劇団荒城お芝居「母恋し田原坂」

2014.6.15 昼の部@浅草木馬館

「薩摩軍の死者は、6800人にも及んだ」
「だが、政府軍にも6400人の死者を出した」
最後の場面、荒城真吾座長の語りには驚いた。

「両軍ともに多くの若者が死んでいった。だが、戦争は何も残さなかった」
引かれた幕を背に、木馬館の観客に向かって朗々と訴えかける。
ごまかしのない、包まない、殻を剥かれた思想――反戦!

写真・荒城真吾座長(当日舞踊ショーより)


前日の「上州土産百両首」があんまり素晴らしかったので、この機を逃すまいと連日で駆け込んだ木馬館。
この日の「母恋し田原坂」も負けず劣らずの名舞台だったので、私は荒城さんに本当に心を掴まれたのです。

時代は西南戦争。
三兄弟の正吾(荒城勘太郎若座長)・健二(荒城蘭太郎さん)・竜太(荒城月太郎さん)は、死を覚悟して、薩摩軍に参戦する。
(役名の漢字は当て字です)

長男として常に冷静であろうとするも、ふいに弟思いが覗く勘太郎さんの正吾。
生き別れた母を恋い、壮絶な最期を迎える蘭太郎さんの健二。
性根が優しく、あどけなさが悲劇に際立つ、月太郎さんの竜太。
それぞれに私が心打たれたのは、三人ともの演技が、とにかく真剣そのものだったからだ。

たとえば健二が、政府軍司令官の息子・修一(蒼城莉也さん)に、「薩摩は人にして人にあらず」と侮辱される場面。
「薩摩は人ではないと、そう申すのか!我らとて、目があり鼻があり口がある、笑いもする、斬られれば熱い血潮が吹き出る――涙も流す…!同じ人間ではないか!」
蘭太郎さんは、涙を流して、声を絞り出して、全身を木馬館の板の上に叩きつける。

各人の巧みさもさることながら、その気迫に押される。
1時間半以上あってけっこう長いお芝居なのに、数秒も緩むことがない。

それが結晶するのが、最後の真吾さんの場面。
真吾さんは、月太郎さん演じる末弟・竜太が生き残り、年を重ねた姿だ。
「本当は僕も早く兄さんたちの所に行きたいけど、まだ行くことはできない。生き残った者として、やるべきことが残っているから」
最後も薩摩軍の悲惨さを裏づけて、悲劇の幕を閉じるのだろう…。

という私の安易な予想は、次の一言で打ち破られた。

「西南戦争は、日本最後の内戦だった。薩摩軍の死者は6800人。けれど、政府軍にも6400人もの死者を出した」
敵軍だった政府軍の死者にも言及して、さらに深く踏み込んだ。

「大勢の死者を出して、戦争は何一つ残さない。戦争からは何も生まれない。国は違えども、人種は違えども、この世界のどこかで!今も戦争は続いている」

ともすれば、場が固くなってしまいそうなセリフだと思うのだけど。
胸にびりびり響いたのは、真吾さんの姿が、ひたすら真摯だったから。
まっすぐな目、祈るように合わせられた両手、声、言葉と言葉の間まで。
客席の視線を引き集めて、その一つ一つに応えるように、志をセリフに乗せて放つ。

心底から、真剣な人がひとり。
その訴える力ほど強いものはない、と私は思う。
「戦争の虚しさを伝えていくことが、生き残った者の役割だ…」
今、この役者さんは、観客に対して本気でおっしゃってる…!

もう何年も荒城ファンだという女性と、休憩時間に話した。
女性は、若手さんがみんな芝居上手、莉也さんも独特の魅力で面白い、などと説明してくれた後で。
真面目な顔つきで言った。
「真吾さんはね、尊敬できるの」
「若手さんがみんな真剣なのは、まず座長が真剣だからよ」

真吾さんがまっすぐに客席を見据える様子は、切れ味の鋭い剣みたいだ。
遅ればせながら、この奥深そうな座長さんを見始めたばかり。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

劇団荒城お芝居「上州土産百両首」―2・荒城照師さんの正太郎―

2014.6.7 夜の部@浅草木馬館

その日、幼い兄はどこからか、金を抱えて戻って来た。
「兄ちゃん、このお金どうしたんって聞いても、この金は大丈夫だから、これで医者に行こうって」
弟・牙次郎(荒城勘太郎若座長)の昔語りを通して。
舞台にいない兄・正太郎(荒城照師後見)の哀切が、心の裏側から斬り込んで来る。

写真・荒城照師後見(当日個人舞踊「酒の河」より)


前の記事では、勘太郎さんの牙次郎の純朴さを語ったけど。
対照的に、兄の正太郎は、世間ずれしているようだ。
照師さんは、舞台に登場するなり、荒んだ目で辺りを見回して。
息をするように自然に、人にぶつかって財布を掠め取る。

“一年でスリを辞めて堅気になる”という牙次郎との約束も、果たせなかった。
「牙次…悪い。本当は、俺はまだ…スリやってんだ」
決まり悪そうに伏せる顔には、人生に対する諦念が、くたりと引っかかっている。

そして正太郎の命運は、やっぱり諦念に絡め取られるのだ。
今度こそ牙次郎との約束を果たすため、上州の旅籠で真面目に働き、評判の板前になっていたにも関わらず。
かつての兄貴分(姫川豊さん)が、ゆすりをかけてくる。
「まとまった金が要るんだよ。百両、用意しろってんだ」
短刀を奪いあいながらの、揉み合いの末。
「牙次―!」
と絶叫して、正太郎の手は、兄貴分の腹に短刀を突き立てる。

刺した瞬間、豊さんを押さえたままの、照師さんの横顔!
凍りついたまなざしが、どこでもない虚空に、むなしく流れていく。
何もかもを手放さざるを得なくなるときの人間は、こんな顔をしているのか。
弟との約束も、決まっていた旅籠の娘との結婚も。
未来は全部、この一突きで、おしまい。

私が一番正太郎というキャラクターの心情を感じたのは、牙次郎が十手持ちの親方に、兄との生い立ちを語る場面。
舞台には、牙次郎と親方二人しかいないのだけど。
「兄ちゃんと二人だけで、橋の下に住んでました…」
貧困の中、弟を懸命に守ってきた幼い正太郎の姿が、重なって見えて来る。

「わし、体を壊してしまって。高熱が出て。医者にかかるにも、金がないんです」
牙次郎がこう言ったとき、次の展開が想像されて、ヒヤッとした。

「そしたら、兄ちゃんが出かけていって、どこからかお金を持って来たんです」
「そのお金で医者に診てもらって、わしは元気になりました」

他になかった。
道はなかった。

牙次郎が兄のお金の出所に気づいたときには、正太郎は既にスリの名人になっていた。
「兄ちゃん、通る人に次から次にぶつかっていくんです。ものすごい速さや。通り歩くだけで、財布がごっそり」
冒頭の場面で、財布を掠め取る正太郎の慣れた手つきが、甦る。

終盤、正太郎が捕まったとき、牙次郎は泣き喚いて親方に言う。
「兄ちゃん、むやみやたらに人殺すような男と違いますよ。自分のために、自分のために、何度も危ない橋渡って、兄ちゃんは」
傍らで、縄打たれた正太郎が俯いている。

“俺はまだ…スリやってんだ”
正太郎の諦念が、どんな過去に根ざしていたか。
暗いほうに手を伸ばさざるを得なかった人生が、どんなに選ぶ余地のないものだったか。
経緯を聞いた後では、正太郎の場面一つ一つが意味を大きく含み直して、縄に括られた照師さんの細い姿に打ち響く。

牙次郎・正太郎、それぞれの愛情の深さ。
兄弟の根っこにある幼少期の暮らしが、巧みに現在と交差する構成。
待ち望んだ「上州土産百両首」は、いつまでも記憶の奥深いところで脈打つ、とっておきの情景になった。

しかし、劇団荒城さんは関東にいてくれるのに、これまで2年も見逃していた、私のバカ…!

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

劇団荒城お芝居「上州土産百両首」―1・荒城勘太郎さんの牙次郎―

2014.6.7 夜の部@浅草木馬館

毎日、じめじめした天気が続きますが。
お萩は6/7(土)よりこっち、すこぶる元気です。
見たくてたまらないお外題だったのに、どの劇団さんでも当たらなかった「上州土産百両首」を、ようやく見られた感動。
そして劇団荒城さんという、新たなお芝居の扉に出会った歓び。

「あらちょっと、荒城初めてなの?ここはすごいわよ。芝居もショーも、ずば抜けて本格的だから」
木馬館で、以前からお世話になっていたご婦人と久方ぶりに再会して、言われた。
そう、私は、関東の大衆演劇ファンとしては大変恥ずかしいことに、名高い荒城さんを見るのは、実質初めて…

「上州土産百両首」は、牙次郎(荒城勘太郎若座長)と、正太郎(荒城照師後見)の兄弟の物語。
とにかく、第一に叫びたいことは、勘太郎さんの牙次郎が素晴らしかった。
「兄ちゃん、兄ちゃん」と口癖のように兄を呼ぶ声の、人懐っこさ。
その一方で、貧困を生き抜いてきた、生々しい逞しさを感じさせる。

写真・荒城勘太郎若座長(当日舞踊ショーより)


序幕は、兄弟の一年ぶりの再会。
腹ペコの牙次郎が、風呂敷包み一つ抱えて、大阪から江戸へやってくる。
スリから堅気になったはずの兄・正太郎と、一緒に暮らすためだ。

だが、待ちに待った再会は、思いがけない形に終わる。
「なぁ、牙次、もう一年だけ待ってくれ。俺は、この一年で結局スリをやめられなかった。お前との約束を果たせなかった。もう一年頑張って、今度こそ立派な堅気になってみせるから」
正太郎の言葉に、牙次郎は泣きべそをかく。
「兄ちゃん、そんなん、ひどいわ、わがまますぎるわ…また、わし一人ぼっちになってしまうやん」
だが結局折れて、
「兄ちゃん、ホントにもう一年だけやぞ。もうそれ以上、一日たりとも待てんからな」
背を向けたままの兄に、涙声で呼びかける。
「なぁ、頑張って板前になってや、体に気をつけてな、…さよなら兄ちゃん」

勘太郎さんの牙次郎には、土の香りがある。
えんじ色の着物に、汗とほこりに薄汚れた顔。
しゃくりあげるのをこらえて、全身で兄を恋しがる純粋に、胸を衝かれる。

一年後、兄弟の約束の夜。
牙次郎は十手持ちの下働きとなっていた。
その晩は、山中で捕り物があった。
「上州で人を殺めた“向こう傷の正太郎”ってのが、この峠を通るって情報があるんだ。牙次、お前どうして着いて来たんだ?危ないから、早く帰ったほうがいい」
怪訝そうな親方に、牙次郎はかたくなに言い張る。
「わし、兄ちゃん、待ってるんです。この山の中腹で会う約束なんです」

牙次郎は、親方に自分と兄の生い立ちを語り始める。
「わしと兄ちゃんは、小さい頃に二親を亡くして。兄ちゃんがわしを、親代わりになって育ててくれたんです」
「橋の下で。ずっと二人で橋の下に住んでました」
「居酒屋とか小料理屋とかの残り物をもらって食べたり、それもないときは、食べ残しのゴミを食べたりしてました」
勘太郎さんの語り方は、全く大仰でなく、泣かせようと意気込む感じもなく、ただ訥々としている。

でも、言葉の切れ目に、たしかに兄弟二人が身を寄せ合ってきた光景が浮かんでくる。
寒さ、ひもじさ、寄る辺なさ。
小さな手に握りこめた、唯一の互いの温もり。

正太郎は、役人に追われながら、それでも弟との約束のため、峠にやって来た。
罪人の“向こう傷の正太郎”というのは兄のことだと気づき、愕然とする牙次郎。
役人たちに縄打たれた兄を見て、親方に懇願する。
「縄ほどいたってください、ほどいたってください、お願いします」
「このまま、縄にかけられたまま番所に行ったら、兄ちゃん、死罪になってしまう、それだけは、どうかそれだけは」
まるで、幼子が親にしがみつくようだ。

兄ちゃん、死罪になってしまう――
唯一の肉親を、もぎ取られる痛みにわななく。
木馬館の板の上、体を丸めて号泣する勘太郎さん。
その姿から溢れる感情に打たれて、私もぽろぽろと涙していた。

小柄な体躯に、人恋しさがいっぱい詰まっている牙次郎。
このキャラクターを、心にいつまでも住まわせておけるだけで幸福だ。

一方、照師さん演じる正太郎も、思い返すたびに深みが増す。
牙次郎によって“語られる”ことを通して、正太郎の悲哀がふつふつ沸き上がって来るのだ。
というわけで正太郎の話をするために、次に続きます。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村