【SPICE】大衆演劇の入り口から[其之三十二] 橘大五郎座長が走り続ける“原動力”とは? SPICE独占インタビュー!

6年前、私が大衆演劇沼にハマったとき、この方はすでにトップクラスの人気役者だった。
現在、木馬・篠原2か月公演を全日大入り(!)という超・快進撃の途中。
そしてきっと10年後も――。

それはもちろん、すごいこと。
けれど同時にしんどいことでもあるのじゃないか…?
橘劇団座長、受け継いだ三代目、九州演劇協会会長、「みんなの大ちゃん」。
たくさんの背負うものが、立ち止まることを許さなかったりもするのじゃないか?

どうしても話を伺いたかったので。おそらく大衆演劇界一、休みのない座長のお一人に、貴重な貴重なお時間をいただいてきました。

大衆演劇の入り口から[其之三十二] 橘大五郎座長が走り続ける“原動力”とは? SPICE独占インタビュー!

top_new.jpg

(本文より)
――大衆演劇ファンの中でも、大五郎さんのお体を心配されている方は多いと思います。倒れないか心配という声も聞きます…。

ほんとですか?(笑) 倒れません、大丈夫です!というか今月思ったんですが、休みの日って逆にダメなのかもしれないです。休みの日は熱中症みたいに具合が悪くなっちゃって。ずっと動いてるから、むしろ休むと生活リズムが狂っちゃうんです。


という冒頭のやりとりで、まるで高度成長期の企業戦士みたいだと思った(お体だけは大切になさってほしいものだ)。
それから、インタビュー中にうおー!とテンションが上がったのは、芝居『女殺油地獄』をお客さんにより理解してもらうための工夫について語っている箇所。

(本文より)
与兵衛の実のおとっつぁんはもう亡くなっていて、その奉公人だった人がお母さんとくっついたので、義理のおとっつぁんになってる。こういう関係性を全部セリフで説明しておくんです。でも、ただ言うだけじゃ伝わらないんです。

――と、おっしゃいますと…?

「義理の親じゃから」(一本調子)って言うんじゃなくて、「義理の、親じゃから」(「義理の」で切り、「親」を強調する節回し)っていう風にセリフをちょっと立てます。粒立てるというか。これで初めて、お客様の中にセリフの意味を残せる。するとお客さんの反応が絶対変わってくるんです。逆に、流すセリフは「~でございますねぇ」(速く)っていう感じです。


め、目の前で大五郎座長独特の、あの節回しが聞けた…!うまぁ…!という感動に加えて。
この発言が意味するのは、「物語の設定が複雑でも、理解を助けるのは演者の技術である」ということだと思うのです。
大衆演劇の芝居は、一部の脚本の粗さ・無茶さを、演者の上手さで芝居として成立させているケースがあまたあるけれど。複雑な筋のものや、新しいストーリーを大衆演劇に持ち込もうとしたときに、それを飲み込みやすいものにするのもまた上手さなんだなぁと思ったのでした。

P1270302.jpg

⇒インタビュー全文はこちら!(SPICEサイトに飛びます)


“ずっと同時代のトップにいるだろう役者さんだ”と、記事の導入に書いた。私が今後10年、20年、大衆演劇ファンでいたら……。その間ずっと 、劇場の壁に「橘大五郎」の大入り袋が並んでいるのを見るだろう。きっととても長い間、見上げることになる名前だ。
“舞台が好きですからね”と言いながら、やっぱり未来でも走っているんだろうか。

そして橘劇団マネージャーの鈴木さんに、インタビュー日程の調整をはじめ本当にお世話になりました!超忙しいのに数分で来る連絡(比喩でなく)…m(_ _"m) この敏腕すぎる片腕がいてこそ、座長がやれることもたくさんあるのだろうな…。

【橘劇団 今後の公演先】
7月 スパ&リゾート九十九里 太陽の里(千葉県)
8月 三吉演芸場(神奈川県)
9月 新開地劇場(兵庫県)


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ひと振りの刀 ―四代目・市川ひと丸座長との出会い―

古風な、あまりに古風な。

まるで古いモノクロ映画から輪郭をきれいに切り取って、2018年の舞台に貼りつけたみたいだ。
市川ひと丸劇団座長、四代目・市川ひと丸さんは衝撃の16歳だった。一枚看板の座長としては全国最年少。
「のう、どうだ、わしに一つ小遣い稼ぎをさせてくれんか」(『新月笛吹川』)
声も作法も体の使い方も、全部、THEクラシック!こんなティーンの役者さんがいらしたのか…!



P1240578.jpg
市川ひと丸座長

6月のオーエス劇場では、2回にわたって座長襲名記念の座長大会があったそうだ。

私がひと丸さんを初めて観たのはその少し前。4/14の愛知・一宮芸能館SAZANだった。尊敬する友人の激推しで足を運んだ。芝居『心もよう』の中盤でひと丸さんが登場し、第一声を発したときの衝撃が忘れられない。
「ここらあたりもすっかり変わっちまったなぁ、十年ひと昔とはよく言ったもんだ」
(゚Д゚)
リアルにこんな顔してしまったと思う。よく響く、これぞ芝居、そんな声。ストトンと体に落ちる明朗な声。今、太夫元クラスの役者さんたちは若い頃にこんな喋り方をしていたんじゃないかと思わせる。
タイムスリップじゃないか、これは。
お芝居全体も細かな構築や、演者の皆さんの誠実な演技が堪能できて、大満足の一夜になったのでした。

そして2回目に拝見したのは6/9。
一宮で芸風を垣間見たものの、もしかしたらオーエス劇場公演ではちょっとカラーを変えられているのかも…と予想していた。なんせ大阪・新世界は超激戦区だし、同世代の役者さんの多くは、現代風のセンスや王子様みたいなビジュアルで人気を集めているのだから。

けれど、オーエスでもひと丸さんは変わらなかった。芝居『新月笛吹川』、個人舞踊【望郷じょんから】、ポップス【最期の川】を踊ってすら(!)、どこか墨で描いた絵を思わせた。若い体に、得体の知れない老優が入ってるみたいな気がした。

だから、「ラストショー、Joker!」とアナウンスされたときは驚いた。Jokerといえば、若手さんが洋風衣装やフードで踊るイメージの一曲だけど…。ひと丸さんが踊るの…?! どんなだ…?!

ん?流れてきた、このパラパラした電子音みたいなイントロは…【唐獅子牡丹】!
舞台に登場する大勢の悪党たち。ひと丸さんは刺青も鮮やかに、彼らを刀でバサバサ斬っていく。昭和残侠伝みたいな世界観だ。

P1270161.jpg

P1270162.jpg

そして、そのまま曲は【Joker】へ繋がった。ひと丸さんの刀が勢いを増す。任侠スタイルのJokerって斬新、と思っていたけど。

―バッサバッサ ブッた斬る“ボンクラ”
ブッ飛ばすか 乱世の覇者“Joker”―


よく聴くと歌詞が合ってる…!
敵に囲まれた侠客は縦横無尽に向きを変え、ひたすら斬る。汗だくで斬る。

この日の芝居終演後。幕が上がると、ひと丸さんが国定忠治の格好のまま座っていた。マイクを握って口上を始める。
「あまりそう見えないかもしれないんですが(笑)…16です」
歳を言うと、驚きのざわめきが広がった。舞台の上の人は、どっしりと老境のような居ずまいで笑っていた。

P1270093.jpg

戦場に若武者ひとり――そんな情景だった。
父・南條す丶む総大将がそのあと語っていわく、まだまだ「四代目・市川ひと丸」の名は知られていないこと。オーエス公演でも上旬は苦戦を強いられていること。

少年座長がこれから、ブッた斬らなきゃいけない壁はたくさんあるんだろう。
流行?
知名度?
世の中の流れ?

―どんな状態でも覆してやる
革命児 それがJoker―


その【Joker】は洋風衣装もフードも選ばず、手にはひと振りの刀。
16年で培われた芸風、ただ一つを持って、ひとりで挑んでいた。

P1270153.jpg

古風、上等。
壁をブッ飛ばして。
タイムスリップしてきた大きな目が、未来を見ている。

【市川ひと丸劇団 今後の公演予定】
7月 桃太郎温泉(岡山県)
8月 飯塚セントラル劇場(福岡県)

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

残る姿 ―三代目・鹿島順一座長―

「また」があると思っていた。
同じ時代の大衆演劇の舞台と客席を生きていて、大きい世界ではないのだから、また顔を見ることがいくらでもあると。

三代目・鹿島順一座長の訃報は5月最後の日曜の夜に聞いた。26歳。どれだけの人が嘆いただろう。

4年前、初めて、横浜・三吉演芸場の近江飛龍劇団公演に助っ人として出演されていたのを観た。古風な芸風の役者さんだと聞いていたので、キスマイの曲で他の若手さんと一緒に飛び跳ねる姿が元気いっぱいで逆に驚いた。
芝居『三人の運命』は、順一座長の演じる守銭奴・島吉役を観たくて行った。
「小さいときからのド貧乏や。金、金、金、金で世の中回っとる。金を持ったもんが勝ちを取るんや」
島吉が手の平と甲をぶつけ合わせながら、哀しい過去を語るのを朗々とした声で聞いた。

2年前、大阪・十三遊楽館での劇団公演を観た。芝居は『甲州の鬼』で、座長は若々しい黒駒勝蔵だった。客席から登場し、笠を取ってぴしりと決まった角度で振り返った。
旅芝居専門誌では肉体美を披露していた。友人から観劇報告を聞くこともあった。TLには写真も流れてきた。
同じ時間が流れているはずの一人がいなくなった。数えるほどの回数を観ただけの客にすら、若い人の死はぽっかりと穴を残していった。

訃報を聞いた5日後、仕事で山深い地域へ行く機会があった。待ちの時間にぶらっと外へ出たら、駐車場に食料品の移動販売車が停まっていた。初老の男性販売員は車にもたれて、スマホ片手に休憩中のようだった。目が合って、つい挨拶を交わした。
「どちらからですか」
「東京です」
向こうから話しかけてくれたので、何が売れますか、と聞いてみた。
「最近はお年寄りでも簡単に料理できるのがいいんでしょうねえ。レンジでチンできるものとか。あとは、花もよく出ます」
「花ですか」
「お仏壇に供えますからね。不景気でも、スーパーとかでは仏花の売り上げって必ず一定あるんですよ」
移動販売車の仏花コーナーをのぞくと、小さな菊がビニールに包まれていた。



亡くなった人へ花を手向ける。花をたてまつる。
舞台狭しと飛び跳ねていた満面の笑みがまだ浮かぶ。
また顔を見ることがいくらでもあると――いくらでも。

途切れた気持ちを残したまま、その人はこちら側にはもういない。だから花は、こちらとあちらを繋ぐ信号の役割をしているのかもしれない。
移動販売車の中は、野菜と植物の青々しい匂いが同時にした。

もし「また」があればどこだったろう。それはどんな芝居だったろう。

CIMG3992.jpg
2016.10.23

CIMG4000.jpg
2016.10.23

CIMG4025.jpg
2016.10.23

CIMG4384.jpg
2015.12.18

CIMG5758_convert_20141121001717.jpg
2014.11.9

ありえたはずの「また」に向けて花を置く。同じ時代の一人の姿が、いつまでもそこに残っている。


友人の加藤わこさんが福岡・見聞劇場での告別式に参列され、順一座長の舞台を振り返っておられます⇒加藤わこ三度笠書簡「舞台の上に花ひとり」

あったかい、引き出しを開けて ―劇団天華・蘭竜華さんのこと―

まるで採れたての菜っ葉がぱつんと水をはじくような、ほがらかな笑顔。



蘭竜華(らん・りゅうか)さん。2017年10月から劇団天華に加わった女優さんだ。

有名な座長さんの妹だと聞くし、10代の頃から関東の劇団で修業されたとも聞く。よって芸歴は長いらしい。けど、控えめで、あまり自分のことを話されることはない。
ただ職人のように芝居の要所をサクサクこなし、あとは絶えずニコニコと舞台の片隅で微笑んでいる。

初見時からそのパキッとした技術に惹かれていたけど、この4月・5月、この役者さんに心をつかまれることがあった。なのでずっと胸の中にあった言葉を並べて、ひっそりラブレターをしたためておきたい。


◆「あったかい」女優さん

P1130369.jpg

P1190033.jpg
立ち役もどこか、のどか。

竜華さんといえば、声も姿もぬくもりに満ちているのが特長だ。
印象深いのは、昨年10月の澤村千夜座長誕生日公演の芝居『君の名は』の母親役。このとき、和歌山・ぶらくり劇場で初めて竜華さんを観た。
育ての娘・おみつを亡くした母、という役どころ。奥様らしい落ち着いた居ずまいで座り込んで、娘の思い出話をする場面がある。
「うちにはお金がなかったけど、おみつはとっても優しい、いい子に育ってくれた。もうあの子が可愛くて、可愛くって」
「可愛くって」の繰り返しのとき、目がなくなっちゃうくらいにキュッと細まった。このお母さんに育てられたなら娘も幸せだったんだろうなと自然に思えるような温度が、まとわっていた。「あたたかい」と音を揃えるよりも、ふんわり音を溶かして「あったかい」と言いたい感じのぬくもり。
わぁ…素敵な役者さんが劇団に加わったんだ、と嬉しくなった。

母役・立ち役・三枚目――どの役でも安定して演じられる。
『首追い道中』では旅人(千夜座長)を助ける女親分役だった。旅人に女房(静華さん)の形見のかんざしを、女親分が手渡してやる場面がじんわり沁みた。
『芸者の誠』では三枚目の茶店の爺さん役だった。芸者(悠介花形)のウソに騙され、求婚をまともに受け取ってしまう素っ頓狂な表情に、愛嬌が詰まっていた。
役の大小に関わらず、役のツボを押さえた演技。経験と技術、そして明るい人柄で、気づけばお客さんの間でもすっかり人気者のようだった。

でも時々、思う。新メンバーで誰の血縁でもなく同門でもなく、かつ――女優。それはどんな立場だろうか。
もしかして周りに気をつかって芝居されているときもあるのかな。劇団のカラーからはみ出さないようにバランスを取って、自分の芝居は控えめにされたりもしているのかな…。

P1240960.jpg
個人【人生いろいろ】

微笑んで一歩下がったところにいる竜華さんを観ながら、そんな考えがウズウズと浮かんだ。

立場に合わせて振る舞うこと。それは間違いなく一つの良識なんだろうと思う。
でも、いずれでいいから、竜華さんの引き出しの中をもっとのぞきたい。その資質がめいっぱい咲く大きな役をいつか観たいな。
そんな勝手なことを考えていたら、望みが叶えられる日はわりとすぐ来た。


◆『髪結伊佐次』のお蘭
先月4/15、大阪・堺東羅い舞座で行われた劇団天華10周年記念公演第2弾。新作芝居『髪結伊佐次〜麹町の悪魔〜』はアメリカ映画『スウィーニー・トッド』を下敷きにしたものと聞いて、観たくて観たくて(*’▽’) 用事的にかなり無茶な時間帯だったにも関わらず、堺東の商店街を走って劇場に飛び込んだ。

映画のヒロインであるラヴェット夫人は“お蘭”という名に置き換えられ、これを竜華さんが演じていた。自堕落で酒飲みであこぎな料理屋の女将。暗い目の下にはどろりとクマ。
島流しから帰ってきた伊佐次(千夜座長)に、お蘭は気だるく話しかける。
「あんたに見せたいものがあるんだ、ちょいとお待ちよ」
お蘭は伊佐次の髪結道具の入った風呂敷包みを抱えて戻ってくる。そして机に並んでいた、たくさんの酒瓶を無造作にゴロゴローっと手で倒して、風呂敷を広げる。

あっ!と思った。酒瓶をゴロゴロ倒したとき、お蘭という役が“立体になった”。
何か用事をするときに、邪魔な物を片付けることもしない女――彼女がどんな育ちなのか、常に酔ったような表情のお蘭の、奥行きがずるっと剥ける気がした。

「ねえねぇ、伊佐さん、こっち」
茶店の外から伊佐次を呼ぶときの、子供じみた手招きだったり。
「そう…かい、あんたあたしのこと、おっかちゃんって呼んでくれるのかい」
面倒を見ることになった子ども・新吉(澤村龍聖さん)に、おっかちゃんと呼ばれて驚く表情だったり(まともな家庭を持つなんて夢見たこともなかった人生が想像される)。
「あたしのほうがずっと、あんたを愛してるよぉ!」
ベタベタの涙声で体ごと縋りつく、剥き出しの愛情表現だったり。

不運なひとりの女の人が舞台の上で生きていた。
役者・蘭竜華が輝いていた。

さらに、この芝居は“ペア物”としても素敵だった!千夜座長演じる憎悪に満ちた伊佐次と、幸福に飢えたお蘭。そのどちらにも、これまでの人生を想像させる陰影があった。
これが大人の男女の芝居ってやつか…。大人…いい響き…。

座長が『髪結伊佐次』終盤の動画を上げられてます。未見の方に雰囲気だけでもシェア♪⇒千夜座長Twitter(別窓)

P1160349.jpg
千夜×竜華ペアの“大人感”が好きです。


◆そしてこれから
時とともに劇団のメンバーは変わり、立場も変わる。5月、琵琶湖座公演へ足を運ぶと、限られた人員の中で竜華さんがヒロイン役や座長の女房役を務めるようになっていた。

女房役…といえば、『髪結伊佐次』は男女ともかなり特異なキャラクターだったけど、普通の市井の夫婦役だったらどうなるんだろう?
とか考えてたら5/13、夫婦役の芝居『通り雨』に当たった。夫・島蔵に千夜座長、女房・おしげに竜華さん。この配役での初演だったそうだ。どっちもうまいな~~と思う一方で、お互いの芝居を手探りしてる感もちょこっと感じたりして…。それも始動したばかりのペアの新鮮さかもしれない。
きっとここからが見どころだ。

劇団天華に入られて8か月。少しずつ彼女の引き出しが客席に開かれていくのを、私はどきどきしながら待っている。
じんわり心に沁み入ったり。
愛嬌に満ちていたり。
時にはどろりと愛情に飢えた目を見せたりして。

P1260551.jpg

でも引き出しの一番底は、あったかい。
おっとりほがらか、ぱつんと笑う。

P1260552.jpg

らん、りゅうか。
花がほころぶような音がする。


にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村

【SPICE】[大衆演劇の入り口から 其之三十一] これぞ現代の芝居小屋!担当者の情熱に感動した「おふろcafé湯守座」取材記

「センターの大衆演劇担当さん」を、尊敬しています。
たいてい各センターに一人か二人で、お客さんの座席整理から色々な質問などをまるっと引き受け、劇団さんの窓口もこなし、そして会社内部でも大衆演劇のことは全部この人におまかせ。そんな存在。
特には社内で、大衆演劇の存在価値を主張しなくてはならないこともあるのだと思う。
全国のセンターの大衆演劇担当さんは、孤軍奮闘で、今日もニコニコしながら走り回っていらっしゃる。

というわけで、今回は「場」と「スタッフさん」を主役に、SPICE記事を書かせていただきました!四日市の「おふろcafé湯守座」!

[大衆演劇の入り口から 其之三十一] これぞ現代の芝居小屋!担当者の情熱に感動した「おふろcafé湯守座」取材記



こういった切り口の記事には、いつも読んで下さる大衆演劇ファンの方はもちろん、他ジャンルの芝居好き・演芸好きの方からも反応をいただけたりして嬉しや~(*´ω`)

kakiichisan_400 (1)
湯守座 大衆演劇担当・柿市久子(かきいちひさこ)さん

(本文より)
見ていて気づいた。柿市さんは、忙しい業務の合間にも時々、大衆演劇が観られる広間と食事処の間の扉付近に向かうのだ。

なぜだろう?と思っていたら、お食事をしていたお客さんが、舞踊ショーの様子が気になるのか、扉の隙間から中をのぞいていた。柿市さんが声をかける。
「どうぞ!中でご覧ください」

(中略)

気になっていたことを率直に聞いてみた。
「おしゃれな"おふろcafé​"を目当てに来た若いカップルのお客様は、正直、大衆演劇をやっている広間にはなかなか入ってこないようでしたが…」

「そうですね、特にお芝居のときは、最初だけ扉の隙間からのぞかれていても、残念ながら最後まで観ていかれる方は少ないです。ただ、舞踊ショーのときは後ろから観られている方がみえるんです。なのでショーの上演中は扉も3か所くらい開けさせていただいて、ちょこちょこ行っては、のぞいてる方に『どうぞ』ってお声かけをさせていただいています」

それで扉の近くに立っていらしたのか…。

「大衆演劇を知らないお客様にも、まずは観ていただいて、こんな世界があるんやってことを知っていただきたいです」

新しいファンを増やしたい――という思いが、口調ににじんだ

⇒全文はこちら!(SPICEサイトに飛びます)


このブログを見てくださっている方にも、柿市さんの写真には見覚えがある方も多いのではないでしょうか? 私自身、ユラックス時代からお顔は存じていました。送迎バスを見送るとき、思い切りぶんぶんと手を振って、満面の笑顔で見送ってくださった姿が印象に残っていました。
記事について、大いに照れつつ喜んで下さったようで一安心。

湯守座は半年前の11月に、ユラックスから生まれ変わったばかりです。多くの大衆演劇ファンに愛されたユラックス。昔を懐かしんでいる方もきっとたくさんいるけれど、柿市さんのお言葉を借りれば「より多くの方に『湯守座になって良かった』と言っていただけるように」……。施設とその中にいるスタッフさんたちは、変化しながら、悩みながら、毎日よりよい形を目指していくのでしょう。
公式Twitter(@yumoriza)の発信情報からは、何か“新しいことをしよう”という勢いを感じます。あとスタッフさんが日々楽しそう(笑)。

湯守座で観劇する=「ゆもる」という表現が定着しつつあるようです。
ゆもる、ゆもって、ゆもれば…
なんとも、まろやかな語感だなぁ。
まるで、あの木の吹き抜けの優しい色合いみたいだと思います。

にほんブログ村 演劇ブログ 大衆演劇へ
にほんブログ村