから、舞台に上がる。

――化粧なんて どうでもいいと思ってきたけれど
せめて 今夜だけでも きれいになりたい――


曲の中で演じられるのは、去られた女。
取り残された女。
墨色の着物に、儚い花が咲いている。

まず、真顔でじっと客席の上のほうの空間を見つめて。
舞台に熱が集まってから、少しずつ、感情を表していく。
悲しげな微笑だったり、不安に慄いたり。

――あたしが出した 手紙の束を返してよ
誰かと 二人で 読むのは やめてよ――


痛いくらいリアルな詞に、段々入り込んでいく。

――流れるな 涙 心でとまれ
流れるな 涙 バスが出るまで――


舞台端まで駆け寄って、去っていく“バス”を追う。
春之丞さんの視線は、客席を通り越して、遠くへ投げかけられる。
丸い大きな目が、黒々と、無心に食い入る。
“バス”の中に、心を吸い取られたみたいに。

でも、やがて見失ってしまって。
糸が切れたように、花道でよろめく。

舞台のやや左手にたたずんで。
淡々としたメロディに合わせて、歌詞をなぞって踊る。
墨色の姿が、歌の中に沈み込んで行く。
口紅の濃い赤だけが、ふいに哀しく浮き上がる。

喪失を胸に畳みこんで。
静かに顔を覆う、ひとり。

――バカだね バカだね バカのくせに――



――愛してもらえるつもりでいたなんて――



バカだね…

零れ出る情が、涙に還る。
しぼった灯りの下、情景はくらぐらと深い。

春之丞さんは、去年も今年も見るたび、眩しいスターみたいな役者さんだ。
顔も雰囲気も、私がこだわっている美声も。
華やかそのもの、春そのもの!みたいな。

でも、こんなに淋しい、とりすがるような失恋歌を表現すると、痛烈に胸に響く。
この方が手に入れられないものなんてあるのか…と思うくらいなのだけど。
さらっとやってらっしゃるけど、すごい芸の力なのだろう。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

劇団花吹雪お芝居「かんざし」②愛之介さんの源次役・4か月ありがとう劇団花吹雪

2013.2.24 昼の部@篠原演芸場

写真・桜愛之介さん(2/24舞踊ショーより)


劇団花吹雪のお芝居は計10回鑑賞。
そして、毎回ひっそり思っていたこと。
愛之介さんのお芝居はすっごく良い!
常に大役を務める両座長と異なり、お芝居によって出番の多い役だったり少ない役だったりするけど。
役の大小に関わらず、いつも愛之介さんの演技には気合いが弾けまくっている。

「かんざし」の愛之介さんの役どころは、ヤクザの三下・源次(聞いたままの当て字)。
源次の一家の親分は、弥太郎(桜春之丞座長)・おしん(市川千太郎さん)に仇として斬られてしまう。

その隙を与えてしまったのが、おしんの色仕掛けにコロっと引っかかった源次。
綺麗なおしんに見惚れていると、
「よく見ると、あんた良い男だねぇ…」
なんて色っぽく言われて。
思わず口をぱくぱく、目はどんぐり。
手足は動揺でぱたぱた、期待でもぞもぞ。
「あっちに茶屋があったねぇ…」
の一言で、おしんに吸い寄せられるようにすすいとその場を離れてしまう。

おいおい、大事な親分はまだ家の中。
忍びこんだ弥太郎の白刃の下だよ!
と突っ込んでる間に斬られる親分。

源次ってキャラクターは、きっと衝動のままに体が動いちゃうんだろうなぁ。
短い場面だけど、それがとても容易に見て取れる。
愛之介さんの演技に、衒いがないせいだと思うのです。
大きな体躯から感情がだだ漏れ、というか溢れんばかり。

一年後、源次がおしんを見つけ出し、果たし合いを申し込む場面も面白い。
「お前!よくも以前は騙してくれたな!」
とか怒気を込めて言うくせに、
「必ず来いよ。逃げるなよ」
って啖呵を切る割に。

果たし状をつかんだまま、なかなかおしんに近づけないのだ。
愛之介さんの表情は、満面が怯えと警戒。
以前あっさりとおしんの手練手管に引っかかったものだから、全力でびびりまくっている。

早くおしよ、と果たし合いを申し込む相手に急かされるという妙な段になって。
ようやくそろそろとおしんに歩み寄り、ぽと、と果たし状を落として。
すぐに飛び退いて猛ダッシュ!
あんまりコミカルな動きなんで、客席は笑いに包まれる。

愛之介さんの面差しは、本来とても真面目そうだと思うのだけど。
こういう緩いキャラクターのときは、セリフ回しも一つ一つの動作も、
真面目に!全力で!緩くなる(言葉で書くと矛盾してる風ですが)。
100%、1000%の気合いの入った演技は、琴線に触れるどころかバーンと弾いていく。
それが気持ち良くて、愛之介さんのお芝居は毎度のお楽しみでした。


さてさて、もう暦は弥生、寒風を破るように梅の花が咲いております。
11月から2月までの東京公演を終え、遂にお江戸を去ってしまった劇団花吹雪。

一度春之丞座長が口上で、
「長期の公演だからお客さんを飽きさせないように、色々新しい演出を考えている」
とおっしゃっていましたが。
本当に、花吹雪の舞台は毎回色合いが違っていた。
しかも、その密度がいずれも濃くて。
無数の鮮やかな色が、眼前を通り過ぎていったような心持ちでお別れです。

最後になった2月24日の観劇で、春之丞さんが踊っていたケツメイシの「さくら」。
お衣装はピンクの鬘に桜模様の着物!(下の写真参照)



季節的にもご本人にも、あんまりハマりすぎてて思わず微笑。
文字通り桜の花びらのように、軽やかに舞う春之丞さんの姿を観ていたら、心はすっかり感傷気味。

甘やかに霞むピンク色。
花吹雪、夢吹雪、美しく吹き抜ける。
春告げ鳥が鳴くより早く、春を連れて来てくれた人々。



来年の東京公演は既に決定済みだそう。
首を長くして次の花舞台を待っております。

劇団花吹雪お芝居「かんざし」①春之丞座長の一人二役

2013.2.24 昼の部@篠原演芸場

役の一つは、ヤクザの用心棒。
「皮肉なことよのう…!」
長い鬘の髪に覆われて、春之丞座長の顔は見えない。
低く絞り出される、この一言で鳥肌。

でも本当の鳥肌はこの数分後。

もう一つの役は人の良い商人。
「おしん、おしんー…」
慌てて女房を探す声。
聴いただけで優男の面差しが浮かぶ。

春之丞座長の一人二役。
それは声も表情もまとう雰囲気も、つるりと剥ける。
まっことすごい芸を見せていただきました。

写真・桜春之丞座長(2/24ミニショーより)


24日は2月最後の休日、しかも市川千太郎さんがゲストでいらっしゃるとあって、
篠原演芸場は超満員!
席と席の隙間にまで、ぎゅうぎゅうに詰めかけたお客さん。
みんな、花吹雪の花舞台を観たいがためですよね!
普段より狭めのスペースに膝を抱えながらも、心はうきうき。

お芝居「かんざし」は、女性のヤクザ・おしん(市川千太郎さん)を巡る物語。
千太郎さん演じるおしんは、姐さんっぽさと甘えた声音が混じる可愛さ。
おしんとヤクザの用心棒・木下弥太郎(桜春之丞座長)との関係がたまらない。

赤い玉の付いた、一本のかんざし。
おしんが弥太郎の下を去るときに、弥太郎の髪にサッと刺して遺していった物。
遺していった心。

一年後、弥太郎は病を患っていた。
虚ろな目で、黒い着物に包まれた病身を引きずるように、舞台に出てきた弥太郎。
その手が無造作に懐に伸びる。
取り出して縋るように見つめる、赤いかんざし。

おしんと弥太郎は、互いの心を口にしない。
けれどこの場面で、深い濃い愛情がドンと舞台に落ちる。

かつての好敵手・月輪又四郎(桜京之介座長)がおしんを果たし合いに呼び出したことを知り、
弥太郎はおしんを助けんがため、果たし合いの場へ向かう。
歩くのにも杖が必要な状態で、斬り合いに向かう。
「この体、もってくれよ…!」
よろよろと、けれど眼光だけは強く。
春之丞さんの麗しい顔は、今や気迫に満ちていて。
そして乱れた髪をさらに振り乱して、命を削るような立ち回り。

弥太郎という人物の激しさ、
刃先ひとつで命のやり取りをしてきた危うさ。
「おしん~~~っ!」
低音の声が、唸りを含んで舞台に轟く。

でも、弥太郎が舞台の裏に引っ込めば。

いつの間にやら客席のほうから、春之丞さん再び登場。
「ああおしん、おしん、心配していたんだよ、さあ帰ろう!」

はりゃ。
一気に気が抜けた。

春之丞座長の二役目は、カタギになったおしんの旦那。
善人オーラ全開のあきんどさん。
浅葱色の爽やかな着物を着こなして、女房を迎えにやってきた。
優しい旦那さんは斬り合いの跡を見て、美麗な眉をひそめてみせる。

「その弥太郎という人が、お前の代わりに事を片付けてくれたんだろう」
だから帰ろう、とおしんに呼びかける。
その声はどこまでも柔らかく明るい。

春之丞座長の”声”の引き出しの多さは、以前から驚嘆するところではあったんだけど。
弥太郎と旦那さんの声は、どういうことなのってくらいトーンが違う。
殺し合いの臭いがまだ立ちこめる中に、普通の庶民が飛び込んでしまった…
という「場違い感」まで、鋭敏に伝わる。

ご本人は楽しげに、弥太郎を演じてるとき、
「おしんの旦那という人に会ってみたいものだなあ…」
なんてセリフで客席の爆笑を誘っていたけど。
(これも一人二役の醍醐味ですな)

尖った黒と清涼な青。
ひとつの舞台でふたつの色。
七色虹色、数えるたんびに増えていく色彩を全部包みこむ、春風のような微笑。
カリスマ座長の本領発揮でした。

多分これが、花吹雪さん観劇ラストになってしまうので。
記事を締めくくる前に、もひとつ言及しておきたい。
お次の記事は、桜愛之介さんの演技の話。