飛ぶ教室―都若丸劇団の話―

2014.10 三吉演芸場公演から

題は懐かしの児童文学。

10月、三吉演芸場を一杯にしていた都若丸さんは、去ってしまいました…
来年の関東公演はないとのこと。
寂しいことに、あの明るい空間にはご無沙汰になりそうだ。

ミックスジュースの時間になると、若丸さんを先頭に、座員さんがゾロゾロ並んで。
座長は、奔放な口火を切る。
「こんな雨の中、台風来てる中、お客さん来てくれてるんですよ!ありがたいでしょ、もっとサービスせんと!」
恒例の歌が終わっても、
「これだけで終わるん?5人、残って!今日来てくれたお客さんのために、なんか踊ってください」
若丸さんは、始終楽しそうだ。
さあ予想してなかっただろう、君たちどうする?と言わんばかりのスマイル。

残った5人の若手さんは、虎徹さん中心に、ポンポンを使って、その場を盛り上げてくれた。
奮闘に、拍手が沸いたあと。
茶目っ気たっぷりに、座長が中央に進み出る。
「これは、皆さん覚えておいてほしいんですけど……座長になるとね、気分次第で5人も踊らせることができるんです(笑)」

私は、こんな風に、座員さんみんなを可愛がっている若丸さんが、一番好きだ。
リーダーとしての、都若丸。
元気な教室の、とびきり元気な“先生”としての、都若丸が好きだ。

若手さんの中でも、まだ経験の浅いメンバーに対しては、もはや親心が沸くらしい。
たとえば、紗助さんのファンの方が、舞台に差し入れをして、紗助さんと握手されていたとき。
ご本人以上に、若丸さんがニコニコしていた。
「紗助はね、元々なかなか前に出られない子だったんで…こういう風にお客さんに好かれてるの見ると、嬉しいんですよ。本当に、嬉しい」

また、雅輝さんと紗助さんの頑張りに話が及ぶと。
「雅輝や紗助は、劇団に入って来た頃、踊っても足元も全然おぼつかなくて…それが、今しっかり踊って、一生懸命お客さんにアピールしてるの見ると、こう、感慨深いんですよね」

そして、共に劇団を支えてきた、長年のメンバーへのねぎらいも忘れない。
花形の星矢さんが、お客さんの笑いをとったとき。
若丸さん自身も笑いながら、
「これからも頑張ってくださいよ!」

全員が中にはけて行くとき、副座長の剛さんに一声。
「剛、いつもありがとう!」

こういう先生にならついて行きたい…
と、思わずつぶやいてしまう。
お客さんの前で若手を褒める・人をねぎらう・労わる。
組織としてのモチベーションの高め方を、実演で見せられている…!
『都若丸に学ぶ教育論』とか本が出せそうな気がします。

若丸さんとそのお弟子さんたちのやり取りに、笑い転げていると。
風通しのいいベンチャー企業とか、健全な熱血指導の部活を連想する。
大衆演劇独特のくさみ(これが魅力と個人的には思っているけど)がなく、空気が爽やかだ。

もちろん、舞台の表側に出てこない人間関係は、たくさんあるのだろう。
口上だっておふざけだって、演芸の一部なのだから。

けれど、若丸さんが休演日にディズニーに行きたかったという話をした後に。
「また、ディズニーみんなで行こうな!」
と声をかけたら、
「「「「「「「はい!」」」」」」」
と、舞台上の全員が笑顔で返していた。
そこにはやはり、相手を慕う心の大きさが読みとれる。

普段、こんな風に見えているだけに。
10/5(土)のお芝居「しじみ売りと八兵衛」の、“指導”場面は面白かった。
やくざの仏一家は、しじみ売りの娘(都ひかるさん)の懇願で、一日だけ織物問屋の振りをすることになって。
若丸さん扮する親分が、子分たちに織物問屋らしい振る舞いを教える。

みんなで、「いらっしゃいませー」の練習をしていたはずが。
「らっしゃっせー、らっしゃっせー、らっしゃっせの、せっ!」
いつの間にか伸びやかに歌い出した親分に、7人の子分が続ける。
「らっしゃっせー、らっしゃっせー、らっしゃっせの、せっ!」
7人全員、ちゃんと背筋を伸ばして、手を前で組んで。
この場面は絶妙におかしかった。

愉快な指導役と、笑いながらついていく生徒たち。
舞台の上の教室を見ているうちに。
なんだか、私にとっても、若丸さんが先生みたいに思えてきたりする。

「一本釣り」で釣られて飛び上がるの、私は慣れない劇団さんだと、なかなか恥ずかしくてためらってしまうんだけど…
若丸さんの場合は、しっかり参加してます。
だって、もう汗だくの“先生”が、2度目のアンコールで、それでも一本釣りをかけるのだもの。
そのサービス精神への敬意を表現するため、釣り竿目がけて、飛びます。
いっせいに飛び上がる、三吉演芸場の客席前方と一緒に。

きらきらした目で、客席=教室を見回して、おっしゃるのだもの。
「今日も釣るぞ~!」
飛びますとも、ぴょんぴょんと!

都若丸座長(10/25送り出しより)


↑ようやく慣れて、ブレずに撮れました、“先生”!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

あきらさん個人舞踊「雨じゃんじゃん」(都若丸劇団)

2014.10.13 昼の部@三吉演芸場

「あきらさんの踊りって、本当、体に糸を通したみたいですね!」
興奮のまま言った私に、
「いやぁ…ありがとうございます」
と笑ってくれた。
表情が緩むと、茫洋とした陽気さがあらわれる。

芸歴の長さは、30年以上らしい。
慣れた感じのお芝居といい。
糸を手繰るような踊りといい。
あきらさんの舞台には、心惹かれる色づきが、さりげなく散らばっている。

写真・あきらさん(10/13送り出しより)


若丸さんちの内容たっぷりの舞踊ショーでも、とりわけあきらさんの個人舞踊は、私には至福の時間だ。
まず、毎回曲が面白い。
これまで見た7本の個人舞踊は、全部、ド演歌でもなく、ノリノリのJポップでもなく。
Alanとか、「君をのせて」とか、不思議な透明感を持つ曲が多かったように思う。

踊っているときの表情は、常々ポーカーフェイス。
上方をつーっと見つめて、淡々と音にのる。
感情を全然見せない踊りなのに、どうしてか…
反転する体に、ほのかな抒情があるのだ。

10/13(月)の「雨じゃんじゃん」では、降りしきる雨の慕情を見せてくれた。
紺色の着物に、薄紅色の半纏。
手ぬぐいを首にお洒落に巻いて、出てきた。

――雨じゃんじゃん 雨じゃんじゃん
この肩に この胸に 
また嘆きの激しい雨が降る――


この歌は後で調べたら香田晋の歌らしいのだけど。
じゃんじゃん、と歌う独特のリズムが、雨だれを思わせる。

その旋律の上に、あきらさんが足をしゅるりと滑らせる。

舞台中央から、舞台の右端へ移るとき。
右腕を、進む方向に向かって差し出して。
体全体を、すいっと右腕で釣り上げるように、進む。
浅見だけれど、この動き、あきらさん特有のものじゃないだろうか…?

鋼みたいに、まっすぐ差し出された右腕。
そこを軸に、体を巻き取る。
限りなくなめらかな、操り人形の美に近い。
手足の一本一本に、糸が通されていて、糸の跳躍をなぞっているようだ。

――雨じゃんじゃん 雨じゃんじゃん
涸れるまで降るがいい 
身も心もいつしかびしょ濡れて――


曲を聴くうちに、つるつるとした足さばきを見るうちに。
雨の滴が、空間に染み出てくる。
水滴が冷えるあの感じが、肌に思い出される。

不思議なのは、あきらさんの舞踊には、当て振りっぽい動作は一つもないのだ(私は舞踊の当て振り大好きだけど)。
でも、気づけば空気はしとしと湿る。
気づけば、静かな雨音の中。
揺れる半纏の袖が、重みと温もりを乗せる。

――雨じゃんじゃん 雨じゃんじゃん
傷ついた胸の底
もう涙があふれる水たまり――


この“水たまり”のところ、印象的だった。
あきらさんは軽く、ほんの一瞬、手のひらを上に向けたように見えた。
それだけで、水の感触が記憶に触る。

踊り手の目線は、始終遠くへ向けられている。
三吉の舞台を抜けて、客席を越えて。
ずっと遠くに行きっぱなしかと思いきや、ふと動きを止めたり、腕を組んで客席にポーズを決めたりして、体に意識を折り畳む。

恥ずかしながら、私は舞踊の知識が全くないので…
お隣のご婦人に、
「あきらさんって、日本舞踊の動きよね」
と教えていただいて初めて、そうなんだ!と合点がいき。
ご本人に聞いてみると、
「ああ、日舞は昔やってましたねぇ」
とほのぼの答えてくれた。

それにしたって、ショーの写真掲載なしのルールで、舞踊の記事を書く難しさ…!
普段、いかに写真に頼っているかを思い知った…

Twitterで「あきらさんの舞踊が素晴らしい」とつぶやいたところ、共感を寄せてくれた方がたくさんいて嬉しかった。
20代の男の子たちが、元気よく弾けている隣で。
自分の定まった居所に立って、自分の中の景色を柔らかく開いてくれる。
その姿が美しい。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

都若丸劇団お芝居「下町人情」

2014.10.13 昼の部@三吉演芸場

都若丸さんについて、私が一番すごいなと思う所は。
「つい声をかけたくなる」感じがするということ。

若ちゃん!と客席の誰かが呼んだなら。
ホントに嬉しそうに、晴れた笑顔で、はいよっ!と答えてくれるに違いない。
そんな風に、ごく自然に思ってしまう、人懐こい笑顔。
見ていると心はそぞろ、呼びたくなる、「若ちゃん」!

写真・都若丸さん(10/12)


以前若丸さんに伺ったら、ショーの写真は掲載NGとのことだったので、送り出しより。
しかし、真正面からカメラ向けるのは慣れなくて、せっかく撮らせてくださったのにブレまくり。

7月の梅田呉服座での衝撃から、3か月。
三吉の、やや上品寄りの客席が、ワッと活気づくときがある。
恒例“ミックスジュースタイム”の前の、若丸さんのお喋りだ。
「夜中のラーメン、美味いよなぁ。わかる、あの時間に食べるのは美味いんです。でも、そうやって油断して食べてたらね、“都まん丸”になってしまうでしょ!」
とか。
「僕がネギ嫌いなんで、今でもみんな、あの手この手でネギ食わせようとするんです。ネギ食べたら頭がよくなるよって。でも、雅輝とか舞斗とかがネギ食べてるでしょ、あいつらが食べてるってことは、ネギで頭がよくなるってのはどうも信憑性が薄いんちゃうかって」
とか、実に楽しそうに話す若丸さんに、本気で笑い転げてしまう。

“楽しそうな都若丸”が見たい。
“はしゃぐ都若丸”に乗っかって笑いたい。

10/13(月)のお芝居「下町人情」は、そんな願望にぴったりの一本だった。
お話は、落語の「文七元結」。
(他の劇団だと劇団KAZUMAで見ている。これは名芝居だった)

大工(都剛副座長)は借金返済のため、妹(都ゆきかさん)を、女郎屋・蔦屋に預ける。
妹の身売りでこしらえた三十両を持って帰る途中、橋のたもと。
「お許しください旦那様、南無阿弥陀仏~!」
身投げしようとしている手代・文七(都星矢さん)に出くわしてしまう。
聞けば文七は、掛け取りのお金、三十二両を失くしたという。
情けに負けて、大工は文七に、大事な三十両をやるのだった。

主人公の大工が剛さんだったので、多分若丸さんの役は…と期待していたら。
中盤で舞台の明かりがつくと、ガタイのいい奥様が、箒を手にぷりぷりしていた。
「まったく何やってるのかしら、あの人ったら、とっちめてやらなきゃ!」
やっぱり、大工の女房・お勝の役。
つつましい着物に手ぬぐい被ってお掃除する様子が、やたらおかしい。

家に帰ってきた夫=剛さんが、一通りの話をする。
妹のお鶴を蔦屋に置いて三十両をもらったというくだりで、お勝は、
「かわいそうに、なんてこと…」
とつぶやく。
「お鶴ちゃんで三十両なら、あたしが行ったら六十両だわ!」
「なんでだよ!若くて色の白い女が三十両だぞ、歳のいった色黒が行って、なんで六十両になるんだ!」

しかし、妹を苦界に沈めてまで手にしたお金が、すでに手元にないと聞けば。
お勝は、手ぬぐいをぐりんぐりんとねじって鉢巻きにして、拳にハーッと息を吐いて、戦闘態勢。
「待ちなさい、あんた!ふざけんじゃないわよ!」
武器=座布団を携えて、客席に飛び降り、剛さんと追いかけっこ。

女物の着物のまま、鮮やかなシャドーボクシングを見せてくれたり。
そこから、連続腕立て伏せ(軽々とこなす!)に移行したり。
若丸さんの肉体派ぶりを味わっているうちに、大工の家には、大勢の客人が訪ねて来る。

客人は、文七と、文七の店の主人(都城太郎キャプテン)、そして奉公人たちだった。
文七の命を救ってくれた礼に来たのだ。
大工は、お勝が粗相をやらかしたらいかんと、
「飼っている猫ですから」
と、お勝を衝立の陰に隠してしまう。
若丸さんはゴロニャーなんて言いながら、何か企むように客席と見つめ合う。
舞台の隅の隅で、じたじたと暴れる大きな体のかわいさ。
衝立の上から、ひょっこり覗いたり。
出された礼金を、端から手ぬぐいで巻き取ろうとしたり。

若丸さんは次、何をやるんだろう?
みんなの期待を一身に集めて、コメディアンは、任せとけとばかりにほくそ笑む。

しかし私が一番笑ったのは、次のやり取り。
「お鶴ちゃんが三十両なら、あたしなら六十両だわ」
「まだ言ってんのか、お前は売れねえって言ってんだろ!」
という若丸さんと剛さんの言い合いを、都城太郎キャプテンがひょいと受けて、
「世の中には売れるものと売れないものがございます」
キャプテーン!
このお茶目には胸を打たれた。
すかさず、手ぬぐいをキャプテンに投げつける若丸さんも、大層可愛かった。

若丸さんの客席は、賑やかな宴会の席にいるみたいだ。
「舞台終わったら、もう体がヘロヘロですからね。鍋の中で最後まで残っててペラペラになった白菜みたいな状態ですよ」
と笑いをとった日。
二度もアンコールを受けて。
「もう僕はヘロヘロですよ皆さん、今、白菜ですよ!」
と汗まみれで言った後、
「でも、俺はやるよ!」
拍手喝采の中、二つ目のアンコールの曲がかかった。

その笑顔を見ると、心がほがらかに引っ張られる。
「人に好かれる」という強い強い才が、光るのを見る。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

都若丸劇団の衝撃

2014.7.19 夜の部・7.20 夜の部@梅田呉服座

ずんずん、ずんずん、進撃してくる。
群舞は広がって、広がって、大きな躍動が客席に迫って来る。
舞台上で、一体何人踊ってる?
13、14、15…
数えている合間にも、全員で傘をぴたりと揃えて閉じる。
くるり一回転すると、色とりどりの十数個の駒が、同時に回ったみたいに見える。

大衆演劇で、フォーメーションダンス!
驚いている合間にも、前列と後列が、鮮やかに入れ替わる。
そもそも前列・後列ができるほど、人数がいない劇団のほうが多いっていうのに…!

都若丸劇団は、見る前から「群舞がすごい」という噂を聞いていた。
そして初見の7/19(土)の夜。
どの群舞を見ても、組織としてすごく鍛えられている、ということがありありとわかった。
皆で、相当稽古しているのだろう。

特にラスト舞踊の「お祭りマンボ」は圧巻だった。
フォーメーションは、大きな三角形。
――私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子――
軽快に踊りながらも、時計仕掛けのようにポジションを入れ替える。
三角形は、縮まったり広がったり。

その三角の頂点に、誰より激しく踊る、赤い着物。
仕掛けを動かす、真っ赤なトリガー。
都若丸座長。

若丸さんは、私の中で必ず見たい座長No.1だった。
「演劇グラフ」で写真を見ては、なんて引力のある目だろうと思っていた。

7/19(土)のミニショーラスト、曲はAcid Black Cherryの「黒猫 ~Adult Black Cat~」。
待ちに待った若丸さんを、初めてこの目で見る瞬間に、期待感が最高潮に達した時。
出てきた人が、ド派手な着物のフードを、バッと取った。

引力が、姿を現した。

「キャーッ!」
客席中から沸いた、凄まじい歓声。
盛り上がりまくる客席に、若丸さんは実に楽しげに笑いつつも、しなやかに踊る。
あれ?
私の喉も、何か叫んだ後のような感触が…
ええと、もしかして今の「キャーッ!」に私の声も含まれてたの?
生まれてこの方、そんなん言ったことないよ!

初見の客からも人生初の「キャー」を引きずり出した座長さんは、体の芯に熱く生命力を光らせて、汗にまみれた笑顔で踊っていた。
手拍子の波に乗りながら、ニカーッと…とにかく人好きのする感じの笑顔を深める。
この人を好きにならない人なんているんだろうか?

肝心要の、お芝居はというと。
7/20(日)の夜に見た「火の車」のインパクトが大きかった。
若丸さんは、死神の役。
題の「火の車」とは、死神の空飛ぶ乗り物のことだ。

おかしかったのは、死神が人間(都剛副座長)に、火の車の乗車マナー指導をする場面。
交通ルールに則って、他の火の車にどいてもらうときは、一声かけなければならないという。
「他の車どかすときは、わしの肩を叩いてみ」
言われるままま、剛さんが若丸さんの肩をドンと強く叩くと、
「どかんかい!」
と死神はドスの聞いた一声。
優しく肩を叩くと、
「どいてくれませんか?」
と丁寧な一声。
剛さんが面白がって、強弱を変えながら連続で叩く。
「どかんかい!どいてくれませんか?どかんかい!どいてくれ、どかん、どいて、どかん…」
壊れた機械のごとく繰り返す若丸さんに、場内は爆笑の渦。
「ど、ど、ど、ど、……いい加減にせえ!」
テンポが早く、綿密にエッセンスが組み込まれた笑いの生み出し方は、吉本新喜劇を彷彿させる。

私は、切羽詰まった人情と郷愁が絞り出される、やや泥くさいくらいの芝居が好みなので。
すっきり洗練された喜劇は、ど真ん中ストライクというわけではないのだけど。

私のちっぽけな好みなんか、吹っ飛ぶ。
都若丸が芝居している、踊っている、笑っている。
あの強烈な磁力は一体何なのだろう。
若丸さんが歯を見せて笑って、一つ手を叩く、それだけで差す光の明るさに焼かれる。

これだけまばゆい座長さんがいて、しかも若手も人数が多いのに。
一人一人、ちゃんと客席の目を引き付けるのだ。

たとえば、前売り券販売中、舞台では誰かが歌うというコーナーがある。
7/20(日)の夜は、あきらさんが歌の担当。
サザエさんの絵をいっぱい描いてきて、絵をサザエさんの替え歌にして歌うという演出に、場内は大笑いだった。

“自分の舞台”という責任感が、一人一人に強いのだろう。
どの人も、梅田呉服座の広い客席を、しっかりエンターテインする。
座員さんが、自分たちの成長を確信している組織というのは、なんて明るく、伸びやかなのだろう。

10月、都若丸劇団は三吉演芸場に来てくれる。
だから梅田での2日間は、私にとってはまだ序章だ。
私がきっとその魅力を噛みしめられるのは、3か月後の三吉。



近い再会に身震いがします。

普段は送り出しの写真は撮らないのだけど、若丸さんにショーの写真掲載について伺ったら、「ごめんなさい、お見送り以外の写真は載せられないっていう変な決まりがあるんですよ~」と申し訳なさそうに仰っていたので。
しかし、この送り出しの写真一枚見ても、ポーズのかっこ良さ極まりない!ですね!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村