劇団新お芝居『三人出世』―もしかしたらお前も―

2017.3.9 @大島劇場

友やん(新座長)の、のんびりした顔。
定やん(錦若座長)の繊細そうな顔。
島やん(優花形)のキリッとした主張の強い顔。
『三人出世』を若き三兄妹が演じるというのがどういうことか。目鼻立ちのそっくりな三つの顔が運命を分け合う。
「もしかしたらお前も、そんな風になってたかもしれんやんか!」
このセリフは通奏低音のようだ。


龍新座長。友やんの演じる愛すべきキャラクターの上に物語が乗っかっている。

CIMG0556.jpg
龍錦若座長。彼の定やんは健気だ。優しい人ほど人生につまづく、ということを体現しているみたいに。

CIMG0532.jpg
小龍優花形。島やんの一人称は「わたし」。わたしは他の二人よりも出世したんだ、と主張する気根の強さが彼女ならでは。

このお芝居については、仲良くしていただいている鳥目見習い中さんが昨年12月にブログを書かれていたので観たいと思っていた(ぜひご一読を~)。

筋は皆さんご存知の通り。大阪の河内から出てきた3人の友達同士が、江戸で出世比べをする話だ。
友やんは目明し。それなりの出世。島やんは金貸し。世間的には一番出世。
そして定やんは――
「俺はな、今、材木問屋の一番番頭やってるんだよ」
と友やんにうそぶくけれど。
「大した出世や!けど、番頭ちゅうたら頭きれいに整えてるもんやろ。なんでそんな伸ばした頭で、黒づくめの格好しとるんや」
と聞き返されて、それは…と口ごもる。
定やんは江戸に出て来た後、拾われた人が悪かった。路頭に迷っていたところを盗人の親分に声をかけられ、いつしか追われの身の怪盗になってしまった。

この役を錦さんに当てているのがウマいな~と思う。あの柔らかい、ぽわんとした少年的な面差し。こんな良い子が道を踏み外すには、きっと相当な葛藤があったに違いないと思わせる。
「友やんの縄にかかりてえ。友やんに手柄を立ててもらいてえ…」
かつての友が目明しになったと知った後。錦さんがたった一人、花道でつぶやく姿の哀れさは涙を誘った。

時の流れを象徴するのは三人の言葉づかいかもしれない。島やんも、定やんも、標準語になっている。江戸で出世するべく身を削って、ふるさとの河内の言葉は舌から失われている。
けれど臆病でのろまな友やんだけは、ずっと河内弁で通しているのだ。
「なんか、おった…どないしよ…」
友やんが、部屋に忍び込んだ見知らぬ気配に怯えるシーン。新さんが大きな背を縮めて、うずくまる姿がユーモラスだ。
「親方、わしも一緒に行く、一人でここに残さんとって下さい~…」
目明しの親方(桂木昇さん)から一人で持ち場にいるように言われて、十手を握って嫌がるシーン。頼りなくって弱虫で、でもつい周りの人が面倒を見たくなってしまう、そんなキャラクターが新さんの体に息づいている。

この“できない子”枠の友やんが、実は一番世の真理をわかっていて、私たちは彼に教えられる。
クライマックスの場面で三人が対面したとき。立派な着物に身を包んだ島やんは、縄をかけられた定やんを罵倒する。
「まったく、同じ村の者から泥棒が出るなんて。お前なんか恥だ、村の恥だね」
すると友やんは島やんに呼びかける。昔、お前が川に落ちたとき、飛び込んでまで助けてくれたのは定やんやったやろと。
「定やん、江戸に出て来てからいっぱい苦労したんや」
温かいふるさとの言葉のままで。
「なぁ島やん、もしかしたらお前もそんな風になってたかもしれんやんか――」

偉い、立派だと称えられる者も。後ろ暗い罪を犯した者も。
ほんの少し、つかんだ運が違っただけ。
ほんの少し、うまく生きられなかっただけ。

だから友やんは、縄をかけた定やんの肩を叩く。抱きかかえるように。
この光景は二重写しに見えた。一つは友やん・定やんの友達としての風景。そしてもう一つは、新さん・錦さんの実の兄弟としての。
――お前がどんな風になっても見捨てはしない。
重なった景色から、尽きない同苦と慈悲が溢れてくる。

劇団新版『三人出世』は、最後の最後にアッと驚く演出があった(未見の方のため内容は伏せます)。
「時が流れ場所は変わっても、変わらない友情はたしかにある」という根幹のメッセージが映画的手法で示されて、涙腺が決壊してしまった…。

新さんのオリジナル演出のうち、≪古典・定番もののアレンジ≫というジャンルで観ることができたのは『三人出世』『もう一つの瞼の母』『丹下左膳』。少なくともこの3本について思ったのは、受け継がれてきた物語の心を守った上での新しいアレンジなんだなぁ…ということ。
『もう一つの瞼の母』は忠太郎を兄弟二人の役に割ることで、忠太郎の抱える母恋がより視覚化されていた。
『丹下左膳』には現代ドラマの明るさもあるけど、ニヒルなヒーロー像は崩さないまま、優さん演じるヒロインのほうが破天荒なキャラにしてある。
とっても素敵な温故知新のあり方だと思う。

CIMG0846.jpg

3/29、会社退勤後に大島劇場の千秋楽に駆けつけると、畳はいっぱいの人で埋まっていた。
1か月ありがとうございました&また進化していく劇Araの世界を楽しみにしています!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十二]「“ブレない強さ”を持っておきたい」26歳、龍新座長のチャレンジ(劇団新)

お芝居を作る座長さん、大好きです。
それは一つの希望だから。

数々のオリジナル芝居を作っている龍新さんには、前からインタビューさせていただけないかなぁと考えていた。
今月の大島劇場で観ることのできた中で、特に思い出深い外題は3/9(木)の『三人出世』。
定番のお芝居ながら、劇Ara版『三人出世』には、今まで見つけたことのない悲しみがあった。出世した島やん、地道に生きている友やん、そして道を踏み外した定やん、実はみんな生き写しなのだと。
――ほんの少し運が違えば、もしかしたら俺はお前だったかもしれない…。
ほろほろと感涙しながら、やっぱりこの座長さんのお芝居観を聞きたい!!と強く思った。

劇団新ファンの方にも協力していただいてm(_ _"m) 
ありがたや、実現しました!

【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之二十二]「“ブレない強さ”を持っておきたい」26歳、龍新座長のチャレンジ(劇団新)

CIMG0870.jpg

(本文より抜粋)
これはあまのじゃく的な発言になっちゃうかもしれないんですけど、僕はあんまり流行りには流されたくないですね。観てて時々思うんですけど、役者の中でも、なんか同じような踊りだなーって…そういう流行りみたいなのがあるじゃないですか。そこには行きたくないなあって。“ブレない強さ”っていうのは持っておきたいですね。うちの劇団はブレずに行こうっていう。

――そうですね…大衆演劇もショー中心になる傾向があるように思います。

ああ、芝居っていうところはブレたくないですね! 昨年12月に大阪・鈴成り座で公演させてもらったときも、お客様から「もうちょい明るいほうが良い」とか「盛り上がる舞踊をやってほしい」とかいう声もあったんですけど。「笑いのお芝居じゃないと来たくない」とか「明日喜劇?」とか聞かれたり。だから最初「変えたら?」って言われたんですけど…そこを変えると、関東から行ったっていう意味がなくなるような気がして。そこはもう全部ブレずに行ったら、それがけっこう受けて、後半は盛り上がってきてくれたんで。

⇒全編はこちら!(SPICEサイトに飛びます)



“ブレずに”…。
言葉だけ聞くとすごい!カッコいい!と思うけれど、一経営者としては相当怖い思いもあるんじゃないだろうか。
信念を貫いたところで、お客さんが確実に入るかはわからないのだから。

インタビュー中でも言及されているように、昨年の大阪公演でも最初のほうは厳しい意見があったようだ。
笑いの芝居じゃないと来たくないなんて、ほんとにそんなこと言う人いるんですか?!とひっくり返った声で聞くと。
「もう賭けでしたけどね。受けなかったら、ほんと恥さらしになって帰ることになったんで」
笑いながら答えられていた。

傷つく日もあるかもしれない。それでも作ること、演じることを心から楽しんでいる座長さんは、やっぱり希望あふれる存在だ。
近い将来、『猫とネズミ』2、そして3が披露される日をお待ちしています!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

劇団新お芝居『俺は…太郎』―未来のスパイス―

2016.8.28 昼の部@茂美の湯・もさく座

喜劇で今年一番笑った、というくらい笑った。
新座長がゆったりと大股で舞台を踏み、肩にかついだ刀を揺らす。
「これ(刀)か…?これはな、千歳飴だ」
ニヒルに唇を歪め、かすれの混じったイイ声で言うのに爆笑。
そして、笑いの中に息づいていた新しい芽。
出会ったことのない、大衆演劇の外側に開かれた目。

龍新座長(2016/8/28)


※今回、新作ということで芝居の本筋にほとんど触れていません。気になる~という方がいらっしゃいましたら、ぜひ劇場でご覧ください!

「新さんのオリジナルの何が良かったかっていうと、新しい気づきがあったこと!」
友人が以前観た劇団新のオリジナル芝居に、いたく感銘を受けていたのを見聞きして。
またTwitterに流れて来るフォロワーさんのドラマチックな写真に惹かれて。
関西に行ってしまう前に劇団新を観ようと、初めての茂美の湯まで約2時間かけて来てみれば。
偶然にも8/28(日)は、昼夜ともオリジナル芝居!やったね!

昼の芝居『俺は…太郎』は冒険譚を骨格にしたコメディ。夜の芝居『黄昏空の下で』は少年少女の純愛が描かれる悲劇。
どちらも、新座長の現代っ子感性がほとばしっていた。セリフや演出の端々に、青々しい想像力の枝葉がパキパキ伸びていく。
新さんは映画大好きでいらっしゃるらしく。どうりで、回想シーンと平行した立ち回りなど、すごく映画っぽいと思わせられる演出がちらほら。

中でも斬新だったのが『俺は…太郎』。小龍優さん演じるやくざの下っ端・三太郎を主役にした芝居だ。

小龍優さん(2016/8/28)
CIMG1690.jpg
友人たちにもファンの多い優さん。16歳にしてこの貫禄と、かわいらしさが同居しているのに感嘆。

「海賊の荒波の鬼五郎の首を獲って来い。いいか、ここにくじがある。このくじの先が赤かった奴が、一人で行くんだ」
親分(秋よう子さん)が差し出したくじ引き。
一番先に引いた三太郎のくじの先は…
「親分、これは赤じゃないですよね」
「いや、赤だろ」
「緑でしょ!俺にはこれ緑に見えるもん!」
「赤だよ。三、お前で決まりだ」
三太郎は必死に逃れようとするも無駄なあがき。

「俺一人でって、死ににいくようなもんじゃん!」
どうせ生きて帰って来れない命。出発の前夜、三太郎はやけ酒をあおりに居酒屋に入る。
そこには、変な亭主がいた。サングラス(的なもの)をかけた新座長が、戸惑う三太郎の傍らに腰掛けて、粋な旅人風に微笑む。
「お前…何のためにここへ?」
「いや、酒飲みに来たんだけど…」
まったくだ…(笑)

「熱燗もらえるかな」
と注文すれば、亭主はフッとうなずき、非常にイイ声を奥の間に飛ばす。
「熱燗いっちょう!」
「この店、お前以外に奥さんとか、誰かいるの?」
「俺のこの風貌を見て、人がいるように思うのか?みんな居つかないでいなくなっちまったよ」
「じゃあお前が行かないと熱燗出てこないじゃん!」
「はっはっ。お前、面白い奴だな」
「面白いのはお前だよ!」
まったくだ!(笑)

居酒屋の亭主がなんでこんなにおかしいと思ったか、というと。
新座長が意図してか、意図せずしてかはわからないけど。
彼の行動の一つ一つが、たしかに“大衆演劇あるあるのおさらい”になっているからだ。

三太郎に何度も言う「お前、面白い奴だな」っていうのも、二枚目の主人公がアホな三枚目と出会ったときとかによく言うセリフ。この芝居では、それを言っている奴のほうが面白い(笑)
亭主が引っ込むとき、幾たびも振り返って低―い声で、
「三太郎さんよぉ、これだけは言っとくぜ…」
これも影を背負った二枚目役のセリフあるある。それがこの芝居では、三太郎に「しつこいよ!さっさと入れよ!」と突っ込まれる(笑)

従来の大衆演劇様式がベースにあった上で。
「様式を過剰にすると笑いになる」ということが、新さん・優さんのやり取りの中でイキイキと実践される。
映画やテレビ、ほかの芸能を日常的に見ている人ならではの斜め上からの切り口は、ぴりっとスパイスみたいに効く。
このキャラ、実はすっごく新しい何かじゃないか?!と、もさく座の客席でわくわくしっぱなしだった。

居酒屋の亭主だけにフォーカスしたけど、芝居は居酒屋の場面が終わってからが本題だ。三太郎の下に、猿吉(龍錦さん)、お雉(新燿さん)、犬次郎(龍児さん)が揃い、鬼五郎を目指す。
心優しい猿吉は、錦さんのやわらかな持ち味そのものだったし。
燿さんのお雉は、コメディの中にも、恋に真剣な健気さがあったし。
龍児さんの犬次郎は、のんびりしたトボケ感と「世を知ってる」感が絶妙な混ざり具合。
オリジナルのホンの中で、演じている一人一人がとかく活気づいていた。
そして最後にはアッと驚く仕掛けも。

「芝居が良いって最高に幸せ!」
「今日、楽しかったねえー!」
もさく座からの帰り道、友人と何度も言い合った。

一行はこれから、初の関西回りに行かれるという。
「関西でつくったものを、また来年以降の関東でどんどん出していきたいと思います!」
ニッコリして言いきる新座長の爽やかさ。

CIMG1794.jpg
この日の夜の部の個人舞踊「花は咲く」は、やさしい鎮魂に満ちていた。

若きクリエイターに福運あれ!

【劇団新 今後の予定】
9月:島田蓬莱座(静岡)
10月:ユラックス(三重)
11月:夢芝居(和歌山県)
12月:鈴成り座(大阪)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村