ありがとうございました!―1/23(火)公開研究会「大衆演劇を発信する」in青学―

「お萩さんは、何がしたいですか?」
聴きに来て下さった方からどきっとする質問をいただいて、なかなかに考えこんでいます。



さてさて遅ればせながらご報告を。ブログやTwitterの告知を見て来て下さった方、本当にありがとうございました&雪が残る中、お疲れ様でした。大阪など遠方から関心を寄せていただいたことも嬉しかったです(*^_^*)

関西からいらしたゲストスピーカー・加藤わこさんと中村桃子さん。わこさんは、まち歩きという形での大衆演劇ツアーと、旅芝居専門誌『KANGEKI』の表紙企画についてのお話。桃子さんは旅役者の“生きざま”を書いていくことをお話しされました。
(わこさんからはいつものお気遣いとお土産をいただき、桃さんからはお土産に加えて貴重な雑誌まで……ありがとうございました!)

主催の青山学院大学・竹内孝宏先生が語られていたのは、アカデミックな研究として大衆演劇へ近づいていくことの可能性、また難しさでした。
「学術で大衆演劇にアプローチしていても、最後の最後に論文にならない“何か”がある」と。

私はWEBメディア「SPICE」連載「大衆演劇の入り口から」のことを中心に話させていただきましたが……。
強烈な人生経験を積んでいる他の書き手さんたちの話を聞いた後だと、自分という人間は弱いなぁ、薄いなぁと反省もたくさん(^-^;

だから、懇親会の席で何気なく聞かれた、お萩さんは何がしたいですか?という質問への答えをずいぶん考えました。
大衆演劇を知らない人に向けた、「最初の一歩」を作りたい。
一日中芝居のことを考えている役者さんに、芝居について根掘り葉掘りインタビューをしたい。
表舞台に出ないけど大衆演劇世界を支えている、裏方の声を残したい。
それは全部本音で、これまでもこれからもやっていくこと。
けれどそれらを通して、書き表していきたいことがあります。

旅芝居という環境でしか演じることのできないお芝居=“物語”がある。
役の中の優しい顔、なつかしい声。
人間が本当に帰っていく場所、というものを見る気がする。

<もうもう見なくてもよいことどもをも、えんえんとまのあたりにしながら、お迎えのくる日まで耐えねばならない。そしてあろうことか、始末に困るものの第一は、自分自身であったりする。それでも、人が今日という日を耐えてゆくのは、この世にない花を、ひょっとして視ることがあるかもしれないと思うからだろうか。>
(石牟礼道子『蝉和郎』葦書房 1996)


舞台の上の人たちも、客席の私たちも、生まれてこないという安楽をつかみそこねた者同士。
それでもこの世にない花を見ようとして、芝居小屋へ行く。

生きていてよかった、という一瞬の心が大衆演劇の芝居に現れるときがあります。それを文ですくおうとする、小さな匙であることを目指して。


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【告知】1/23(火)公開研究会「大衆演劇を発信する」in青学

お知らせです。
東京・青山学院大学で「大衆演劇を発信する」という公開研究会に参加します(*^_^*)

大衆演劇を発信する
中村桃子さん+加藤わこさん+竹内孝宏先生+お萩

2018年1月23日(火)17:30-19:30
青山学院大学渋谷キャンパス3号館3410

主催:青山学院大学総合文化政策学部 竹内孝宏研究室
問い合わせ:takeuchi@sccs.aoyama.ac.jp


主催は青山学院大学で大衆演劇を研究されている竹内孝宏先生(ゼミ紹介ページ)。
竹内先生とは、昨年4/21(金)の「カンゲキ座談会」でお知り合いになりました。12月に企画のメールをいただき、なんて楽しそう!と即出席のお返事をしました。

関西から、ライターの中村桃子さん(ブログ「桃花舞台」)、旅芝居専門誌『KANGEKI』で大活躍中の加藤わこさん(ブログ「加藤わこ三度笠書簡」)のお2人がいらっしゃいます。
私もSPICEでの執筆活動を中心に一生懸命話させていただきますので…このテーマに関心のある方が一人でも来て下さったらとても嬉しいです。

夕方17:30からです。職場がお近くの方もぜひ。



青山学院大学内案内図→http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十八] レポ・カンゲキツアーにようこそ!大衆演劇初心者と劇団飛翔が“一体になった”日

タイトル、『大衆演劇の入り口から』。
エンタメ情報サイト【SPICE】の連載は毎回てんやわんやしながら、周囲の人のおかげで2年半続けさせていただいている。
しかし、“入り口から”とタイトルに銘打つのであれば。大衆演劇って全然知らないけど面白いなら見てみたい!という人のほうを向いた記事がもっとないと、不親切だし、看板に偽りありかも…。

そんなことを考えていた矢先、京都のまち歩き企画『まいまい京都』の大衆演劇ツアーが再び開催されるという情報が飛び込んできた。しかも今回は、旅芝居専門誌『カンゲキ』主催のカンゲキツアーとコラボ! アテンド先は劇団飛翔@浪速クラブだってー?! 行きたーい!

というわけで『まいまい京都』ガイドの加藤さんにお願いすると、心優しく快諾して下さった。大衆演劇は完全に初めて、という参加者の皆さんの後ろにぺったりひっついて行ったレポがこちら!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十八] レポ・カンゲキツアーにようこそ!大衆演劇初心者と劇団飛翔が“一体になった”日


劇団飛翔・恋瀬川翔炎座長

P1150266 - コピー

P1150105-400.jpg
カンゲキツアー総参加者は89名に上った。

(本文より)
翔炎座長は、カンゲキツアー89名が座っている真ん中へまっすぐに降りて来た。流れている曲【命の華】に合わせ、「しょーえん!」という合いの手と、“華”を表す両手を上げたポーズをうながす。前方席の常連ファンがすぐに座長に乗った。最初はやや恥ずかしがっていたツアー参加者たちも、続々とつられて手を上げていく。

「しょーえん!」「しょーえん!」

あっという間に一番後方の席まで、大合唱と“華”ポーズに埋め尽くされた。す、すごい…と筆者も驚嘆した。初心者も常連も関係なく、舞台と客席が一つになった瞬間だった。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)

恋瀬川翔炎座長は、本当にすごい。何度か拝見して、その“巻き込み力”を認識しているつもりだったけど、全然わかっていなかった。
「しょーえん!」
さっきまでちょっと照れくさそうだったツアー参加者が、もう常連ファンのように手を広げ、舞台に声を掛けていた。あの一体感はどこから来るのだろう。来るもの一切を抱き留めて、その日のお客さんをみんな仲間にしてしまう。

「舞台と客席が一体になったのが楽しかった」
参加者の方の感想でそういう声が多かったのは、やっぱり初めての大衆演劇が翔炎さんだったからなのだろう。そしてそれは、大衆演劇の本質の一面かもしれないな、と思う。
誰もが理解できる、笑って泣ける、排除のない空間。そのままのあなたを客席が抱き留める――

まいまい京都&カンゲキツアーのスタッフの皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました!
カンゲキツアーのほうは次回開催が2/10(土)劇団美山@池田呉服座に決定したとのこと。
※申し込みページは後日、カンゲキ公式サイトにてオープン。参加希望の方はページ開設までしばらくお待ちください。

このブログを読んで下さっている方でも、もしまだ大衆演劇未体験の方がいましたら。“入り口”を貴方に差し出す、ツアーはいかがですか?

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

4/21(金)の御礼 ―「風雪!旅役者水滸伝」の出版を祝う会 & カンゲキ座談会―

4月上旬からスケジュール帳の21日を見ては、ずっとどきどきしていました。
というのはこの日、2つのイベントに参加させていただくことになっていたから。奇しくも一つは『演劇グラフ』関係、もう一つは『カンゲキ』関係…。

まず、この日のお昼は「風雪!旅役者水滸伝」の出版を祝う会。『演劇グラフ』誌上で連載を続けてこられたルポライター・橋本正樹さんのお祝い会でした💐
12:00~14:30 / 篠原演芸場



大衆演劇の“教科書”の一つとして愛読している橋本さんの著作。最新作『風雪!旅役者水滸伝』が昨年12月に出版されたときは、友人やTwitterつながりの方の間でも話題になってました。
本書のエピソード数の凄さ。橘菊太郎さんの柔道部時代の猛稽古の話や、龍児さんがバレンタインの苦い思い出からチョコレートを食べられなくなった話など、役者さんの人生がいきいきと伝わってくる話に、一体どういうインタビューをしたらこういう記憶を引き出せるのだろう…?と、いつも不思議に思っています。
(Amazonではこちら)

橋本さんは(こんな言い方は恐れ多いけれど)人なつっこい温かみが全身に出ています。きっと役者さんたちも、この方なら心許してくだけた話もするだろうなー…と思わせるお人柄。

出席者の中で、ついにお会いできた!と幸せだったのが『演劇グラフ』初代編集長・上松未奈さん。
上松さんのブログ「大衆演劇はスペシャルなのだ」、きっと読んでいる方が多いと思います。私も5年前に大衆演劇にハマったときから、ずっと楽しみに読んでいます。役者さんにもお客さんにも愛情たっぷりの、穏やかな文章がスッと心に気持ちいいです。個人的に大好きだった記事は、3年前に書かれていた先代の千代丸さんのバッグの話!紀久二郎さんをいっぺんに好きになってしまうエピソードです(*^_^*)

お会いした上松さん、文は人なりの言葉はやはり正しく、ふんわりとした優しい声で話される方でした! ディープで個性の強い方の多い大衆演劇界で、この柔らかい雰囲気の方が編集長をされてきたのか…と思うと、正直意外なほど…。
現在はCS朝日が制作している大衆演劇番組も支えてらっしゃいます📺

さあ夕方は十条から新宿に移動だ!ずっしり重い荷物もなんのその!
カンゲキ座談会
19:00~21:00 / 新宿個室

CIMG1837.jpg
CIMG1838.jpg
食事風景

『カンゲキ』関東進出を記念しての企画。このブログでの呼びかけに応じて来て下さった方もいて、本当に感謝です!
全部で10名、大衆演劇ファンばかりなので話題は山ほど。私がいたテーブルでは青山学院大学の竹内孝宏先生を中心に、
「大衆演劇の10年後に向けての本当のターゲットって?」
「『刺青奇偶』が好きという人が多いけど、その魅力って何だろう?」
「舞踊ショーの人気激化の本質には何があるのか」
などなど…
参加者全員(!)が二次会に来たということに、どれだけ話が尽きなかったかが現れていると思います。

私はトークのセンスに乏しいのだけど、会話の流れが桜春之丞座長(劇団花吹雪)に触れたとき、あっと思い出して、
「春之丞さんの『喧嘩屋五郎兵衛』が好きです。爽やかなところもスカッとするところも全くなく(褒めてる)、人間の弱い部分を描いていて!」
と発言したら、参加者のお一人に「お萩さん面白い(笑)」とだいぶ笑っていただいたことがなんだか印象に残っています。
ご参加下さった皆様、大変お世話になりました。
(花吹雪さんの『五郎兵衛』は2016年3月に観たもの。五郎兵衛の“敗北”が容赦なく描かれていたのが印象的でした)

“人の縁が増える”ということは大衆演劇の魅力の一つだなぁと思います。客席のご縁、ブログやツイッターのご縁。それが段々広がっていく。こんなに濃い人たちが舞台の上にも下にも揃っている芸能はあんまりないかもしれません。
…足抜けできる日は多分、来ないですよね、お互いに(笑)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

【告知】4/21(金)「カンゲキ」主催・大衆演劇ファンミニ交流会@関東

こんばんは!
今回は普段のブログではなく、イベント告知です。

大衆演劇雑誌『カンゲキ』、最近は関東の劇場でも売っているのを見かけるようになりましたね。
関東方面の大衆演劇ファンへのご挨拶を兼ねて、大衆演劇ファンミニ交流会が東京で行われることに! このブログを読んで下さっている方で東京近郊の方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にご参加を♪

「カンゲキ」主催・大衆演劇ファンミニ交流会@関東
4/21(金)19時スタート@新宿
定員:12名(定員に達し次第締め切り)


詳細とお申込みはこちら↓
『カンゲキ』 編集スタッフブログ 「大衆演劇ファンミニ交流会@関東のお知らせと参加者募集のご案内」

青山学院大学の竹内孝宏教授を招いて、大衆演劇研究のお話もあります。

なんでいきなり『カンゲキ』のイベントの告知をしてるかと言うと…声をかけていただいて、お手伝いという名のもとにひっそり参加させていただきます。
雑誌創刊時から自由な発想でコラムとかインタビューとか、あれこれ挑戦している『カンゲキ』に、常々好きです!楽しみにしてます!と告白してきた甲斐があった…のかな?(*´▽`*)

C8FIq-HVMAA9Wsm.jpg
カンゲキ最新号。役者さん×現代というこの表紙センスが好きです。

『カンゲキ』の担当者さん、関東の大衆演劇ファンのお話を聞きたいと、今回のイベントも真剣に準備されていました。
こういうのに申し込むのって勇気がいるかと思うのですが、大衆演劇ファンが集まって観劇トークを繰り広げる金曜の夜…きっと楽しい一夜になると思います!
お会いできる方がいましたら、心から楽しみにしています。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村